山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学2)

助教

齊藤 幸生

サイトウ ユキオ
Saito Yukio

経歴

  1. 山梨医科大学研修医(内科学第2) 1999/04/30
  2. 加納岩病院内科 2000/05/01
  3. 山梨医科大学研究生(内科学第2) 2000/05/01
  4. 市立甲府病院 循環器内科 2001/05/01
  5. 茅ヶ崎市立病院 循環器内科 2002/05/01
  6. 山梨大学研究生(内科学講座第2教室) 2002/10/01
  7. 山梨大学医員(内科学講座第2教室) 2004/04/01
  8. 山梨大学医員(内科学講座第2教室) 2008/04/01
  9. 山梨大学助教(内科学講座第2教室) 2009/04/01
  10. 山梨大学助教(内科学講座第2教室) 2009/04/01

学歴

  1. 1993/04/01
  2. 1999/03/25
  3. 山梨大学 2004/04/07
  4. 山梨大学 2008/03/25

学位

  1. 山梨大学 2009/05/27

研究分野

  1. 循環器内科学 虚血性心疾患

研究テーマ

  1. レムナントリポタンパク質の心血管疾患、特に虚血性心疾患に対する影響
  2. OCTによる冠動脈ステント留置後血栓と血小板機能
  3. フォスフォリパーゼA2の心血管疾患への関与

論文

  1. Echolucent Carotid Plaque is Associated with Future Renal Dysfunction in Patients with Stable Coronary Artery Disease. Tetsuji MOCHIDA,Takamitsu NAKAMURA,Kazuto NAKAMURA,Daisuke FUJIOKA,Yukio SAITO,Junei OBATA,Yosuke WATANABE,Kenichi KAWABATA,Kiyotaka KUGIYAMA Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 22/ 7, 685-696 2015/06/01
  2. The combined assessment of flow-mediated dilation of the brachial artery and brachial-ankle pulse wave velocity improves the prediction of future coronary events in patients with chronic coronary artery disease. Wataru SUGAMATA,Takamitsu NAKAMURA,Manabu UEMATSU,Yoshinobu KITTA,Daisuke FUJIOKA,Yukio SAITO,Kenichi KAWABATA,Junei OBATA,Yosuke WATANABE,Kazuhiro WATANABE,Kiyotaka KUGIYAMA Journal of Cardiology 64/ 3, 179-184 2014/09/01
  3. Echolucency of Carotid Plaque Is Useful for Assessment of Residual Cardiovascular Risk in Patients With Chronic Coronary Artery Disease Who Achieve LDL-C Goals on Statin Therapy. Manabu UEMATSU,Takamitsu NAKAMURA,Wataru SUGAMATA,Yoshinobu KITTA,Daisuke FUJIOKA,Yukio SAITO,Kenichi KAWABATA,Junei OBATA,Yosuke WATANABE,Kazuhiro WATANABE,Kiyotaka KUGIYAMA Circulation journal 78/ 1, 151-158 2014/01/01
  4. Insulin resistance negatively affects long-term outcome in non-diabetic patients with coronary artery disease after therapies to reduce atherosclerotic risk factors. Yoshinobu KITTA,Manabu UEMATSU,Wataru SUGAMATA,Juntaro DEYAMA,Daisuke FUJIOKA,Yukio SAITO,Kenichi KAWABATA,Junei OBATA,Kiyotaka KUGIYAMA Journal of Cardiology 62/ 6, 348-353 2013/12/01
  5. In-stent restenosis is inhibited in a bare metal stent implanted distal to a sirolimus-eluting stent to treat a long de novo coronary lesion with small distal vessel diameter. Junei OBATA,Takamitsu NAKAMURA,Yoshinobu KITTA,Yukio SAITO,Keita SANO,Daisuke FUJIOKA,Kenichi KAWABATA,Kiyotaka KUGIYAMA Catheterization and Cardiovascular Interventions 82/ 6, E777-787 2013/11/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ペースメーカ植え込み後、左腕頭静脈閉塞と左鎖骨下動静脈シャントの合併により生じた左上肢浮腫に対してEVTを施行した一例 第25回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 2016/07/09
  2. 口頭発表(一般) NSEが抜去困難となった前下行枝対角枝分岐部病変の一例 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 2016/05/07
  3. 口頭発表(一般) 左Valsalvaの限局解離に起因する左冠動脈主管部急性心筋梗塞の一例 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 2016/05/07
  4. 口頭発表(一般) 診断に難渋した線維筋性異型成による腎血管性高血圧の一例 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 2016/05/07
  5. 口頭発表(一般) Myocardial Production of Plasminogen Activator Inhibitor-1 was Associated with Coronary Endothelial and Ventricular Dysfunction after Acute Myocardial Infarction The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 2016/03/18

受賞

  1. 日本心臓病学会総会 ポスター発表優秀賞 2013/09/20

所属学協会

  1. 日本心血管インターベンション学会
  2. 日本内科学会
  3. 日本循環器学会
  4. 高血圧学会 2014/06
  5. 日本不整脈学会 2011/03