山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(皮膚科学)

講師

猪爪 隆史

イノヅメ タカシ
Inozume Takashi

経歴

  1. 山梨医科大学研修医(皮膚科学講座) 1998/04
  2. 山梨医科大学大学院生(皮膚科学講座) 2001/04/01
  3. 山梨医科大学助手(皮膚科学講座) 2001/05/01
  4. 山梨大学助教(皮膚科学講座) 2010/04/01
  5. 山梨大学講師(皮膚科学講座) 2014/01/01

学歴

  1. 1998/03

学位

  1. 博士(医学) 2005/01

研究分野

  1. 皮膚科学 悪性黒色腫、抗腫瘍免疫学

研究キーワード

  1. 腫瘍免疫メラノーマ

研究テーマ

  1. 腫瘍浸潤リンパ球の腫瘍反応性を予測し、腫瘍特異的分画を単離するためのマーカーの同定
  2. IFNg刺激によりメラノーマ細胞に誘導される免疫抑制分子の同定
  3. メラノーマに発現される、免疫療法抵抗性に影響する因子の網羅的解析
  4. 癌免疫療法の標的として最適な免疫チェックポイントの同定、評価
  5. 新規メラノーマ特異的抗原の単離、同定 日本人に高発現するHLAに提示されるメラノーマ抗原CTLエピトープの同定

競争的資金等の研究課題

  1. 新規免疫チェックポイントの同定と阻害方法の開発 科学研究費補助金 2016/04/01-2018/03/31
  2. T cell抑制因子を阻害する新しいメラノーマ治療法の開発 科学研究費補助金 2013/04/01-2016/03/31
  3. 腫瘍微小環境でメラノーマに誘導される新規免疫抑制分子の同定 科学研究費補助金 2011/04/01-2013/03/31
  4. メラノーマとB細胞系に特異的に高発現する分子M266を用いた免疫療法の開発 科学研究費補助金 2005/05/01-2006/03/31
  5. メラノーマとB細胞系に特異的に高発現する分子M266を用いた免疫療法の開発 科学研究費補助金 2004/05/01-2005/03/31

著書

  1. 悪性黒色腫 医学書院 2018/01/01
  2. 免疫チェックポイント阻害療法と自己免疫現象 科学評論社 2017/09
  3. 免疫チェックポイント阻害剤同士の併用 科学評論社 2017/08
  4. 皮膚科領域における免疫チェックポイント阻害剤とは メディカルレビュー社 2017/06
  5. 癌免疫における共刺激分子、共抑制分子と免疫チェックポイント 猪爪 隆史,島田 眞路 - 南山堂 2015/10/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Human PBMC-transferred murine MHC class I/II-deficient NOG mice enable long-term evaluation of human immune responses. Yaguchi T, Kobayashi A, Inozume T, Morii K, Nagumo H, Nishio H, Iwata T, Ka Y, Katano I, Ito R, Ito M, Kawakami Y. Cellular & Molecular Immunology 2017/11/20 1672-7681
  2. 研究論文(学術雑誌) Case of anal adenocarcinoma in situ with pagetoid spread but without macroscopic abnormality in anal mucosa. Shimizu T, Inozume T, Takaki M, Ohnuma T, Sano S, Kawamura T, Shimada S. JOURNAL OF DERMATOLOGY 44/ 9, 1076-1077 2017/09/01 0385-2407
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Increased Soluble CD226 in Sera of Patients with Cutaneous T-Cell Lymphoma Mediates Cytotoxic Activity against Tumor Cells via CD155. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 137/ 8, 1766-1773 2017/04/01 0022-202X
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Phase 1b study of pembrolizumab (MK-3475; anti-PD-1 monoclonal antibody) in Japanese patients with advanced melanoma (KEYNOTE-041). Yamazaki N, Takenouchi T, Fujimoto M, Ihn H, Uchi H, Inozume T, Kiyohara Y, Uhara H, Nakagawa K, Furukawa H, Wada H, Noguchi K, Shimamoto T, Yokota K. CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY 79/ 4, 651-660 2017/04/01 0344-5704
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Case of metastatic uveal melanoma in which an antitumor effect appeared after ipilimumab discontinuation due to autoimmune hypophysitis. Ohnuma T, Matsuzawa T, Kinoshita M, Sano S, Kawamura T, Shimada S, Inozume T. JOURNAL OF DERMATOLOGY 44/ 11, 1325-1326 2016/11 0385-2407

研究発表

  1. 口頭発表(一般) CTLA-4 expressed by melanoma cells showed enhanced susceptibility to anti-melanoma T-cell responses The 42nd annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  2. 口頭発表(招待・特別) Identification of suitable immune checkpoints as targets for cancer immunotherapy The 42nd annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  3. 口頭発表(招待・特別) 成功例から考えるがん免疫療法の今後 第35回いのはな皮膚科セミナー 2017/11/16
  4. 口頭発表(招待・特別) 抗PD-1抗体の治療抵抗性を克服するための研究 Melanomaセミナー 2017/11/05
  5. 口頭発表(招待・特別) 右鼡径部に生じたBRAF変異陽性の悪性黒色腫の1例 第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2017/10/28

受賞

  1. 第22回山梨科学アカデミー 奨励賞 2017/05/29
  2. 平成26年度日本皮膚科学会基礎医学研究費 2014/06/01 高頻度遺伝子変異導入システムを利用したメラノーマ治療の成否を左右する重要因子のスクリーニング

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 1

社会貢献活動

  1. 読売新聞 連続市民講座 頭角を現した第4のがん治療法 -科学的根拠に基づくがん免疫療法- 2017/10/21
  2. 皮膚科の診療などについての記事記載 2011
  3. 皮膚科の診療内容について執筆 2011
  4. 帯状疱疹の啓蒙記事を執筆 2011
  5. 東日本大震災における医療救護活動 2011/05/03-2015/05/06 東日本大震災における医療救護活動を行った

所属学協会

  1. 日本がん免疫学会
  2. 日本免疫学会
  3. 日本研究皮膚科学会
  4. 日本皮膚科学会 1998/05/01

学外委員

  1. 日本皮膚科学会 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン メラノーマグループ 2017/04/01

病院における診療活動・医療支援等

  1. 外来 外来医長、メラノーマ治験主導医師 2016/04/01