山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学3)

助教

滝澤 壮一

タキザワ ソウイチ
Takizawa Soichi

経歴

  1. 山梨医科大学研修医(内科学第3) 2002/05/16
  2. 山梨大学研修医(内科学講座第3教室) 2002/10/01
  3. 山梨大学大学院生(内科学講座第3教室) 2004/04/01
  4. 山梨大学医員(内科学講座第3教室) 2007/04/01
  5. 山梨大学特任助教(環境内科学) 2012/04/01
  6. 山梨大学医員(内科学講座第3教室) 2013/04/01
  7. 山梨大学助教(内科学講座第3教室) 2013/10/01

学位

  1. 博士(医学) 2008/03/19

研究分野

  1. 代謝学

競争的資金等の研究課題

  1. 自己免疫性膵炎と劇症1型糖尿病の新規自己抗体の発見と測定系の確立 科学研究費補助金 2011/04/01-2012/03/31
  2. 肝糖代謝の新規調節メカニズムに基づいた創薬基盤の開発 科学研究費補助金 2016/04/01-2018/03/31
  3. 肝臓特異的プロスタシン過剰発現による糖尿病発症抑制メカニズムの解明 奨学寄附金 2017/04/01-2018/03/31

論文

  1. (MISC)研究論文 共著 The ligand-bound thyroid hormone receptor in macrophages ameliorates kidney injury via inhibition of nuclear factor-κB activities. Scientific Reports 8/ 7, 43960 2017/03/08 2045-2322
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Measurement of soluble C-type lectin-like receptor 2 in human plasma. Fuminori KAZAMA,Nakamura J,Makoto OSADA,Osamu INOUE,Oosawa M,Shogo TAMURA,Nagaharu TSUKIJI,Kaoru Aida,Akio Kawaguchi,Souichi Takizawa,Masahiro Kaneshige,Shoichiro Tanaka,Katsue SUZUKI-INOUE,Yukio OZAKI PLATELETS 26/ 8, 711-719 2015/08/01 0953-7104
  3. Distinct Cell Clusters Touching Islet Cells Induce Islet Cell Replication in Association with Over-Expression of Regenerating Gene (REG) Protein in Fulminant Type 1 Diabetes Kaoru Aida,Sei SAITOH,Yoriko NISHIDA,Sadanori YOKOTA,Shinichi OHNO,Xiayang MAO,Daiichiro AKIYAMA,Shoichiro TANAKA,Takuya AWATA,Akira SHIMADA,Youichi OIKAWA,Hiroki SHIMURA,Fumihiko FURUYA,Soichi TAKIZAWA,Masashi ICHIJO,Sayaka ICHIJO,Jun ITAKURA,Hideki FUJII,Akinori HASHIGUCHI,Shin TAKASAWA,Toyoshi ENDO,Tetsuro KOBAYASHI PLOS ONE 9/ 4, e95110 2014/04/01
  4. RIG-I- and MDA5-Initiated Innate Immunity Linked With Adaptove Immunity Accelerates β-Cell Death in Fulminant Type 1 Diabetes. Kaoru AIDA,Yoriko NISHIDA,Shoichiro TANAKA,Taro MARUYAMA,Akira SHIMADA,Takuya Awata,Masako SUZUKI,Hiroki SHIMURA,Souichi Takizawa,Masashi Ichizyo,Daiichirou AKIYAMA,Fumihiko FURUYA,Akio Kawaguchi,Masahiro KANESHIGE,Jun ITAKURA,Hideki FUJII,Toyoshi ENDO,Tetsuro KOBAYASHI Diabetes 60/ 3, 884-889 2011/03/01
  5. Enterovirus Infection, CXC Chemokine Ligand 10 (CXCL10), and CXCR3 Circuit -A Mechanism of Accelerated Beta-Cell Failure in Fulminant Type 1 Diabetes-. Shoichiro TANAKA,Yoriko NISHIDA,Kaoru AIDA,Taro MARUYAMA,Akira SHIMADA,Masako SUZUKI,Hiroki SHIMURA,Souichi Takizawa,Masashi TAKAHASHI,Daiichirou AKIYAMA,Sayaka ARAI-YAMASHITA,Fumihiko FURUYA,Akio Kawaguchi,Masahiro KANESHIGE,Ryohei KATOH,Toyoshi ENDO,Tetsuro KOBAYASHI Diabetes 58/ 10, 2285-2291 2009/10/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 腹腔鏡下スリーブ・バイパス手術が有効であった中等度肥満2型糖尿病の一例 第52回 日本糖尿病学会 関東甲信越地方会 2015/01/24
  2. 口頭発表(一般) 心不全と糖尿病による入院で発見され手術治療で著明な耐糖能改善をみた先端巨大症の1例 第51回日本糖尿病学会 関東甲信越地方会 2014/01/18
  3. 口頭発表(一般) 劇症1型糖尿病患者の咽頭ぬぐい液から単純ヘルペスウイルスが検出された1例 第51回日本糖尿病学会 関東甲信越地方会 2014/01/18
  4. 口頭発表(一般) 膵β細胞における小胞体ストレスは,IFN-γ産生を介してアポトーシスを誘導する 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 2013/05/17
  5. 口頭発表(一般) 自己免疫性膵炎を合併した抗IA-2抗体単独陽性の緩徐進行1型糖尿病の1例 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 2013/05/16

知的財産権

  1. 特許 自己免疫性膵炎及び劇症1型糖尿病の検査方法及び検査試薬(Heat shock protein 10) P-C80805 2008
  2. 特許 24. 自己免疫性膵炎及び劇症1型糖尿病の検査方法及び検査試薬(ヒトアミラーゼα2-A) P-C70307 2007

担当授業科目

  1. 糖尿病の分類と成因、病態生理
  2. 二次性糖尿病と特殊な糖尿病
  3. 糖尿病の治療(食事・運動療法、内服薬、インスリン)

所属学協会

  1. 日本内分泌学会 2002/06
  2. 日本糖尿病学会 2002/06
  3. 日本内科学会 2002/06

病院における診療活動・医療支援等

  1. 外来 糖尿病・内分泌外来 2010/04/01
  2. 入院 第3内科 2002/05/01-2014/03/31