山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
附属病院(新生児集中治療部)

助教

赤羽 弘資

アカハネ コウシ
Akahane Koshi
  • 1976年生まれ

プロフィール

  1. 私は2002年から山梨大学小児科で小児血液腫瘍性疾患の臨床にあたる一方で、以下のテーマで白血病の分子生物学的病態や新規治療法の開発に関する研究を進めてきました。(1) T細胞型急性リンパ性白血病(T-ALL)細胞の細胞障害因子TRAILに対する耐性機序を解明した(Akahane K, et al: Exp Hematol 38:885-895, 2010)。(2) ALLにおいて予後不良と関連する転座由来の融合転写因子が、骨髄球系抗原であるCD33の発現を誘導する機序を解明した(Akahane K, et al: Leukemia 24:865-869, 2010)。(3) 2012年7月から3年6か月間、米国Dana Farber癌研究所のAT Look博士の研究室で、T-ALLに対する新たな分子標的療法の開発の仕事に従事した。その中で、分子シャペロン蛋白であるHSP90の薬理的阻害がチロシンキナーゼTYK2の分解を介してT-ALLの細胞死を誘導することを発見した(Akahane K, et al: Leukemia 30:219-228, 2016)。また、米国Nimbus Therapeutics社との共同研究で、TYK2選択的阻害剤であるNDI-031301がT-ALLに対して殺細胞効果を発揮することを発見した(Akahane K, et al: Br J Haematol 177:271-282, 2017)。2016年1月に山梨大学小児科に帰局し、難治性白血病に対する新規治療法の開発をテーマに研究活動を継続しています。

経歴

  1. 山梨医科大学小児科学講座 研修医 2000/05/08-2001/03/31
  2. 山梨大学医学部小児科学講座 大学院生 2002/04/01-2006/03/31
  3. 山梨大学医学部小児科学講座 研修登録医 2006/04/01-2009/03/31
  4. 山梨大学医学部小児科学講座 助教 2009/04/01-2012/06/30
  5. 米国Dana-Farber癌研究所 Department of Pediatric Oncology Research Fellow 2012/07/01-2015/12/31
  6. 山梨大学医学部小児科学講座 助教 2016/01/01

学歴

  1. 山梨医科大学 医学部 医学科 2000/03/24 卒業 日本
  2. 山梨医科大学 医学系研究科 生化学専攻 博士 2006/03/24 卒業 日本

学位

  1. 博士(医学) 山梨医科大学 2006/03/24

研究分野

  1. 小児科学 小児血液学および小児腫瘍学

研究キーワード

  1. 急性リンパ性白血病
  2. 薬剤感受性

研究テーマ

  1. TP53変異がB前駆細胞型急性リンパ性白血病の抗がん剤耐性に与える影響の解析
  2. 細胞株のゲノムワイド関連解析(GWAS)を用いた難治性白血病の抗がん剤耐性メカニズムの解析

著書

  1. 【特集 造血器腫瘍における治療抵抗性の分子機構】 急性リンパ性白血病の薬剤耐性機序 赤羽弘資、犬飼岳史 科学評論社 2018/09/28
  2. 【特集 血液疾患、診断と治療のtrends & topics】 急性リンパ性白血病 赤羽弘資、犬飼岳史 MEDICAL VIEW 2017/06/10
  3. 【小児固形がんの最新のトピックス】 細胞生物学領域の進歩 赤羽弘資、犬飼岳史 東京医学社 2016/11/25
  4. TLX1の過剰発現によるT-ALLの発症機序 -白血化機序の解明におけるトランスジェニックマウスの応用の新たな可能性- 赤羽弘資 科学評論社 2011/10/28

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 T315I mutation of BCR-ABL1 into human Philadelphia chromosome-positive leukemia cell lines by homologous recombination using the CRISPR/Cas9 system Tamai M, Inukai T, Kojika S, Abe M, Kagami K, Harama D, Shinohara T, Watanabe A, Oshiro H, Akahane K, Goi K, Sugihara E, Nakada S and Sugita K Sci Rep 8/ 1, 9966 2018/07/04 2045-2322 10.1038/s41598-018-27767-6
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Clofarabine exerts antileukemic activity against cytarabine-resistant B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia with low deoxycytidine kinase expression Huang M, Inukai T, Miyake K, Tanaka Y, Kagami K, Abe M, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Sugihara E, Watanabe A, Somazu S, Shinohara T, Oshiro H, Akahane K, Goi K and Sugita K. Cancer Med 7/ 4, 1297-1316 2018/02/24 2045-7634 10.1002/cam4.1323
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Anti-leukemic activity of bortezomib and carfilzomib on B-cell precursor ALL cell lines Takahashi K, Inukai T, Imamura T, Yano M, Tomoyasu C, Lucas DM, Nemoto A, Sato H, Huang M, Abe M, Kagami K, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Akahane K, Goi K, Kikuchi J, Furukawa Y, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S and Sugita K. PLoS One 12/ 12, e0188680 2017/12/14 1932-6203 10.1371/journal.pone.0188680
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Autologous Stem Cell Rescue for Graft Failure of Second Allogeneic Stem Cell Transplant After Engraftment of Primary Allogeneic Transplant Watanabe A, Inukai T, Akahane K, Somazu S, Oshiro H, Goi K, Koizumi K, Harii N, Matsuda K and Sugita K Experimental and Clinical Transplantation 2017/08/02 1304-0855 10.6002/ect.2016.0315
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Anti-leukemic activity of the TYK2 selective inhibitor NDI-031301 in T-cell acute lymphoblastic leukemia Akahane K, Li Z, Etchin J, Berezovskaya A, Gjini E, Masse CE, Miao W, Rocnik J, Kapeller R, Greenwood JR, Tiv H, Sanda T, Weinstock DM and Look AT BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY 177/ 2, 271-282 2017/03/16 0007-1048 10.1111/bjh.14563

研究発表

  1. 口頭発表(一般) T-ALL細胞株におけるL-asparaginase感受性とASNS 遺伝子メチル化状態との関連性 第57回日本小児血液・がん学会 2018/11/14
  2. ポスター発表 臍帯血移植後の生着不全に対して緊急的にHLA不適合の両親から移植を施行した若年性骨髄単球性白血病の2例 第40回日本造血細胞移植学会 2018/02
  3. 口頭発表(一般) 非血縁者間骨髄移植後にドナータイプの造血を確認したが血小板輸血依存が持続した再生不良性貧血の1例 第7回日本血液学会関東甲信越地方会 2017/07
  4. ポスター発表 Anti-leukemic Activity of the TYK2 selective inhibitor NDI-031301 in T-cell Acute Lymphoblastic Leukemia 58th American Society of Hematology 2016/12
  5. 口頭発表(一般) Activity of the TYK2 selective inhibitor NDI-031301 in T-cell Acute Lymphoblastic Leukemia 第78回日本血液学会 2016/10

担当授業科目

  1. 貧血(小児)

所属学協会

  1. 日本造血細胞移植学会
  2. 日本小児・血液がん学会
  3. 日本血液学会
  4. 日本小児科学会