山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(小児科学)

准教授

犬飼 岳史

イヌカイ タケシ
Inukai Takeshi

経歴

  1. 山梨医科大学助手(小児科学) 1998/08/01
  2. 山梨大学助手(小児科学講座) 2002/10/01
  3. 山梨大学助教(小児科学講座) 2007/04/01
  4. 山梨大学講師(小児科学講座) 2007/08/01
  5. 准教授 2010/04/01

学位

  1. 博士(医学) 1999/12/08

研究分野

  1. 小児科学 小児血液学、小児腫瘍学

研究テーマ

  1. 白血病融合遺伝子の機能解析,造血細胞のアポトーシス制御機構の解析

競争的資金等の研究課題

  1. 個別化治療への発展を目指した日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)小児急性リンパ性白血病(ALL)次期臨床試験における薬剤感受性試験 他の外部資金 日本白血病研究基金 2017/11/04
  2. 細胞株バンクを活用した予後因子の薬剤感受性における意義の解析 受託研究 日本医療研究開発機構 革新的がん医療実用化研究事業 2017/04/01-2018/03/31
  3. 急性リンパ性白血病における個別化医療を目指した化学療法剤感受性バイオマーカーの同定とその分子生物学的意義の解析 他の外部資金 日本血液学会 日本血液学会研究助成 2017/04/01-2018/03/31
  4. 小児急性リンパ性白血病に対する化学療法の負担軽減と治療成績向上を目指した個別化療法のための包括的な薬剤感受性バイオマーカーの探索的研究 他の外部資金 日本対がん協会 「プロジェクト未来」研究助成 2017/04/01-2018/03/31
  5. ゲノム編集技術を応用したPhiladelphia染色体陽性白血病に対するImatinibとステロイド剤の併用効果の標的遺伝子の同定 他の外部資金 ノバルティス ファーマ ノバルティス ファーマ研究助成 2017/04/01-2018/03/31

著書

  1. アポトーシス抑制と急性白血病 犬飼 岳史 - 医歯薬出版 2005/09/01
  2. 骨髄バンク 犬飼 岳史 - 桐書房 2005/08/01
  3. E2Aとリンパ性白血病 稲葉俊哉,犬飼 岳史 - 中外医学社 2001/01/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Splicing variant profiles and single nucleotide polymorphisms of the glucocorticoid receptor gene in relation to glucocorticoid sensitivity of B-cell precursor acute lymphoblastic leukaemia. Huang M, Inukai T, Kagami K, Abe M, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Goi K, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Urayama KY, Sugita K. HEMATOLOGICAL ONCOLOGY 36/ 1, 245-251 2018/02/01 0278-0232
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Regional evaluation of childhood acute lymphoblastic leukemia genetic susceptibility loci among Japanese. Urayama KY, Takagi M, Kawaguchi T, Matsuo K, Tanaka Y, Ayukawa Y, Arakawa Y, Hasegawa D, Yuza Y, Kaneko T, Noguchi Y, Taneyama Y, Ota S, Inukai T, Yanagimachi M, Keino D, Koike K, Toyama D, Nakazawa Y, Kurosawa H, Nakamura K, Moriwaki K, Goto H, Sekinaka Y, Morita D, Kato M, Takita J, Tanaka T, Inazawa J, Koh K, Ishida Y, Ohara A, Mizutani S, Matsuda F, Manabe A. Scientific Reports 8/ 1, 789 2018/01/15 2045-2322
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Anti-leukemic activity of bortezomib and carfilzomib on B-cell precursor ALL cell lines. Takahashi K, Inukai T, Imamura T, Yano M, Tomoyasu C, Lucas DM, Nemoto A, Sato H, Huang M, Abe M, Kagami K, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Akahane K, Goi K, Kikuchi J, Furukawa Y, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Sugita K. PLoS One 12/ 12, e0188680 2017/12/13 1932-6203
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 TGFβ1 synergizes with FLT3 ligand to induce chemoresistant quiescence in acute lymphoblastic leukemia with MLL gene rearrangements. Tamai M, Furuichi Y, Kasai S, Ando N, Harama D, Goi K, Inukai T, Kagami K, Abe M, Ichikawa H, Sugita K. LEUKEMIA RESEARCH 61, 68-76 2017/10/01 0145-2126
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Lack of association between deletion polymorphism of BIM gene and in vitro drug sensitivity in B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia. Huang M, Miyake K, Kagami K, Abe M, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Goi K, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Kiyokawa N, Sugita K, Inukai T. LEUKEMIA RESEARCH 60, 24-30 2017/09/01 0145-2126

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 小児病棟でのミュージアム活動の試み 第113回日本小児科学会学術集会 2010/04/22
  2. 口頭発表(一般) 17;19転座に由来するE2A-HLF融合転写因子による急性リンパ性白血病でのCD33発現誘導の機序 第51回日本小児血液学会,第25回日本小児がん学会合同開催 2009/11/27
  3. 口頭発表(一般) Philadelphia染色体陽性白血病細胞におけるImatinibによる小胞体ストレス誘導作用とTRAIL感受性の検討 第51回日本小児血液学会,第25回日本小児がん学会合同開催 2009/11/27
  4. 口頭発表(一般) 同種臍帯血NK細胞のT細胞性急性リンパ性白血病に対する細胞傷害活性に関する検討 第51回日本小児血液学会,第25回日本小児がん学会合同開催 2009/11/27
  5. 口頭発表(一般) 自然退縮せず化学療法に抵抗性を示した新生児期発症の神経芽腫 第51回日本小児血液学会,第25回日本小児がん学会合同開催 2009/11/27

受賞

  1. ザ・レジェンド特別賞 2017/11/04
  2. 日本白血病研究基金清水賞 2010/11
  3. 日本血液学会奨励賞 1999/04/20 E2A-HLF融合転写因子におけるアポトーシス抑制能の検討

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2017 1
  2. 博士学位論文指導 2016 1 1 1 1

社会貢献活動

  1. 「小児がん」都立立川国際中等教育学校出前授業 2017/10/05
  2. 「小児がん」山梨県立甲府南高等学校出前授業 2017/09/22
  3. 「小児がんとたたかう」山梨大学高校生のための公開授業 2017/07/25

所属学協会

  1. 日本臨床腫瘍学会 2005/06
  2. 日本造血細胞移植学会 2001/06
  3. 日本小児がん学会 1998/06
  4. 日本臨床血液学会 1989/06
  5. 日本小児血液学会 1989/01

学外委員

  1. 日本小児がん研究グループ 研究審査委員会 2016/04/01-2019/03/31
  2. 日本血液学会 専門認定委員会 2015/10/16-2017/10/15
  3. 日本小児科学会 関東地区資格認定委員会 2015/04/07-2019/03/31
  4. 日本血液学会 臨床血液編集委員会 2014/10/31-2018/10/30
  5. 日本血液学会 プログラム企画委員会 2014/10/31-2018/10/30