山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(脳神経外科学)

助教

八木 貴

ヤギ タカシ
Yagi Takashi

経歴

  1. 山梨医科大学医員(脳神経外科学) 2001/10/01
  2. 山梨医科大学助手(解剖学第1) 2002/04/01
  3. 山梨大学助手(解剖学講座第1教室) 2002/10/01
  4. 山梨大学医員(脳神経外科学講座) 2006/10/01
  5. 山梨大学シニアレジデント(脳神経外科学講座) 2007/04/01
  6. 山梨大学助教(脳神経外科学講座) 2007/10/01
  7. 山梨大学学部内講師(脳神経外科学講座) 2015/10/01

学位

  1. 医学博士 山梨大学 2004/12/15

研究分野

  1. 脳神経外科学 脳虚血耐性現象の脳保護効果の解明
  2. 小脳皮質の超微形態学的研究

研究キーワード

  1. 脳虚血耐性現象

研究テーマ

  1. 脳虚血耐性現象の脳保護効果の解明
  2. 生体内凍結技法によるラット小脳皮質の動的な微細構造の解明

競争的資金等の研究課題

  1. 脳虚血後移植神経幹細胞におけるエピジェネティクスの役割 科学研究費補助金 2014/04/01-2017/03/31
  2. 虚血耐性現象におけるNrf/ARE signaling pathwayの関与 科学研究費補助金 2014/04/01-2016/03/31
  3. 脳虚血および虚血耐性現象におけるミトコンドリアバイオジェネシスの意義の解明 科学研究費補助金 2012/04/01-2015/03/31
  4. 脳虚血耐性現象におけるJAK-STAT経路の関与 科学研究費補助金 2009/04/01-2010/03/31

著書

  1. 無症候性頚動脈狭窄 八木 貴,金丸 和也,木内 博之 - 先端医療技術研究所 2014/08/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Case of Ruptured Vertebrobasilar Junction Aneurysm Associated with Subclavian Steal Phenomenon. Tetsuya Okuhara, Koji Hashimoto, Kazuya Kanemaru, Hideyuki Yoshioka, Takashi Yagi, Jun-ei Obata, Kiyotaka Kugiyama, Hiroyuki Kinouchi Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases 26/ 8, e160-e164 2017/08/01 1052-3057
  2. 研究論文(学術雑誌) Efficacy of Endoscopic Fluorescein Video Angiography in Aneurysm Surgery-Novel and Innovative Assessment of Vascular Blood Flow in the Dead Angles of the Microscope. Koji Hashimoto, Hiroyuki Kinouchi, Hideyuki Yoshioka, Kazuya Kanemaru, Masakazu Ogiwara, Takashi Yagi, Takuma Wakai, Yuichiro Fukumoto Operative Neurosurgery 13/ 4, 471-481 2017/08/01 0148-396X
  3. 共著 胸椎ダンベル型腫瘍の1例 八木 貴,金丸 和也,荻原 雅和,松原 寛知,松岡 弘泰,中島 博之,木内 博之 脳神経外科ジャーナル 25/ 8, 689-693 2016/08/01
  4. 共著 Cerebral hemodynamic disturbance in dural arteriovenous fistula with retrograde leptomeningeal venous drainage: a prospective study using (123)I-iodoamphetamine single photon emission computed tomography Kazuya KANEMARU,Hiroyuki KINOUCHI,Hideyuki YOSHIOKA,Takashi YAGI,Takuma WAKAI,Koji HASHIMOTO,Yuichirou FUKUMOTO,Takako UMEDA,Hiroshi ONISHI,Yoshihisa NISHIYAMA,Toru HORIKOSHI Journal of Neurosurgery 123/ 1, 110-117 2015/07/01 0022-3085
  5. 共著 Hypoglossal canal dural arteriovenous fistula embolized under precise anatomical evaluation by selective intra-arterial injection computed tomography angiography Kazuya KANEMARU,Hideyuki YOSHIOKA,Takashi YAGI,Takuma WAKAI,Koji HASHIMOTO,Yuichirou FUKUMOTO,Keiko SUZUKI,Toru TATEOKA,Hirofumi KAZAMA,Hiroyuki KINOUCHI Interventional Neuroradiology 21/ 1, 88-93 2015/02/01 1591-0199

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) Efficacy of Intraoperative Cone Beam CT in Spinal Surgery The 9th Pan-Pacific Neurosurgery Congress 2018/01/30
  2. 口頭発表(一般) 未破裂脳動脈瘤の瘤内コイル塞栓術における虚血性合併症の検討 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017/11/24
  3. 口頭発表(一般) 脊髄動脈塞栓術における選択的血管造影の有用性 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017/11/24
  4. 口頭発表(一般) 内頚動脈前壁血豆状動脈瘤に対するラップクリッピング術における神経内視鏡の有用性 第24回日本神経内視鏡学会 2017/11/09
  5. 口頭発表(一般) 虚血性神経細胞障害におけるHAX-1の役割 第60回日本脳循環代謝学会学術集会 2017/11/04

担当授業科目

  1. チュートリアル講義 脳神経外科

その他の教育実績

  1. 2017 OSCE試験監督、学内評価および外部評価者

指導実績

  1. 附属病院研修医指導の実績 2017 7
  2. 附属病院研修医指導の実績 2016 5

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流

病院における診療活動・医療支援等

  1. 治験 ラゾセンタン(ACT-108475)第3相臨床試験 2017/04/01
  2. 高度先進医療 髄液漏出症に対するブラッドパッチ治療 2013/04/01 先進医療として申請済み(H28年4月より保険適応)の髄液漏出症に対するブラッドパッチ治療をH29年度に3例担当した。