UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Medicine
Clinical Medicine Science (Laboratory Medicine)

Professor

Inoe Katsue


Career

  1. 東京厚生年金病院 内科 研修医 1995/05/01
  2. 山梨医科大学助手(臨床検査医学) 2000/04/10
  3. 山梨医科大学(臨床検査医学)助手を研究休職、University of Oxford, Post doctoral researcher 2001/04/16
  4. 山梨大学助手(臨床検査医学講座) 2002/10/01
  5. 山梨大学講師(臨床検査医学講座) 2006/01/24
  6. 山梨大学准教授(臨床検査医学) 2007/07/01
  7. 山梨大学准教授(臨床検査医学講座) 2007/07/02
  8. 山梨大学教授(臨床検査医学講座) 2016/01/01
  9. University of Yamanashi (Department of Clinical and Laboratory Medicine) 2016/01/01

Academic background

  1. 1995/03/31
  2. 2001/03/23

Academic degrees

  1. M.D., Ph.D. 山梨大学 2000/03/23

Research Areas

  1. 血液内科学 thrombosis and hemostasis, platelet biology, roles of platelets beyond clotting, CLEC-2
  2. 血液内科学 Signal transduction pathways mediated by adhesive moleculer in platelets

Research keywords

  1. blood platelets, thrombosis and hemostasis, anti-platelet drug, signal transduction, integrin, glycoprotein VI, CLEC-2, rhodocytin

Subject of research

  1. Tyrosine kinase-dependent signal transduction pathway in platelets: especially the novel platelet activation receptor CLEC-2, glycoprotein VI, and integrins

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 腎臓の発生と機能保持における血小板CLEC-2の役割 Donation 血栓止血、血管機能(各種臓器の生理、病態など)とその関連領域 公益財団法人 先進医薬研究振興財団 血液医学分野一般研究助成 2017/12/01-2018/11/30
  2. 血小板活性化受容体CLEC-2を標的とした癌手術後リンパ浮腫の予防法 Science research expense 基金・挑戦的研究(萌芽) 日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 2017/04/01-2020/03/31
  3. 血小板活性化受容体CLEC-2を標的とした癌手術後リンパ浮腫の予防法 Science research expense 萌芽的融合研究プロジェクト 国立大学法人 山梨大学 研究高度化特別経費 2017/04/01-2018/03/31
  4. ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞 Donation 公益財団法人 ソロプチミスト日本財団 平成28年度 女性研究者賞 2016/10/01-2018/09/30 さまざまな分野で将来性のある研究をしている有能な女性に対し、研究費を支援する
  5. 血小板受容体CLEC-2の関節リウマチにおける役割:抗リウマチ薬標的蛋白の可能性 Science research expense 基金・基盤研究(C) 日本学術振興会 科学研究費助成事業 2014/04/01-2017/03/31

Bibliography

  1. C-type lectin-like receptor 2 (CLEC-2) Katsue Suzuki-Inoue Springer 2016/03/31
  2. 血小板機能障害 井上 克枝 - 株式会社 文光堂 2015/10/01
  3. 血小板反応とそのシグナル伝達機構 井上 克枝 - 株式会社 金芳堂 2015/08/01
  4. Immunoreceptor tyrosine-based activation motif (ITAM) 井上 克枝 - 中外医学社 2015/01/01
  5. 血小板機能異常症 井上克枝,編集,直江知樹,小澤敬也,中尾眞二 - 南江堂 2014/01/01

