山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(脳神経外科学)

顔写真
助教

吉岡 秀幸

ヨシオカ ヒデユキ
Yoshioka Hideyuki

経歴

  1. 山梨医科大学研修医(脳神経外科学) 1998/04/01
  2. 山梨大学医員(脳神経外科学講座) 2003/10/01
  3. 山梨大学シニアレジデント(脳神経外科学講座) 2007/10/01
  4. 山梨大学助教(脳神経外科学講座) 2008/04/01
  5. 山梨大学診療助教(脳神経外科学講座) 2011/04/01
  6. 山梨大学助教(脳神経外科学講座) 2012/04/01
  7. 山梨大学学部内講師(脳神経外科学講座) 2016/01/01

学位

  1. 医学士 1998/05/11
  2. 博士(医学) 山梨大学 2008/03/19

研究分野

  1. 脳神経外科学

研究キーワード

  1. 虚血、神経、再生、保護

研究テーマ

  1. 脳虚血病態の分子生物学的研究

競争的資金等の研究課題

  1. くも膜下出血後白質障害の機序の解明 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2017/04/01-2020/03/31
  2. microRNAを標的とした新たな脳虚血の病態解明と治療法の開発 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2015/04/01-2018/03/31
  3. 虚血耐性現象におけるNrf/ARE signaling pathwayの関与 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2014/04/01-2017/03/31
  4. 脳虚血後移植神経幹細胞におけるエピジェネティクスの役割 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2014/04/01-2017/03/31
  5. 脳虚血および虚血耐性現象におけるミトコンドリアバイオジェネシスの意義の解明 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2012/04/01-2015/03/31

著書

  1. 蛍光血管撮影 フルオレセイン, ICG 吉岡秀幸、木内博之 メディカ出版 2017/10/05
  2. 内頚動脈血豆状動脈瘤のラップクリップ 橋本幸治、吉岡秀幸、木内博之 三輪書店 2017/03/20
  3. 脳底動脈先端部動脈瘤:subtemporal approach 吉岡秀幸、木内博之 三輪書店 2017/03/20
  4. 内視鏡:クリッピングにおける内視鏡の有用性 若井卓馬、吉岡秀幸、木内博之 三輪書店 2017/03/20
  5. 脳底動脈瘤に対するsubtemporal approach 吉岡秀幸、木内博之 メディカ出版 2016/05/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Neuroprotective effects of microglial P2Y1 receptors against ischemic neuronal injury. Fukumoto Y, Tanaka K, Parajuli B, Shibata K, Yoshioka H, Kanemaru K, Gachet C, Ikenaka K, Koizumi S, Kinouchi H Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism 2018/10/18 0271-678X
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Embolization of a peripheral cerebral aneurysm associated with intracranial major artery occlusion through a transdural anastomotic artery: Case report. Norito Fukuda, Kazuya Kanemaru, Koji Hashimoto, Hideyuki Yoshioka, Nobuo Senbokuya, Takashi Yagi, Hiroyuki Kinouchi Interventional Neuroradiology 2018/09/19 1591-0199
  3. 研究論文(学術雑誌) 瘤内コイル塞栓術にて治療した破裂前下小脳動脈近位部動脈瘤の1例 橋本幸治、金丸和也、吉岡秀幸、八木貴、木内博之 脳血管内治療 3/ 1, 29-34 2017/12/22
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Case of Ruptured Vertebrobasilar Junction Aneurysm Associated with Subclavian Steal Phenomenon. Tetsuya Okuhara, Koji Hashimoto, Kazuya Kanemaru, Hideyuki Yoshioka, Takashi Yagi, Jun-ei Obata, Kiyotaka Kugiyama, Hiroyuki Kinouchi Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases 26/ 8, e160-e164 2017/08/01 1052-3057
  5. 研究論文(学術雑誌) Efficacy of Endoscopic Fluorescein Video Angiography in Aneurysm Surgery-Novel and Innovative Assessment of Vascular Blood Flow in the Dead Angles of the Microscope. Koji Hashimoto, Hiroyuki Kinouchi, Hideyuki Yoshioka, Kazuya Kanemaru, Masakazu Ogiwara, Takashi Yagi, Takuma Wakai, Yuichiro Fukumoto Operative Neurosurgery 13/ 4, 471-481 2017/08/01 0148-396X

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 当院の脳卒中治療の現状 第28回山梨脳卒中研究会 2019/02/20
  2. 口頭発表(一般) ケイセントラを用いて安全に緊急手術を行えた脳内出血の2例 山梨アンチ・抗凝固療法カンファレンス 2019/01/18
  3. 口頭発表(一般) A Pediatric Case of Bow Hunter’s Syndrome with Vertebral Artery Dissection Brainstorm on Brainstem 2019 2019/01/11
  4. 口頭発表(一般) A Surgical Case of Cavernous Malformation in the Ventrolateral Medulla Oblongata Brainstorm on Brainstem 2019 2019/01/11
  5. 口頭発表(一般) 硬膜動静脈瘻による静脈鬱滞の定量的評価における123I-iomazenil SPECTの有用性 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2018/11/24

受賞

  1. 第15回日本分子脳神経外科学会 学会賞 2014/09/26 The Role of PARL and HtrA2 in Striatal Neuronal Injury after Transient Global Cerebral Ischemia
  2. 脳神経外科ビデオ優秀演題賞 2014/01/18 内視鏡下フルオレセイン蛍光血管造影法の有用性