山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(皮膚科学)

教授

川村 龍吉

カワムラ タツヨシ
Kawamura Tatsuyoshi

経歴

  1. 山梨医科大学 皮膚科学講座 研修医 1990/06
  2. 山梨医科大学 皮膚科学講座 助手 1994/01
  3. 山梨医科大学 皮膚科学講座 講師 2002/05/01
  4. 山梨大学 医学部・皮膚科学講座 准教授 2014/12/16
  5. 山梨大学 医学部・皮膚科学講座 教授 2017/01/01

学歴

  1. 山梨大学(山梨医科大学) 医学部 医学科 1990/03

学位

  1. 博士(医学) 山梨医科大学 1998/11/01

研究分野

  1. 皮膚科学 皮膚免疫学、HIV感染症、皮膚腫瘍学
  2. HV感染症, 樹状細胞、 皮膚免疫学 

研究キーワード

  1. HIV、ランゲルハンス細胞、樹状細胞、共刺激分子、悪性黒色腫

研究テーマ

  1.  HIV感染におけるランゲルハンス細胞の役割 1. HIV感染におけるランゲルハンス細胞の役割 2. 樹状細胞による免疫制御の研究 3. ランゲルハンス細胞のFasを解したアポトーシス キーワード; HIV, Dendritic Cell, Apoptosis

著書

  1. What's new in 皮膚科学 2018-2019 (宮地 良樹、 常深祐一郎 編) その湿疹患者さん、亜鉛欠乏ではないですか? メディカルレビュー社 2018/04/16
  2. 今日の治療指針(福井次矢、高木誠、小室一成 編) 壊死性筋膜炎 医学書院 2018/01/01
  3. ランゲルハンス細胞とHIV 小川陽一、川村龍吉 52-55 メディカルレビュー社 2017/12/01
  4. 目からウロコのヘルペス診療ハンドブック(白濱茂穂、渡辺大輔 編) ヘルペスひょう疽 南江堂 2017/09/01
  5. 目からウロコのヘルペス診療ハンドブック(白濱茂穂、渡辺大輔 編) 口唇ヘルペス(再発型) 南江堂 2017/09/01

論文

  1. Impetigo herpetiformis with IL-36RN mutation successfully treated by secukinumab. Kinoshita, M., Ogawa, Y., Takeishi, T., Okamoto, T., Osada, A., Shimada, S., Sugiura, K., Akiyama, M., Kawamura, T., Tsukamoto, K. EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY 2018 1167-1122
  2. 研究論文(学術雑誌) Zinc and Skin Disorders. Ogawa, Y., Kinoshita, M., Shimada, S., Kawamura, T. Nutrients 138/ 1, 233-236 2018/01/01 2072-6643
  3. 研究論文(学術雑誌) Differential Day-Night Outcome to HSV-2 Cutaneous Infection. Matsuzawa, T., Nakamura, Y., Ogawa, Y., Ishimaru, K., Goshima, F., Shimada, S., Nakao, A., Kawamura, T. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 138/ 1, 233-236 2018/01/01 0022-202X
  4. 研究論文(学術雑誌) Case of anal adenocarcinoma in situ with pagetoid spread but without macroscopic abnormality in anal mucosa Shimizu T, Inozume T, Takaki M, Ohnuma T, Sano S, Kawamura T, Shimada S. JOURNAL OF DERMATOLOGY 44/ 9, 1076-1077 2017/09/01 0385-2407
  5. Efficacy of topical tacrolimus for treating Kyrle's disease. Kinoshita, M., Ogawa, Y.*, Kawamura, T, Shimada, S. JOURNAL OF DERMATOLOGY 44/ 5, 81-82 2017/05/01 0385-2407

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Loss of Langerhans cell in scar lesion of lichen planopilaris is caused by downregulation of integrin αvβ6 in the epidermal keratinocytes 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  2. 口頭発表(一般) ATP from human keratinosytes by mechanical stretching is of one of the causes of Koebner phenomenon 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  3. 口頭発表(一般) The role of purinergic signalingin deveropment of irritant dermatitis of acrodermatitis enteropathica 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  4. 口頭発表(一般) CTLA-4 expressed by melanoma cells showed enhanced susceptibility to anti-melanoma T-cell responses 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  5. 口頭発表(一般) Comparative analysis of the expression of a trancription factor,E2F4,in skin tumors 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15

受賞

  1. 科研費審査委員の表彰 2017/09/29
  2. 日本研究皮膚科学会賞(JSID賞) 2014/12/12
  3. 日本皮膚科学会皆見賞 2013/06/14 Severe dermatitis with loss of epidermal Langerhans cells in human and mouse zinc deficiency
  4. 日本皮膚科学会雑誌 最優秀論文賞 2012/05/29 RI・色素法併用によるセンチネルリンパ節生検を施行した皮膚悪性腫瘍135例の検討
  5. (社)山梨科学アカデミー賞 奨励賞 2011/05/30

担当授業科目

  1. 皮膚免疫学
  2. 細菌感染症
  3. AIDS
  4. ウイルス感染症
  5. 免疫学特論

社会貢献活動

  1. 感謝状 (甲府警察署) 2018/02/01
  2. 皮膚の日検診(無料皮膚癌検診) 2017/11/12
  3. エイズ予防財団主催 第19回白馬シンポジウム in 仙台 2017/07/14-2017/07/15
  4. 皮膚の日検診(無料皮膚癌検診) 2016/11/13

所属学協会

  1. 日本白斑学会 2018/03/01
  2. 日本乾癬学会 2017/10/01
  3. 皮膚悪性腫瘍学会 2011/06
  4. 皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 2011/06
  5. 日本ウイルス学会 2011/04/01

学外委員

  1. 日本白斑学会 評議員 2018/03/01
  2. 日本研究皮膚科学会 理事 2017/12/16
  3. 日本乾癬学会 評議員 2017/10/01
  4. 日本皮膚科学会 代議員 2017/06/01