山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(産婦人科学)

顔写真
教授

平田 修司

ヒラタ シユウジ
Hirata Shuji

経歴

  1. 山梨医科大学医員 1990/04/01
  2. 山梨医科大学助手(産婦人科学) 1990/05/01
  3. 山梨医科大学講師(産婦人科学) 1992/08/01
  4. 山梨医科大学助教授(産婦人科学) 2001/03/01
  5. 山梨大学助教授(産婦人科学) 2002/10/01
  6. 山梨大学准教授(産婦人科学講座) 2007/04/01
  7. 山梨大学教授(産婦人科学講座) 2009/12/01
  8. 副病院長(安全管理担当) 2015/04/01

学位

  1. 医学博士 1990/03/23

研究分野

  1. 産婦人科学 産婦人科内分泌学、ホルモン受容体、生殖生物学
  2. 産婦人科学 反転学習の導入とその実効性向上のための研究

研究キーワード

  1. 体細胞核移植、クローン胚、性ステロイドホルモン受容体
  2. 反転学習

研究テーマ

  1. 体細胞核移植技術を用いて作成した体細胞クローン胚の特性解析
  2. 反転学習の導入とその実効性向上のための研究
  3. 現在進行中の研究内容の中心は、性ステロイドホルモン受容体の遺伝子構造、性ステロイドホルモン受容体 mRNA の isoforms および variants、ならびに、性ステロイドホルモンに対する non-genomic 受容体の同定、である。また、配偶子に対する性ステロイドホルモンの作用機構ならびに子宮ならびに卵巣悪性腫瘍の発生・進展への性ステロイドホルモンの作用機構についても検討を進めている。

競争的資金等の研究課題

  1. 産婦人科教育への反転学習の導入とその実効性の向上のための研究 科学研究費補助金 2017/04/01-2020/03/31  近年、わが国において新しい教育法であるアクティブ・ラーニング (以下、AL と表記) が導入されつつある。臨床医学領域の教育においては、以前より、チュートリアル教育ならびに臨床実習等、AL の手法が用いられてきたが、AL の手法の一つであるフリップト・ラーニング (反転授業、以下、FL と表記) を臨床医学領域の教育への導入に関する研究はほとんどない。  本研究の目的は、産科教育に FL を導入し、その費用 (労力を含む) 対効果を評価するとともに、より教育効果の高い FL 用教材を作成するための方法論を検討することであり、その遂行によって、臨床医学領域の教育における FL の有効性を実証し、わが国における臨床医学の教育に FL の導入の嚆矢となろうとするものである。

著書

  1. ヒト精子の形成と成熟 笠井 剛,平田 修司,星 和彦 - 近代出版 2017/03/01
  2. 子宮筋腫 大森 真紀子,平田 修司 - 南江堂 2016/02/01
  3. 臨床婦人科産科 大森 真紀子,平田 修司 - 医学書院 2015/05/01
  4. 子宮筋腫診療のすべて FUS 集束超音波治療 大森 真紀子,平田 修司 - 金原出版株式会社 2014/10/01
  5. 産婦人科専攻医研修の要点(ツボ)2013 平田 修司 - 山梨県統一産婦人科専攻医研修プログラム管理委員会 2013/10/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 2003年から2012年に当院において初回治療を行った婦人科悪性腫瘍症例についての臨床的検討 奈良 政敏,端 晶彦,大森 真紀子,深澤 宏子,多賀谷 光,平田 修司 山梨産科婦人科学会雑誌 7/ 2, 2-15 2017/02/01
  2. 2003年から2012年に当院において初回治療を行った婦人科悪性腫瘍症例についての臨床的検討 奈良 政敏,端 晶彦,大森 真紀子,深澤 宏子,多賀谷 光,平田 修司 山梨産科婦人科学会雑誌 7/ 2, 2-15 2017/02/01
  3. 子宮筋腫の最前線 集束超音波治療法の現状 大森 真紀子,平田 修司 産科と婦人科 83/ 11, 1277-1282 2016/11/01
  4. Liver injury after cardiopulmonary resuscitation for cardiac arrest during cesarean delivery Satoshi SHINOHARA,Yuzo UCHIDA,Mayuko KASAI,Tatsuyuki OGAWA,Shuji HIRATA International Journal of Obstetric Anesthesia 2016/09/01
  5. ヘパリンカルシウム自己注射療法中に凝固機能異常および出血傾向を示したProteinS欠乏症合併妊娠の1例 渡邊 佳那,奥田 靖彦,大井 恵,大木 麻喜,小笠原 英理子,端 晶彦,平田 修司 山梨産科婦人科学会雑誌 7/ 1, 12-16 2016/08/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 子宮体癌におけるMRI検査と術中迅速病理検査の有用性の検討 平成28年度山梨産科婦人科学会、山梨県産婦人科医会合同学術集会 2017/02/25
  2. 口頭発表(招待・特別) 射出精子で妊娠に至らず、精巣精子で妊娠成立した高度乏精子症の2症例 第131回 関東連合産科婦人科学会 学術集会 2016/06/19
  3. 口頭発表(一般) Cytomorphologic spectrum of lobular endocervical glandular hyperplasia The 19th International Congress of Cytology 2016/05/30
  4. 口頭発表(一般) ワークショップ:妊娠初期の子宮頸部細胞診と管理 妊娠初期と分娩後の子宮頸部細胞診の比較 第57回日本臨床細胞学会総会 春期大会(ワークショップ) 2016/05/29
  5. 口頭発表(一般) 肥満症合併不妊患者の周産期予後についての検討 第150回 関東生殖医学会 2016/05/28

受賞

  1. 山梨科学アカデミー奨励賞 2004/05/24 ヒト性ステロイド受容体mRNAのisoform/variantについての研究

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2015/04/01-2018/03/31 愛知医科大学医学部衛生学講座 教授 鈴木孝太 分担 胎児期から出生後早期の環境が、小児肥満、成人の生活習慣病に与える影響の疫学的検討
  2. 2005/04/01 工学部物質・生命工学科 黒澤尋助教授 分担 In vitro における体細胞の減数分裂の誘導 減数分裂細胞の指標となるレポーターを構築した。In vitro における体細胞の減数分裂の誘導条件を検討している。

社会貢献活動

  1. シリーズ人口減 出生率の向上へ 2015/03/10
  2. 周産期電子システム 2012/06/06
  3. 「子宮がん検診に行こう!」イベントで啓発運動 2012/03/05
  4. 産婦人科研修医一括受け入れ「指導体制学生に説明」 2012/02/26
  5. 子宮頸がんイベント啓発運動 2012/02/10

所属学協会

  1. 日本医療安全学会
  2. 周生期医療支援機構 Also Japan
  3. 環境ホルモン学会
  4. 日本産科婦人科栄養・代謝研究会
  5. 日本エンドメトリオーシス学会

学外委員

  1. 一般社団法人 日本医療安全学会 代議員(臨床医学安全分野) 2018/03/23-2020/03/31
  2. 山梨県周産期医療協議会 委員 2017/03/24-2019/03/23
  3. 特定非営利活動法人 周生期医療支援機構 ALSO-Japan活動推進委員会 委員 2016/09/01-2018/09/30
  4. 日本産科婦人科栄養・代謝研究会 理事 2016/09/01-2018/09/30
  5. 山梨県助産師出向支援協議会 委員 2015/08/01-2019/03/31