山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(社会医学)

顔写真
教授

山縣 然太朗

ヤマガタ ゼンタロウ
Yamagata Zentaro

経歴

  1. 山梨医科大学助教授(保健学2) 1997/06/01
  2. 山梨医科大学教授(保健学2) 1999/07/15
  3. 山梨大学教授(保健学2講座) 2002/10/01
  4. 山梨大学教授(社会医学) 2004/06/01
  5. 山梨大学保健管理センター長兼任 2010/04/01-2013/03/31
  6. 山梨大学大学院医学工学総合研究部附属出生コホート研究センター長兼任 2011/01/01

学位

  1. 博士(医学) 山梨医科大学 1993/03/03

研究分野

  1. 応用健康科学
  2. 地域研究
  3. 人類遺伝学
  4. 公衆衛生学・健康科学
  5. 地域保健学、分子遺伝疫学:生活習慣病と遺伝子多型の関連
  6. 応用ゲノム科学

研究テーマ

  1. 生活習慣病の易罹患性のおよび遺伝要因と生活習慣との交互作用の解明をめざして,分子遺伝学的手法を用いて研究している。骨粗鬆症,高血圧,アルツハイマー病が現在のテーマである。一方,地域住民,行政とともに地域母子保健調査,高齢者の健康調査を実施している。特に,母子保健調査は12年間継続されており,妊婦,乳幼児の健康状態から育児の悩み,子どもの事故の実態など多くの貴重な資料を提供している。
  2. 健やか親子21を推進するための母子保健情報の利活用に関する研究 健やか親子21 母子保健 情報  母子保健情報のモニタリングシステムの構築 研究分野: 情報学基礎、公衆衛生学・健康科学、小児科学(国内共同研究)2009-2011厚生労働科学研究費補助金
  3. 健やか親子21を推進するための母子保健情報の利活用および思春期やせ症防止のための学校保健との連携によるシステム構築に関する研究 健やか親子21 健康情報 母子保健 思春期やせ症 健やか親子21推進のための研究で、特に、情報の利活用のシステム構築に関する研究。また、思春期やせ症の学校でのマニュアル作成により、学校との連携の具体策を提言する 研究分野: 情報学基礎、公衆衛生学・健康科学、小児科学(国内共同研究)2007-2008厚生労働科学研究費補助金
  4. 健康行動の変容能力に関連する遺伝子に基づく生活習慣病予防プログラムの構築 生活習慣病 行動変容 ゲノム 感受性遺伝子 オーダーメイド医療 行動変容に関する感受性遺伝子を明らかにしてそれに基づく個別生活習慣病予防プログラムを構築する 研究分野: 応用健康科学、応用ゲノム科学、人類遺伝学(国内共同研究)2007-2009科学研究費補助金
  5. 子どもの社会性の発達に関する研究 小児 社会性 コホート 脳科学 領域架橋 子どもの社会性の発達に関するコホート研究 研究分野: 認知科学、統計科学、神経科学一般(国内共同研究)2004-2008JST社会技術研究プログラム(RISTEX)
  6. ゲノム科学の社会との接点 ゲノム 公衆衛生 倫理 ゲノム科学に関する市民の意識を調査し、ゲノム科学研究やその応用の社会との接点を探る 研究分野: 基礎ゲノム科学、応用ゲノム科学、人類遺伝学(国内共同研究)2005-2009科学研究費補助金

競争的資金等の研究課題

  1. 疫学・公衆衛生学研究の成果の科学コミュニケーションに関する研究 科学研究費補助金 2015/04/01-2017/03/31
  2. 生殖補助医療により出生した児の長期予後と技術の標準化に関する研究(AMED) 科学研究費補助金 2013/04/01-2017/03/31
  3. 医学研究に参加する子どものインフォームド・アセントに関する研究(代表:石山ゐづ美) 科学研究費補助金 2013/04/01-2016/03/31
  4. 乳幼児期の健康診査を通じた新たな保健指導手法等の開発のための研究(AMED) 科学研究費補助金 2012/04/01-2017/03/31

著書

  1. 19 「健やか親子21」最終評価報告書の概要-最終評価報告書から見た虐待関連の指標および「健やか親子21(第2次)」における虐待対策- 子ども虐待の予防とケア研究会編集 第5節 第一法規 2016/01 978-4-474-60399-8
  2. 次世代の健康分野 健康体力づくり事業財団 第1部「健康日本21(第二次)基本編 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 2015/10
  3. 子どもの健康支援における地域保健と学校保健、産業保健の連携 武藤孝司, 磯博康, 村嶋幸代 編 第4章:学校保健と職域保健との連携・協働 日本公衆衛生協会 2015/10 9784819202442
  4. 健やか親子21(第2次)の概要 他 厚生労働統計協会(編) 第3編 保健と医療の動向 一般財団法人 厚生労働統計協会 2015/10/31 978-4-87511-660-8
  5. 学校環境衛生とその対策(執筆、および第22章「学校保健」責任編集) 水口雅(著) 学校保健等 医学書院 2015/09/10 978-4260020848

