山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
看護学系(基礎・臨床看護学)

顔写真
教授

浅川 和美

アサカワ カズミ
Asakawa Kazumi

経歴

  1. 諏訪赤十字病院 1978/04/01
  2. 帝京山梨看護専門学校 専任教員 1986/04/01
  3. 山梨医科大学医学部看護学科助手 1996/04/01
  4. 山梨県立看護大学短期大学部講師 1998/04/01
  5. 山梨大学大学院生(社会医学) 2003/04/01
  6. 茨城県立医療大学保健医療学部看護学科助教授 2004/04/01
  7. 茨城県立医療大学保健医療学部看護学科教授 2007/04/01
  8. 長野県看護大学教授 2009/04/01
  9. 山梨大学大学院医学工学総合研究部教授 2010/04/01

学歴

  1. 山梨大学 教育学研究科 修士 2001/03/31 修了
  2. 山梨大学 医学工学総合研究部 人間環境医工学専攻 生体環境コース 修士 2006/09/30 修了

学位

  1. 博士(医科学) 山梨大学 2008/09/30

研究分野

  1. 生活科学一般 子どもの生活リズムと健康問題
  2. 基礎看護学 基礎看護技術教育に関すること 基礎看護技術の効果の検証

研究キーワード

  1. 看護技術
  2. 看護教育
  3. 看護技術の効果

研究テーマ

  1. 看護技術のエビデンス 基礎看護技術教育 子どもの生活と健康支援 骨粗鬆症予防活動
  2. 基礎看護技術教育
  3. 子どもの生活と健康支援
  4. 骨粗鬆症予防活動

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 看護学生の気管内吸引の技術習得における演示学習の効果 西山佐知子,内田一美,山田章子,浅川和美 日本看護科学学会誌 36, 172-178 2017/03
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 上方移動の援助を受ける場合の一人介助と2人介助によるずれ力とずれ感の違い 長田和子,浅川和美,佃 ひとみ 他 山梨大学看護学会誌 港北出版 15/ 1, 1-6 2016/10
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 就職後半年を経過した新卒看護師の職業継続意思と他者支援との関連 長田和子,浅川和美,佃 ひとみ 他 山梨大学看護学会誌 港北出版印刷 15/ 1, 1-6 2016/09/30
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 幼児の生活習慣に基づいた生活リズム向上戦略の展開―生活リズム向上支援を目的とした生活習慣調査の効果- 前橋 明,泉 修生,浅川和美,佐野裕子,松尾瑞穂 食育学研究 8/ 2, 35-44 2015/06
  5. 看護師がハラスメントと感じた患者・家族からの暴力の内容と精神面や仕事への影響 井上貴美,佐藤あけみ,古屋塩美,斉藤幸美,浅川和美 山梨大学看護学会誌 13/ 2, 9-15 2015/03/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 点滴静脈内注射技術トレーニングルーム利用希望者の技術学習に対する認識―卒業後1・2年目の看護師への調査― 山梨大学看護学会 第17回学術集会 2016/11/05
  2. 口頭発表(一般) Time, Pkace and kind ofoutdoor play young children in Izumo city Japan 9th. the Asian Sosiety of Physical Education of Young Children in Osaka Symposium & Workshop Program 2013/08/29
  3. その他 A LOT OF NURSE FELT MENTAL AND PHYSICAL DAMAGE IN REAL WORLD OF HARASSMENT FROM PATIENT OR THEIR FAMILY 2013/05/22
  4. 口頭発表(一般) Nursing Care Activity in the Stricken Area after the Grate Earthquake and Tsunami in East Japan 2013/05/20
  5. その他 患者家族からのハラスメントによる精神面や仕事への影響 日本看護科学学会誌 2012/11/30

受賞

  1. 中永征太郎 賞 2009/09/06
  2. 浜田精一 賞 2004/03/28

教育実績

  1. 静岡県の高校生対象の進路説明会 2012/06/12 看護学科への進学を希望する高校生とその保護者への説明と質問への対応

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2016 5 1
  2. 博士学位論文指導 2016 4
  3. 学部卒業論文指導 2016 1
  4. 修士学位論文指導 2015 5 1
  5. 論文博士取得研究指導 2015 1 1

修士・博士論文審査

  1. 2015 副査 2 1
  2. 2014 主査 2 2
  3. 2012 副査 2 0 1 0 0 0
  4. 2012 主査 2 0 1 0 0 0
  5. 2011 副査 1 1

外部発表指導の実績

  1. 2012 6 60 1 10 0 0 0 0

社会貢献活動

  1. 出前講義「生活リズムと健康」 2016/06/03-2016/06/03
  2. 出前講義  2015/11/06-2015/11/06 講義テーマ:生活リズムと健康について 進路学習の一環として、大学での授業を高校生向けに講義する その分野を目指す高校生に身につけておくべき知識・学習とうを伝える
  3. 出前講義 「食事・活動・睡眠のリズムと健康」 2015/10/26-2015/10/26 学校保健委員会の学習会で、睡眠と学習効率との関係について、わかりやすく伝える
  4. 出前講義 生活リズムと健康 2014/07/01-2014/07/01 テーマ「生活リズムと健康」  睡眠・食事・運動が心身の健康に及ぼす影響と、生活リズムを整えることによって、学業へも影響することを理解し、高校生が自己の健康管理意識を高め、生活と健康について考え行動化できることを目指した。

国際交流・国際貢献

  1. 2010 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 香港日本人クラブ主催による、子ども支援活動に参加 講話「子どもの生活と健康」発表 のべ4日間、香港在住の日本人親子への、健康指導、親子体操指導、等の活動を行った。

所属学協会

  1. 日本看護学教育学会 2012/06
  2. 日本食育学術会議 2007/05
  3. 日本幼児体育学会 2006/05
  4. 日本看護研究学会 2000/05
  5. 日本看護科学学会 1996/05

学外委員

  1. 日本食育学術会議 理事、紀要編集委員長 2016-2018
  2. 日本幼児体育学会 理事、紀要編集委員長 2016/01-2019/12
  3. 日本看護科学学会 代議員(社員) 2015/02-2019/02
  4. 日本食育学術会議  理事 2005/05
  5. 日本幼児体育学会 理事・紀要編集委員 2005/05-2013