山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(外科学1)

顔写真
講師

井上 慎吾

イノウエ シンゴ
Inoue Shingo

経歴

  1. 国立大蔵病院外科研修医 1984/06/01
  2. 山梨医科大学第一外科医員 1985/12/01
  3. 山梨医科大学第一外科助手 1987/11/16
  4. 加納岩総合病院胃腸科医師 1988/06/02
  5. 山梨医科大学第一外科助手 1990/04/01
  6. 韮崎市立病院外科医長 1993/04/01
  7. 上野原町立病院外科医長 1998/07/01
  8. 社会保険鰍沢病院外科部長 2001/04/01
  9. 山梨大学助手(外科学講座第1教室) 2004/04/01
  10. 山梨大学助教(外科学講座第1教室) 2007/04/01

学歴

  1. 富山医科薬科大学 1984/03/31

学位

  1. 博士(医学) 1993/12/15

研究分野

  1. 外科学一般 乳癌の予後因子の解析
  2. 消化器外科学 消化器外科学、乳癌の予後規定因子の遺伝子学的解析
  3. 胸部外科学 乳癌における予後因子、効果予測因子に関する臨床研究

研究キーワード

  1. 遺伝性乳癌・卵巣癌症候群
  2. 乳癌の過剰診断
  3. 乳癌 予後因子 効果予測因子

研究テーマ

  1. 遺伝性乳癌・卵巣癌症候群のリスク解析
  2. 過剰診断と関連した非浸潤性乳癌の臨床的特徴の解析
  3. ・乳癌における予後規定因子の遺伝子学的解析 ・抗がん剤耐性機序の遺伝子学的解明。

著書

  1. 術後の消化管蠕動能の温存を重視した腹腔鏡下噴門側切除後の食道残胃吻合 河口賀彦,赤池英憲,若菜弘幸,平山和義,中田祐紀,白石謙介,渡邉光章,細村直弘,雨宮秀武,川井田博充,須藤 誠,河野 寛,井上慎吾,市川大輔 臨床外科 2018/04

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) Prognostic Significance of Lymph Node Dissection Along the Upper-third-stomach in Patients With Lower-third Gastric Cancer. Saito R, Kawaguchi Y, Akaike H, Shiraishi K, Maruyama S, Shimizu H, Furuya S, Hosomura N, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D. Anticancer Res 39/ 3, 1485-1489 2019/03 0250-7005 10.21873/anticanres.13266.
  2. 研究論文(学術雑誌) High miR-3687 Expression Affects Migratory and Invasive Ability of Oesophageal Carcinoma Hagio K, Furuya S, Nakamura J, Maruyama S, Shiraishi K, Shimizu H, Akaike H, Hosomura N, Kawaguchi Y, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D ANTICANCER RESEARCH 39/ 2, 557-565 2019/02 0250-7005
  3. 研究論文(学術雑誌) Inhibition of apoptosis by miR‑122‑5p in α‑fetoprotein‑producing gastric cancer Maruyama S, Furuya S, Shiraishi K, Shimizu H, Saito R, Akaike H, Hosomura N, Kawaguchi Y, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D. ONCOLOGY REPORTS 2019/02/20 1021-335X 10.3892/or.2019.7023
  4. 研究論文(学術雑誌) miR-122-5p as a novel biomarker for alpha-fetoprotein-producing gastric cancer Maruyama S, Furuya S, Shiraishi K, Shimizu H, Akaike H, Hosomura N, Kawaguchi Y, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D. World Journal of Gastrointestinal Oncology 10/ 10, 344-350 2018/10 1948-5204
  5. 研究論文(学術雑誌) S-1が有効であったトリプルネガティブ乳癌の1例 中山裕子, 井上慎吾, 三村耕作, 中澤匡男, 木村亜矢子, 大森征人, 松田 啓, 市川大輔 癌と化学療法 45/ 9, 1343-1346 2018/09/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 乳癌術後の生存率の検討 第45回山梨総合医学会 2019/03/24
  2. 口頭発表(一般) 肝細胞癌における腹腔鏡下肝部分切除術の検討 第45回山梨総合医学会 2019/03/24
  3. 口頭発表(一般) 当院におけるロボット支援下胃切除術の検討 第45回山梨総合医学会 2019/03/24
  4. 口頭発表(一般) 当科における残胃癌に対する治療成績 第91回日本胃癌学会総会 2019/02/27
  5. ポスター発表 下部胃癌に対する幽門側胃切除における,No.1およびNo.4sbリンパ節郭清効果に関する検討 第91回日本胃癌学会総会 2019/02/27

受賞

  1. 山梨県医師会賞 1997 当センターでの過去5年間の乳癌検診実績

担当授業科目

  1. 乳腺疾患の外科治療。乳がんの新しい治療法

その他の教育実績

  1. 2018 全国共通試験監督
  2. 2017 チュータ監督

指導実績

  1. 附属病院研修医指導の実績 2017 3

社会貢献活動

  1. 最近の乳癌診療で感じたこと 2018/03/08-2018/03/08 1時間の講演発表
  2. 北アルプス診療ボランティア 2017/08/10-2017/08/14
  3. 乳癌とはどんな病気か?-その検査・診断・治療の流れー 2016/03/20
  4. 乳癌市民公開講座 委員 2006/10/14-2006/10/14 (活動の内容) 県内広く乳癌検診を普及させること (開催回数) 1

所属学協会

  1. 日本家族性腫瘍学会 2014/06
  2. 日本人類遺伝学会 2012/10
  3. 日本癌治療学会 2012/07
  4. 日本甲状腺外科学会 2005/10
  5. 日本癌治療学会 2005/04

病院における診療活動・医療支援等

  1. 手術 手術 2017/04/03-2018/03/30 月(9:00-12:00)、木(9:00-17:00)
  2. 入院 入院診療 2017/04/03-2018/03/30 月、水、木、金(7:30-8:00、16:30-17:00)
  3. 外来 外来診療 2017/04/03-2018/03/30 月:午後、水:午前午後、金:午前午後
  4. 災害地、海外での診療支援活動 東日本大震災医療支援 2011/03/12 代表 チーム