Papers

  1. (MISC) Introduction and explanation (scientific journal) Joint The incomparable platelet! Platelets and organ development Katsue Suzuki-Inoue, Nagaharu Tsukiji 日本検査血液学会雑誌 日本検査血液学会 19/ 3, 261-270 2018/12/07
  2. Research paper (scientific journal) Platelets play an essential role in murine lung development through Clec-2/podoplanin interaction Nagaharu Tsukiji, Osamu Inoue, Mitsuru Morimoto, Norifumi Tatsumi, Hiroaki Nagatomo, Koji Ueta, Toshiaki Shirai, Tomoyuki Sasaki, Shimon Otake Shogo Tamura, Toshiaki Tachibana, Masataka Okabe, Masanori Hirashima, Yukio Ozaki, Katsue Suzuki-Inoue BLOOD American Society of Hematology American Society of Hematology 132/ 11, 1167-1179 2018/09/13 0006-4971 10.1182/blood-2017-12-823369
  3. Research paper (scientific journal) Cobalt hematoporphyrin inhibits CLEC-2-podoplanin interaction, tumor metastasis, and arterial/venous thrombosis in mice. Tsukiji N, Osada M, Sasaki T, Shirai T, Satoh K, Inoue O, Umetani N, Mochizuki C, Saito T, Kojima S, Shinmori H, Ozaki Y, Suzuki-Inoue K Blood Advance 2/ 17, 2214-2225 2018/09/11 10.1182/bloodadvances.2018016261.
  4. Research paper (scientific journal) Platelet-Derived TGF-β Induces Tissue Factor Expression via the Smad3 Pathway in Osteosarcoma Cells. Saito M, Ichikawa J, Ando T, Schoenecker JG, Ohba T, Koyama K, Suzuki-Inoue K, Haro H. Journal of Bone and Mineral Research American Society for Bone and Mineral Research 2018/06/27 10.1002/jbmr.3537
  5. Research paper (scientific journal) Functional characterization of recombinant snake verom rhodocytin: rhodocytin mutant blocks CLEC-2/podoplanin-dependent platelet aggregation and lung metastasis. Tomoyuki Sasaki, Toshiaki Shirai, Nagaharu Tsukiji, Shimon Otake, Shogo Tamura, Jiro Ichikawa, Makoto Osada, Kaneo Satoh, Yukio Ozaki, Katsue Suzuki-Inoue JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS International Society on Thrombosis Haemostasis 16/ 5, 960-972 2018/05 1538-7933 10.1111/jth.13987

Research presentations

  1. Oral presentation(general) Essential role of platelet-expressed C-type lectin-like receptor 2 (CLEC-2) in erythropoiesis The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2018/10/12
  2. Poster presentation GPVI依存性血小板凝集を惹起する蛇毒コンバルキシンの遺伝子組換え体の作製と機能解析 第91回日本生化学会大会 2018/09/24
  3. Symposium workshop panel(nominated) Platelets as a novel key player in organogenesis: Clec-2/podoplanin interaction regulates fetal lung development The 40th Congress of the Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 2018/06/28
  4. Oral presentation(general) 尋常性天疱瘡でステロイド治療中に発症し、リツキシマブにより寛解が得られた後天性血友病A 第40回日本血栓止血学会学術集会 2018/06/28
  5. Oral presentation(general) 脳梗塞の増悪因子であるアクロレインの抗血小板作用 第40回日本血栓止血学会学術集会 2018/06/28

Intellectual property rights

  1. Patent CLEC-2拮抗剤,血小板凝集抑制剤,抗血栓薬,及び抗転移薬,並びにポルフィリン骨格を有する化合物,及びその製造方法 PCT/JP2017/000059 2017/01/04
  2. Patent 機能抑制型の遺伝子組換えロドサイチン変異体 特願2016-94203 2016/05/09
  3. Patent 発明の名称: CLEC-2拮抗剤,血小板凝集抑制剤,抗血栓薬,及び抗転移薬,並びにポルフィリン骨格を有する化合物,及びその製造方法 特願2016-00267 2016/01/04

Prizes

  1. Utako Award Identification of the platelet activation receptor CLEC-2, its endogenous ligand podoplanin, and pathophysiological roles of their interaction. 2017/06/08 血栓止血学に多大な貢献をされた岡本彰祐先生、岡本歌子先生のご厚意により、人類の幸福に寄与しうる研究者を対象とするShosuke Award、および女性研究者を対象とするUtako Awardが開設された。その第1回受賞者。
  2. 山梨大学男女共同参画学術研究優秀賞 2017/01/19
  3. ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞 2016/11/08 さまざまな分野で将来性のある研究をしている有能な女性に対し、研究費を支援する。
  4. 臨床検査医学会学会賞(学術賞) 2010/09/10 新規血小板活性化受容体CLEC-2の同定と機能
  5. Young Investigator Award 最優秀賞 2010/08/21 新規血小板活性化受容体CLEC-2の生体内での役割:リンパ管発生と血栓の安定化

