山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(精神神経・臨床倫理学)

助教

安田 和幸

ヤスダ カズユキ
Yasuda Kazuyuki

経歴

  1. 山梨医科大学研修医(精神神経医学) 2002/05
  2. 山梨大学医員(精神神経医学講座) 2004/04/01
  3. 山梨大学助教(精神神経医学講座) 2007/04/01

研究分野

  1. 精神神経科学

研究キーワード

  1. 電気けいれん療法
  2. リエゾン精神医学

研究テーマ

  1. 電気けいれん療法の有効性・作用機序・有害事象

著書

  1. 身体療法 安田和幸 医学書院 2016/09/01 978-4-260-02799-1
  2. 電気けいれん療法 安田 和幸 - 星和書店 2014/11/01
  3. modified ECT 本橋 伸高,安田 和幸 - 先端医学社 2007/08/01

論文

  1. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 日本人の発作閾値と適正な刺激用量 安田和幸 精神科治療学 31/ 12, 1571-1575 2016/12/01
  2. Seizure threshold and the half-age method in bilateral electroconvulsive therapy in Japanese patients Yasuda Kazuyuki,Kobayashi Kaoru,Yamaguchi Masayasu,Tanaka Koichi,Fujii Tomokazu,Kitahara Yuichi,Tamaoki Toshio,Matsushita Yutaka,Nunomura Akihiko,Motohashi Nobutaka Psychiatry and Clinical Neurosciences 69/ 1, 49-54 2015/06/01
  3. 統合失調症治療におけるECTのガイドライン作成とその検証 本橋 伸高,野田 隆正,新井 薫,安田 和幸,小林 薫 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「統合失調症治療のガイドラインの作成とその検証に関する研究」総括研 91-94 2009/03/01
  4. 高齢者のうつ病とECT 安田 和幸,本橋 伸高 老年精神医学雑誌 19/ 4, 437-442 2008/04/01
  5. 治療抵抗性うつ病に対する治療システム構築のための研究:電気けいれん療法と磁気刺激療法 本橋 伸高,安田 和幸,黒田 裕子,小林 薫,北原 裕一,藤井 友和,平田 卓志,上村 拓治,玉置 寿男,松下 裕,篠原 学,塩江 邦彦,西川 徹 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「気分障害の治療システムの開発と検証に関する研究」総括研究報告書 113-117 2008/03/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 山梨大学医学部附属病院における電気けいれん療法 LCP(Lecture of Clinical Psychiatry) in 山梨 2018/02/16
  2. 口頭発表(一般) うつ病における 電気けいれん療法の周術期管理と 薬物療法 ~精神科医の視点から~ 山梨県周術期管理研究会 2017/06/24
  3. 口頭発表(一般) 電気けいれん療法における高用量パルス波治療器の有用性の検討 第110回日本精神神経学会学術総会 2014/06/27
  4. 口頭発表(招待・特別) ECT前後の使用薬について 2014/06/07
  5. 口頭発表(一般) 右片側性電気けいれん療法の刺激量と抗うつ効果・認知障害との関連 第24回日本総合病院精神医学会総会 2011/11/25

所属学協会

  1. 日本認知症学会 2011/05
  2. 日本老年精神医学会 2010/03
  3. 日本総合病院精神医学会 2008/06
  4. International Society for ECT and Neurostimulation 2008/06
  5. 日本臨床精神神経薬理学会 2005/11/01