山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
附属病院 新生児集中治療部

准教授

中根 貴弥

ナカネ タカヤ
Nakane Takaya

経歴

  1. 山梨医科大学研修登録医(小児科学) 2000/04/01
  2. 山梨大学研修登録医(小児科学講座) 2002/10/01
  3. 山梨大学非常勤講師(小児科学講座) 2005/04/01
  4. 山梨大学助教(小児科) 2009/07/01
  5. 山梨大学学部内講師(小児科) 2009/10/16
  6. 山梨大学講師(小児科) 2011/04/01

学位

  1. 博士(医学)

研究分野

  1. 人類遺伝学
  2. 小児科学

研究テーマ


競争的資金等の研究課題

  1. 先天的p53機能亢進型変異による新たな疾患モデルの確立 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31

著書

  1. 図解 小児科 久保田健夫,中村友彦,長谷川奉延,兼弘和,中根貴弥,川滝元良,和田尚弘,真部 淳,齋藤伸治,古荘純一  - 金芳堂 2009/08/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) Hyperechoic renal medullary pyramids in a boy with Simpson-Golabi-Behmel syndrome. Nakane T, Sawanobori E, Ohashi H, Sugita K. CLINICAL DYSMORPHOLOGY 27/ 1, 25-26 2018/01 0962-8827
  2. 研究論文(学術雑誌) A de novo 10.1-Mb 3p25 terminal deletion including SETD5 in a patient with ptosis and psychomotor retardation. Yagasaki H, Toda T, Koizumi K, Sugiyama T, Ohyama T, Hoshiai M, Nakane T, Sugita K. Pediatrics and Neonatology S1875-9572/ 16, 30389 2017/09/06 1875-9572
  3. 研究論文(学術雑誌) Shprintzen-Goldberg syndrome associated with first cervical vertebra defects. Pediatr Int. 2017 Oct;59(10):1098-1100. Saito T, Nakane T, Yagasaki H, Naito A, Sugita K. PEDIATRICS INTERNATIONAL 59/ 10, 1098-1100 2017/08 1328-8067
  4. 研究論文(学術雑誌) Carotid intima media thickness in a girl with sitosterolemia carrying a homozygous mutation in the ABCG5 gene. Yagasaki H, Nakane T, Toda T, Kobayashi K, Aoyama K, Ichikawa T, Sugita K. JOURNAL OF PEDIATRIC ENDOCRINOLOGY & METABOLISM 30/ 9, 1007-1011 2017/08 0334-018X
  5. 研究論文(学術雑誌) Inflammatory mediator ultra-low-molecular-weight hyaluronan triggers necrosis of B-precursor leukemia cells with high surface CD44 expression. Kasai S, Furuichi Y, Ando N, Kagami K, Abe M, Nakane T, Goi K, Inukai T, Saitoh S, Ohno S, Okazaki S, Nagano O, Saya H, Sugita K. Cell Death Dis. 2017 Jun 1;8(6):e2857. 8/ 6, e2857 2017/06 2041-4889

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 病型診断に苦慮した直腸肛門奇形の1例 第72回直腸肛門奇形研究会 2015/10/29
  2. 口頭発表(招待・特別) 山梨県小児科医会講演会 教育講演 遺伝子疾患センター示唆深い症例の提示 2010/11/04
  3. 口頭発表(一般) 当院に救急搬送されたけいれん性疾患児の検討 第113回日本小児科学会学術集会 2010/04/22
  4. 口頭発表(招待・特別) 山梨大学遺伝子疾患診療センター ‐ 先天奇形症候群の療育から, 個人ゲノム情報を活用した診療まで ‐ 2010/04/06
  5. 口頭発表(一般) チアノーゼ性心疾患を合併したOhdo症候群の女児例 第111回日本小児科学会学術集会 2008/04/25

その他の教育実績

  1. 2017 OSCE(問診の評価)
  2. 2016 OSCE(問診)

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 2

社会貢献活動

  1. 平成22年度特別支援教育推進協議会・特別支援教育コーディネーター研修会講習会 研修会講師 2010/05/11-2010/05/11 (活動の内容) 参加者を対象に、講演「遺伝子・染色体異常症の知識が、こどもたちのよりよい生活にむすびつくために」をおこなった。 (開催回数) 1

学外委員

  1. 小児救急医療事業に関わる協議会 委員 2017/04/02-2018/03/31