Joint research with off-campus or faculty, etc. outside of the organization

  1. 2010/04/01-2012/03/31 理化学研究所 Representative CLEC-2結合低分子化合物の探索と新規抗血小 板薬と抗転移薬の開発に向けた基礎的研究

Teaching achievements

  1. オープンキャンパスでの講演「医師の職務と生活について」 2017/08/02

Other educational achievements

  1. 2017 医学科推薦入試 面接官
  2. 2017 OSCE 内部評価者
  3. 2017 弓道部顧問
  4. 2017 スモールクラス会合 20180330
  5. 2016 弓道部顧問

Instruction results

  1. Achievement of student guidance 2017 1 特進コース学生の指導
  2. Doctoral dissertations guidance 2016 2
  3. Doctoral dissertations guidance 2015 2

Review of master's and doctoral thesis

  1. 2017 Second reader 2 1
  2. 2017 Chief examiner 1 0

Social Contribution

  1. 血小板が何かすごいことやってるらしいという話 2018/10/05 1.自己紹介 2.かさぶたを作る細胞、血小板 3.血小板CLEC-2の発見 4.血小板CLEC-2とリンパ管発生 5.血小板CLEC-2と肺発生
  2. 血液検査と血小板の意外な役割を知る~日常行われる臨床検査と最先端の血小板研究~ 2018/09/15 健康診断や病気診断、治療効果の判定に欠かせないのが検査です。講義では、主な血液検査項目の読み方と異常値が出るメカニズムを分かりやすく解説します。多くの血液検査項目のうち、最もよく使われる生化学検査(AST、ALT、LDH、γGTなど)と血球検査(赤血球数、白血球数、血小板数など)について説明します。  私たちの研究室では、血小板の研究を行っています。血小板といえば、ケガをした時にかさぶたを作って出血を止めるのに必要な細胞です。しかし、私たちの研究を含めた最近の研究で、血小板はかさぶたを作る以外にも、多くの役割を担っていることが分かってきました。例えば、お母さんのお腹の中で、赤ちゃんのリンパ管や肺がつくられるのに、血小板が必要不可欠であることは想像できますか。山梨大学から世界に発信した最新の研究成果を分かりやすく説明します。
  3. 臨床検査の実際 2018/07/26 患者さんの病気の診断、治療効果の判定のために臨床検査が行われます。この授業では、血液などの検体がどのように処理され、測定されるのか、実際に測定機器を見たり、データの説明を受けて臨床検査を理解します。
  4. 臨床検査の実際 2017/07/28 患者さんの病気の診断、治療効果の判定のために臨床検査が行われます。この授業では、血液などの検体がどのように処理され、測定されるのか、実際に測定機器を見たり、データの説明を受けて臨床検査を理解します。
  5. 臨床検査の実際 2016/07/28 患者さんの病気の診断、治療効果の判定のために臨床検査が行われます。この授業では、血液などの検体がどのように処理され、測定されるのか、実際に測定機器を見たり、データの説明を受けて臨床検査を理解します。

Memberships of academic societies

  1. 日本リンパ学会 2018/03
  2. 日本環境感染学会 2016/08/31
  3. 臨床検査専門医会 2009/01
  4. American Society of Hematology 2009/01
  5. American Society for Biochemistry and Molecular Biology 2008/01/01

Committee outside the campus

  1. 日本検査血液学会 評議員 2017/07/21
  2. 日本血栓止血学会 血小板バイオロジー部会 部会長 2017/04/01
  3. 血栓止血情報センター 血栓止血情報センター幹事 2017/04/01
  4. 山梨再生・移植研究会 世話人 2016
  5. 日本血栓止血学会 海外留学費選考委員会 2016

Medical care in hospital activities, medical support, etc.

  1. Ambulatory care 止血凝固外来 2016/04/01