山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(眼科学)

顔写真
准教授

柏木 賢治

カシワギ ケンジ
Kashiwagi Kenji

経歴

  1. 山梨医科大学助手(眼科学) 1994/01/01
  2. 山梨医科大学講師(眼科学) 1997/05/01
  3. 山梨大学講師(眼科学講座) 2002/10/01
  4. 山梨大学准教授(地域医療学講座) 2008/04/01
  5. 山梨大学准教授(眼科学講座) 2012/04/01

学歴

  1. 1986/03/31

学位

  1. 博士(医学) 1997/06/25

研究分野

  1. 眼科学 緑内障薬物治療のメカニズム,網膜神経節細胞培養

研究キーワード

  1. 緑内障 薬物治療 スクリーニング 診療支援システム

研究テーマ

  1. 緑内障、地域医療連携

著書

  1. Pearls of Glaucoma Management Angle-Closure Glaucoma: Iridotomy Kenji KASHIWAGI - Springer 2016/07/01
  2. 緑内障なんでも質問箱 柏木 賢治 - 医学書院 2015/11/01
  3. 周辺前房深度計 柏木 賢治 - 中山書店 2014/10/01
  4. Chapter11 Interaction Between RGC Bodies and Glia Kenji KASHIWAGI - Springer 2014/09/01
  5. 2片眼失明者のための距離情報の獲得と提示 豊浦正広,柏木 賢治,茅 暁陽 - 株式会社 エヌ・ティー・エス 2014/06/01

論文

  1. A nationwide survey of factors influencing adherence to ocular hypotensive eyedrops in Japan. Tsumura T, Kashiwagi K, Suzuki Y, Yoshikawa K, Suzumura H, Maeda T, Takeda R, Saito H, Araie M International Opthalmology 2018/01/12
  2. A Ser75-to-Asp phospho-mimicking mutation in Src accelerates ageing-related loss of retinal ganglion cells in mice Kashiwagi K, Ito S, Maeda S, Kato G Scientific Reports 2017/12/01 2045-2322
  3. Purinergic dysregulation causes hypertensive glaucoma-like optic neuropathy. Shinozaki Y, Kashiwagi K, Namekata K, Takeda A, Ohno N, Robaye B, Harada T, Iwata T, Koizumi S. JCI Insight. 2017/10/05
  4. Changes in Glaucoma Medication during the Past Eight Years and Future Directions in Japan Based on an Insurance Medical Claim Database Sakamoto M, Kitamura K, Kashiwagi K Journal of Ophthalmology 2017/09/10 2090-004X
  5. Additive effects of genetic variants associated with intraocular pressure in primary open-angle glaucoma Mabuchi F, Mabuchi N, Sakurada Y, Yoneyama S, Kashiwagi K,Iijima H, Yamagata Z, Takamoto M, Aihara M, Iwata T, Kawase K, Shiga Y, Nishiguchi K.M, Nakazawa T, Ozaki M, Araie M, for the Japan Glaucoma Society Omics Group(JGS-OG) PLoS One 2017/08/23 1932-6203

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 緑内障発症におけるP2受容体機能異常の役割 第90回日本薬理学会年会 2017/03/16
  2. 口頭発表(一般) ミクログリア由来TNFαによるRGC傷害メカニズム 第90回日本薬理学会年会 2017/03/15
  3. 口頭発表(一般) Associated factors in adherence to anti-glaucoma eyedrop instillation from a nation-wide prospective study in Japan APAO2017 2017/03/01
  4. 口頭発表(一般) Comparison of relationships between anterior chamber depth and other ophthalmic biometrical ocular factors either at the central and the peripheral anterior chamber portions among Japanese residents APAO2017 2017/03/01
  5. 口頭発表(一般) 新規緑内障患者の医療内容と医療費に関する検討 第23回山梨緑内障研究会 2017/02/02

知的財産権

  1. 眼科手術補助器 2006/05/31
  2. 細胞培養器 2006/05/31
  3. 眼科検査機器 2006/05/31

受賞

  1. APAO Achievement Awards 2016/03/01
  2. 日本医師会医学研究奨励賞 2011/12/09
  3. 日本眼科学会評議員賞 2011/05/14 緑内障研究の進歩
  4. 度産学官連携功労者 総務大臣賞 2010/06/05 眼科遠隔診療システムの開発
  5. 日本失明予防協会奨励賞 2006/05/31

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2006/05/31-2006/05/31 カリフォルニア大学サンデイゴ校 分担 緑内障スクリーニング機器の有用性
  2. 2006/05/31-2006/05/31 リバプール大学 代表 緑内障治療薬の副作用研究
  3. 2006/05/31-2006/05/31 シンガポール国立大学 代表 緑内障スクリーニング機器の有用性
  4. 2006/02/28-2007/02/28 横浜市立大学 分担

所属学協会

  1. 日本手術学会 2006/05
  2. 日本遠隔医療学会 2006/04/01
  3. American Academy of ophthalmology 2005/04/01
  4. 日本眼薬理学会 1991/04/01
  5. 日本緑内障学会 1990/09/01

学外委員

  1. 日本遠隔医療学会 理事 2009/06
  2. Journal of Glaucoma Editorial board member 2008/04-2001/03
  3. Journal of Current Glaucoma Proctice Editorial board member 2008/04-2001/03
  4. The Open Journal of Ophthalmology Editorial board member 2007/12-2010/01
  5. World Glaucoma Association Associated advisory board member 2007/10-2009/09