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 市町村における母子保健対策の取り組み状況:「健やか親子21」の推進状況に関する実態調査を用いた都道府県別観察 上原里程,篠原亮次,秋山有佳,市川香織,尾島俊之,松浦賢長,山崎嘉久,山縣然太朗 厚生の指標 64/ 15, 1-7 2017/12
  2. 研究論文(学術雑誌) Alterations in physique among young children after the Great East Japan Earthquake: Results from a nationwide survey Masahiro Kikuya, Hiroko Matsubara, Mami Ishikuro, Yuki Sato, Taku Obara, Hirohito Metoki, Tsuyoshi Isojima, Susumu Yokoya, Noriko Kato, Toshiaki Tanaka, Shoichi Chida, Atsushi Ono, Mitsuaki Hosoya, Hiroshi Yokomichi, Zentaro Yamagata, Soichiro Tanaka, Shigeo Kure, Shinichi Kuriyama JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY 27/ 10, 462-468 2017/10 0917-5040 10.1016/j.je.2016.09.012
  3. (MISC)総説・解説(その他) 日本の子どもを取り巻く食環境(子どもの健やかな成長を支援するプロの知識・プロの技術 第7回) 秋山有佳,山縣然太朗 月刊 健康づくり10月号 公財 健康・体力づくり事業財団 474, 12-15 2017/10
  4. 研究論文(学術雑誌) ソーシャル・キャピタルと産後うつ有病率との関連 榊原文,濱野強,篠原亮次,秋山有佳,中川昭生,山縣然太朗,尾崎米厚 厚生の指標 64/ 11, 21-27 2017/09
  5. 研究論文(学術雑誌) Weight cycling and the subsequent onset of type 2 diabetes mellitus: 10-year cohort studies in urban and rural Japan Hiroshi Yokomichi, Sachiko Ohde, Osamu Takahashi, Mie Mochizuki, Atsunori Takahashi, Yoshioki Yoda, Masahiro Tsuji, Yuka Akiyama, Zentaro Yamagata BMJ Open 7/ 5, e014684 2017/06/08 2044-6055 10.1136/bmjopen-2016-014684

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 大規模出生コホートの意義と倫理課題(演者/シンポジウム8「ART出生児の遺伝的安全性」) 第62回日本生殖医学会学術講演会・総会 2017/11/17
  2. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 ライフコースヘルスケアから見た虐待防止-健やか親子21の重点課題-(講演および座長) 日本小児保健協会_第33回小児保健セミナー 2017/11/12
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) ポスターセッション座長(育児3) 第64回日本小児保健協会学術集会 2017/07/01
  4. ポスター発表 Factors associated with selective study participation in the Japan Environment and Children’s Study (JECS) among the participants in Yamanashi regional centre 50th Annual SER Meeting, June 20-23, 2017 2017/06/20
  5. ポスター発表 Factors associated with the difference between estimated fetal weight at the final prenatal check-up and actual birthweight 50th Annual SER Meeting, June 20-23, 2017 2017/06/20

受賞

  1. 日本疫学会 功労賞 出生コホート研究による子どもの健康関連要因とDOHaDの解明(および第27回日本疫学会学術総会会長としての貢献に対して) 2018/02/02
  2. 厚生労働大臣表彰 2008/11/27 母子保健の向上及び家族計画の普及に尽力
  3. 厚生労働大臣表彰(平成20年度 健やか親子21全国大会.2008年11月26日-28日.福岡) 2008/11/27
  4. 日本家族計画協会会長賞 2007/11/15
  5. 第16回(平成19年度)研究助成金 2007/11/10 社会格差が保健医療システムのパフォーマンスに与える影響に関する国際比較研究:日本・米国・インドのナショナルデータを用いた分析

担当授業科目

  1. 社会環境医学実習
  2. 社会医学
  3. 社会医学概論
  4. 社会医学特論Ⅰ
  5. 社会医学特論Ⅱ

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2016 1 0 1 1

その他の学部学生指導

  1. 2016 スモールクラス担当

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 1
  2. 2017 主査 1 1

社会貢献活動

  1. 産業医業務(宮入バルブ甲府工場) 2018/08/01-2019/03/31
  2. 戦国最強だった「山梨県」のDNA 平均寿命は並でも「健康寿命」は日本一!(週刊新潮 記事) 2018/01/25-2018/01/25
  3. 甲府市が目指す中核市の姿と健康都市こうふ(パネリスト/甲府市シンポジウム) 2018/01/21-2018/01/21
  4. 人を対象とする医学系研究に関する個人情報保護法改訂に伴う倫理指針改正のポイント(山梨大学医学部附属病院_安全管理委員会) 2018/01/17-2018/01/17
  5. 生活習慣病の基礎知識(甲州市食生活改善推進員養成講習「栄養教室」) 2018/01/17-2018/01/17

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 短期研修生の受け入れ *2016/10/17-2016/10/21 *交流協定校、浙江大学医学部より(SHAO ZHEHUAさん、ZHAO DUODUOさん)
  2. 2007 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 日中笹川医学研究者制度による第30期研究者の受け入れ(2007.4.5-2008.3.31 耿 国柱 氏)

所属学協会

  1. 日本衛生学会
  2. 山梨科学アカデミー
  3. 日本老年医学会
  4. 日本人間ドック学会
  5. 日本ダウン症協会(JDS)

学外委員

  1. 船橋市保健所 船橋市地域保健推進協議会(+母子保健部会会長) 2018/01/17-2020/01/16
  2. 一般社団法人 日本家族計画協会 「平成29年度子ども・子育て支援推進調査研究事業 健やか親子21(第2次)に関する調査研究」課題抽出のための検討委員会(委員長) 2017/12/19-2018/03/31
  3. 一般社団法人 家族計画協会 「平成29年度子ども・子育て支援推進調査研究事業 健やか親子21(第2次)に関する調査研究」事業(アドバイザー) 2017/12/19-2018/03/31
  4. 山梨県福祉保健部健康増進課 健やか山梨21(第2次)中間評価委員会 2017/10/03-2019/03/31
  5. 山梨県福祉保健部健康長寿推進課 ★期間詳細は後日入力 介護予防リハビリテーション促進部会(<山梨県地域包括ケア推進協議会、継続) 2017/08