山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(眼科学)

顔写真
准教授

柏木 賢治

カシワギ ケンジ
Kashiwagi Kenji

経歴

  1. 山梨医科大学助手(眼科学) 1994/01/01
  2. 山梨医科大学講師(眼科学) 1997/05/01
  3. 山梨大学講師(眼科学講座) 2002/10/01
  4. 山梨大学准教授(地域医療学講座) 2008/04/01
  5. 山梨大学准教授(眼科学講座) 2012/04/01

学歴

  1. 1986/03/31

学位

  1. 博士(医学) 1997/06/25

研究分野

  1. 眼科学 緑内障薬物治療のメカニズム,網膜神経節細胞培養

研究キーワード

  1. 緑内障 薬物治療 スクリーニング 診療支援システム

研究テーマ

  1. 緑内障、地域医療連携

著書

  1. Pearls of Glaucoma Management Angle-Closure Glaucoma: Iridotomy Kenji KASHIWAGI - Springer 2016/07/01
  2. 緑内障なんでも質問箱 柏木 賢治 - 医学書院 2015/11/01
  3. 周辺前房深度計 柏木 賢治 - 中山書店 2014/10/01
  4. Chapter11 Interaction Between RGC Bodies and Glia Kenji KASHIWAGI - Springer 2014/09/01
  5. 2片眼失明者のための距離情報の獲得と提示 豊浦正広,柏木 賢治,茅 暁陽 - 株式会社 エヌ・ティー・エス 2014/06/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Investigating the usefulness of a cluster-based trend analysis to detect visual field progression in patients with open-angle glaucoma. spermidine acetyltransferase British Journal of Ophthalmology 2017/04/27
  2. 研究論文(学術雑誌) Current Status of Mitomycin C-Augmented Trabeculectomy in Japan Based on Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Kenji KASHIWAGI,Kazuyoshi KITAMURA,Fumihiko MABUCHI,Tatsuya CHIBA,Satoshi KOGURE EC OPHTHALMOLOGY 4/ 3, 553-562 2016/12/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 特集 緑内障点眼薬の基礎と臨床 3.β遮断薬の功罪 柏木 賢治 眼科 58/ 12, 1441-1447 2016/11/01
  4. 研究論文(学術雑誌) Efficacy and Safety of Switching Latanoprost Monotherapy to Bimatoprost Monotherapy or Combination of Brinzolamide and Latanoprost Mitsuhiro IMASAWA,Joji TANABE,Fumiko KASHIWAGI,Kenji KASHIWAGI The Open Ophthalmology Journal 94-102 2016/10/01
  5. 研究論文(学術雑誌) A novel method to predict visual field progression more accurately, using intraocular pressure measurements in glaucoma patients. JAMDIG,Kenji KASHIWAGI Scientific reports 31728 2016/08/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 緑内障発症におけるP2受容体機能異常の役割 第90回日本薬理学会年会 2017/03/16
  2. 口頭発表(一般) ミクログリア由来TNFαによるRGC傷害メカニズム 第90回日本薬理学会年会 2017/03/15
  3. 口頭発表(一般) Associated factors in adherence to anti-glaucoma eyedrop instillation from a nation-wide prospective study in Japan APAO2017 2017/03/01
  4. 口頭発表(一般) Comparison of relationships between anterior chamber depth and other ophthalmic biometrical ocular factors either at the central and the peripheral anterior chamber portions among Japanese residents APAO2017 2017/03/01
  5. 口頭発表(一般) 新規緑内障患者の医療内容と医療費に関する検討 第23回山梨緑内障研究会 2017/02/02

知的財産権

  1. 眼科手術補助器 2006/05/31
  2. 細胞培養器 2006/05/31
  3. 眼科検査機器 2006/05/31

受賞

  1. APAO Achievement Awards 2016/03/01
  2. 日本医師会医学研究奨励賞 2011/12/09
  3. 日本眼科学会評議員賞 2011/05/14 緑内障研究の進歩
  4. 度産学官連携功労者 総務大臣賞 2010/06/05 眼科遠隔診療システムの開発
  5. 日本失明予防協会奨励賞 2006/05/31

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2006/05/31-2006/05/31 カリフォルニア大学サンデイゴ校 分担 緑内障スクリーニング機器の有用性
  2. 2006/05/31-2006/05/31 リバプール大学 代表 緑内障治療薬の副作用研究
  3. 2006/05/31-2006/05/31 シンガポール国立大学 代表 緑内障スクリーニング機器の有用性
  4. 2006/02/28-2007/02/28 横浜市立大学 分担

所属学協会

  1. 日本手術学会 2006/05
  2. 日本遠隔医療学会 2006/04/01
  3. American Academy of ophthalmology 2005/04/01
  4. 日本眼薬理学会 1991/04/01
  5. 日本緑内障学会 1990/09/01

学外委員

  1. 日本遠隔医療学会 理事 2009/06
  2. Journal of Glaucoma Editorial board member 2008/04-2001/03
  3. Journal of Current Glaucoma Proctice Editorial board member 2008/04-2001/03
  4. The Open Journal of Ophthalmology Editorial board member 2007/12-2010/01
  5. World Glaucoma Association Associated advisory board member 2007/10-2009/09