山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(皮膚科学)

助教

小川 陽一

オガワ ヨウイチ
Ogawa Yoichi

経歴

  1. 山梨医科大学研修医(皮膚科学講座) 2002/05/01
  2. 山梨大学大学院生(皮膚科学講座) 2004/04/01
  3. 山梨大学医員(皮膚科学講座) 2004/04/01
  4. 山梨大学助教(皮膚科学講座) 2007/02/01

学歴

  1. 2002/03
  2. 山梨大学 2009/03/31

学位

  1. 博士(医学) 2009/03/03

研究分野

  1. 皮膚科学

研究テーマ

  1. 皮膚免疫、HIV感染症

競争的資金等の研究課題

  1. ヒスタミン受容体のHIV感染への関与 科学研究費補助金 2017/04/01-2019/03/31
  2. 致死性薬疹の発症・増悪因子としての抗菌ペプチドLL-37の役割 他の外部資金 ノバルティス ファーマ研究助成 2017 2017/04/01-2018/03/31
  3. Herpes simplex virus感染におけるOX40シグナルの役割 他の外部資金 GSKジャパン研究助成 2016/04/01-2018/03/31
  4. ヒト化マウスを用いた皮膚炎におけるICOSシグナルの役割 科学研究費補助金 2015/04/01-2017/03/31
  5. 挑戦的萌芽研究 科学研究費補助金 2010/04/01-2012/03/31

著書

  1. 第6章 T細胞に対する抗原提示と主要組織適合遺伝子複合体分子の機能 ELSEVIER 2018/03/20
  2. ランゲルハンス細胞とHIV メディカルレビュー社 2017/11/30

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Zinc and Skin Disorders. Nutrients 2018/02/11 2072-6643
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Differential Day-Night Outcome to HSV-2 Cutaneous Infection. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 2017/09/24 0022-202X
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Immunological function of Langerhans cells in HIV infection. JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE 2017/05/23 0923-1811
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Efficacy of topical tacrolimus for treating Kyrle's disease. JOURNAL OF DERMATOLOGY 2017/04/18 0385-2407
  5. Case of disseminated molluscum contagiosum caused by ruxolitinib,a Janus kinase 1 and 2 inhibitor. Manao Kinoshita,Youichi Ogawa,Tatsuyoshi Kawamura,Kirito K,Shinji Shimada Journal of dermatology 43/ 11, 1387-1388 2016/11/01 0385-2407

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Loss of Langerhans cell in scar lesion of lichen planopilaris is caused by downregulation of integrin αvβ6 in the epidermal keratinocytes 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  2. 口頭発表(一般) ATP from human keratinosytes by mechanical stretching is of one of the causes of Koebner phenomenon 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  3. 口頭発表(一般) The role of purinergic signalingin deveropment of irritant dermatitis of acrodermatitis enteropathica 42nd Anual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2017/12/15
  4. 口頭発表(一般) 抗Ku抗体陽性皮膚筋炎の1例 第47回日本皮膚科アレルギー・接触皮膚炎学術大会 2017/12/08
  5. 口頭発表(一般) Indeterminate cell histiocytosisの1例 第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会 2017/11/19

受賞

  1. 第15回ガルデルマ賞 2014/12/12
  2. 研究特別奨励賞 2010/06/25
  3. SID/JSID Young Fellow Collegiality Awards 2010/05/07
  4. 10th KUMAMOTO AIDS Seminar -GCOE Joint International Symposium : Travel Award 2009/09/28 Production of LL-37 during herpes simplex virus types 2 infection in human keratinocytes enhances HIV susceptibility in Langerhans cells
  5. The 10th International symposium on Dendritic Cells : Poster Award 2008/10/05 TLR2 activation increases HIV susceptibility and augments viral replication in Langerhans cells, but not in dermal type dendritic cells.

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2008/04/01 熊本大学微生物教室 代表 性行為HIV感染におけるToll-like receptorの役割 single-round HIVの作成を依頼した

社会貢献活動

  1. 膠原病の皮膚症状 2017/09/03-2017/09/03
  2. 新規HIV感染を減少させるための戦略 2017/06/03-2017/06/03

所属学協会

  1. 日本研究皮膚科学会
  2. 日本皮膚科学会 2002/01

病院における診療活動・医療支援等

  1. その他 リウマチ膠原病センター 2016/10/01 分担 チーム
  2. 自己臨床研究 新規足圧計を用いた陥入爪発生機序の検討 2015/11/11 代表