山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(皮膚科学)

教授

川村 龍吉

カワムラ タツヨシ
Kawamura Tatsuyoshi

経歴

  1. 山梨医科大学 皮膚科学講座 研修医 1990/06
  2. 山梨医科大学 皮膚科学講座 助手 1994/01
  3. 山梨医科大学 皮膚科学講座 講師 2002/05/01
  4. 山梨大学 医学部・皮膚科学講座 准教授 2014/12/16
  5. 山梨大学 医学部・皮膚科学講座 教授 2017/01/01

学歴

  1. 山梨大学(山梨医科大学) 医学部 医学科 1990/03

学位

  1. 博士(医学) 山梨医科大学 1998/11/01

研究分野

  1. 皮膚科学 皮膚免疫学、HIV感染症、皮膚腫瘍学
  2. HV感染症, 樹状細胞、 皮膚免疫学 

研究キーワード

  1. HIV、ランゲルハンス細胞、樹状細胞、共刺激分子、悪性黒色腫

研究テーマ

  1.  HIV感染におけるランゲルハンス細胞の役割 1. HIV感染におけるランゲルハンス細胞の役割 2. 樹状細胞による免疫制御の研究 3. ランゲルハンス細胞のFasを解したアポトーシス キーワード; HIV, Dendritic Cell, Apoptosis

著書

  1. 皮膚疾患最新の治療2017-2018 (渡辺晋一、古川福実 編) 毛孔性苔癬 南江堂 2017/01/25
  2. 今日の治療指針(山口徹、北原光夫 編) 膿皮症 医学書院 2017/01/01
  3. 皮膚科研修ノート 川村 龍吉 Gibertばら色粃糠疹 診断と治療社 2016/04/01
  4. What's new in 皮膚科学 2015-2016 (宮地 良樹、 鶴田大介 編) 一次刺激性接触皮膚炎のパラダイムシフト メディカルレビュー社 2016/02/26
  5. What's new in 皮膚科学 2015-2016 (宮地 良樹、 鶴田大介 編) HIV感染予防の現況 メディカルレビュー社 2016/02/26

論文

  1. 学位論文(博士) Differential Day–Night Outcome to HSV-2 Cutaneous Infection. J Invest Dermatol 2017
  2. Efficacy of topical tacrolimus for treating Kyrle's disease. Kinoshita M, Ogawa Y, Kawamura T, Shimada S. JOURNAL OF DERMATOLOGY 2016/12/18 0385-2407
  3. Case of metastatic uveal melanoma in which an antitumor effect appeared after ipilimumab discontinuation due to autoimmune hypophysitis. Ohnuma T, Matsuzawa T, Kinoshita M, Sano S, Kawamura T, Shimada S, Inozume T. JOURNAL OF DERMATOLOGY 2016/11/18 0385-2407
  4. Case of disseminated molluscum contagiosum caused by ruxolitinib,a Janus kinase 1 and 2 inhibitor. Manao Kinoshita,Youichi Ogawa,Tatsuyoshi Kawamura,Kirito K,Shinji Shimada Journal of dermatology 43/ 11, 1387-1388 2016/11/01
  5. Case of giant cell arteritis as a manifestation of immunoglobulin G4-related disease. Takaki M, Inozume T, Sano S, Mitsui H, Kawamura T, Shimada S. JOURNAL OF DERMATOLOGY 43, 1248-1249 2016/09/26 0385-2407

研究発表

  1. 口頭発表(一般) セクキヌマブが著効したIL-36RN遺伝子変異を有する汎発性膿疱性乾癬の1例 第32回日本乾癬学会学術大会 2017/09/08
  2. 口頭発表(一般) IKBKG遺伝子解析を行った色素失調症の母子例 第41回日本小児皮膚科学会学術大会 2017/07/08
  3. 口頭発表(一般) 完全切除に離渋した顔面多発モルフェア型基底細胞癌の1例 第33回日本悪性腫瘍学会学術大会 2017/06/30
  4. 口頭発表(一般) 抗トポイソメラーゼI抗体と抗RNAポリメラーゼⅢ抗体が共存したオーバーラップ症候群の1例 第116回日本皮膚科学会総会 2017/06/04
  5. 口頭発表(一般) 大腿内側に集簇したリンパ腫丘疹症の1例 第116回日本皮膚科学会総会 2017/06/03

受賞

  1. 日本研究皮膚科学会賞(JSID賞) 2014/12/12
  2. 日本皮膚科学会皆見賞 2013/06/14 Severe dermatitis with loss of epidermal Langerhans cells in human and mouse zinc deficiency
  3. 日本皮膚科学会雑誌 最優秀論文賞 2012/05/29 RI・色素法併用によるセンチネルリンパ節生検を施行した皮膚悪性腫瘍135例の検討
  4. (社)山梨科学アカデミー賞 奨励賞 2011/05/30
  5. 第2回ロート皮膚医学研究賞 2010/04/01

社会貢献活動

  1. 皮膚の日検診(無料皮膚癌検診) 2016/11/13

所属学協会

  1. 皮膚悪性腫瘍学会 2011/06
  2. 皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 2011/06
  3. 基盤免疫研究会 2002/06/01
  4. 米国研究皮膚科学会 1998/07/01
  5. 日本研究皮膚科学会 1998/04/01