山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(脳神経外科学)

助教

八木 貴

ヤギ タカシ
Yagi Takashi

経歴

  1. 山梨医科大学医員(脳神経外科学) 2001/10/01
  2. 山梨医科大学助手(解剖学第1) 2002/04/01
  3. 山梨大学助手(解剖学講座第1教室) 2002/10/01
  4. 山梨大学医員(脳神経外科学講座) 2006/10/01
  5. 山梨大学シニアレジデント(脳神経外科学講座) 2007/04/01
  6. 山梨大学助教(脳神経外科学講座) 2007/10/01
  7. 山梨大学学部内講師(脳神経外科学講座) 2015/10/01

研究分野

  1. 小脳皮質の超微形態学的研究

研究テーマ

  1. 生体内凍結技法によるラット小脳皮質の動的な微細構造の解明

著書

  1. 無症候性頚動脈狭窄 八木 貴,金丸 和也,木内 博之 - 先端医療技術研究所 2014/08/01

論文

  1. 共著 胸椎ダンベル型腫瘍の1例 八木 貴,金丸 和也,荻原 雅和,松原 寛知,松岡 弘泰,中島 博之,木内 博之 脳神経外科ジャーナル 25/ 8, 689-693 2016/08/01
  2. 共著 Cerebral hemodynamic disturbance in dural arteriovenous fistula with retrograde leptomeningeal venous drainage: a prospective study using (123)I-iodoamphetamine single photon emission computed tomography Kazuya KANEMARU,Hiroyuki KINOUCHI,Hideyuki YOSHIOKA,Takashi YAGI,Takuma WAKAI,Koji HASHIMOTO,Yuichirou FUKUMOTO,Takako UMEDA,Hiroshi ONISHI,Yoshihisa NISHIYAMA,Toru HORIKOSHI Journal of Neurosurgery 123/ 1, 110-117 2015/07/01 0022-3085
  3. Hypoglossal canal dural arteriovenous fistula embolized under precise anatomical evaluation by selective intra-arterial injection computed tomography angiography Kazuya KANEMARU,Hideyuki YOSHIOKA,Takashi YAGI,Takuma WAKAI,Koji HASHIMOTO,Yuichirou FUKUMOTO,Keiko SUZUKI,Toru TATEOKA,Hirofumi KAZAMA,Hiroyuki KINOUCHI Interventional Neuroradiology 21/ 1, 88-93 2015/02/01
  4. 脳動静脈奇形手術における術中動注蛍光血管造影法の有用性 吉岡 秀幸,金丸 和也,八木 貴,橋本 幸治,福元 雄一郎,西山 義久,堀越 徹,木内 博之 The Mt.Fuji Workshop on CVD vol.32 脳動静脈奇形に対する集学的治療 32, 65-69 2014/08/01
  5. 脳静脈血栓症を合併した特発性低髄液圧症の1例 村山 裕明,堀越 徹,仙北谷 伸朗,八木 貴,木内 博之 脳神経外科ジャーナル 23/ 7, 597-604 2014/07/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 脳動脈瘤塞栓術中の動脈瘤近傍の血栓症への対応 第32回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2016/11/25
  2. 口頭発表(一般) 瘤内コイル塞栓術にて治療した破裂前下小脳動脈瘤の1例 第32回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2016/11/24
  3. 口頭発表(一般) 虚血性神経細胞障害におけるHax-1の役割 第59回日本脳循環代謝学会学術集会 2016/11/12
  4. 口頭発表(一般) 逆行性脳表静脈流出を有する硬膜動静脈瘻の脳血流動態の検討 第59回日本脳循環代謝学会学術集会 2016/11/12
  5. 口頭発表(一般) SAFETY OF THE STEPWISE CAROTID REVASCULARIZATION FOR THE SEVERE STENOSIS OF THE ICA 10th World Stroke Congress (WSC) 2016/10/27

指導実績

  1. 付属病院研修医指導の実績 2016 5

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流