山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(整形外科学)

助教

大場 哲郎

オオバ テツロウ
Ooba Tetsuro

経歴

  1. 山梨大学大学院生(整形外科学講座) 2003/04/01
  2. 山梨大学助教(整形外科学講座) 2016/04/01
  3. 山梨大学助教(リハビリテーション部)

学位

  1. 医学博士 山梨大学附属病院大学院

競争的資金等の研究課題

  1. 骨肉腫の新規治療法の開発 奨学寄附金 上原記念財団 研究奨励金 2018-2019
  2. マスト細胞を標的とした新規腰痛治療方法の確立 科学研究費補助金 若手研究(B) 2017-2018

著書

  1. 骨粗鬆症性脊椎骨折に対する手術療法の術後生存率と生命予後因子 大場 哲郎 江幡 重人 波呂 浩孝 2017
  2. 椎間板の炎症と再生 大場 哲郎 若生 政憲 小山 賢介 波呂 浩孝 金原出版 2017/03/01

論文

  1. 共著 Application of neurite orientation dispersion and density imaging or diffusion tensor imaging to quantify the severity of cervical spondylotic myelopathy and assess postoperative neurological recovery. Okita G Ohba T Takamura T Ebata S Ueda R Onishi H Haro H Hori M Spine Journal 18/ 2, 268-275 2018/02/01 1529-9430
  2. 共著 Influence of Postoperative Hypertension on the Development of Spinal Epidural Hematoma. Ohba T Ebata S Haro H Orthopaedic Surgery 9/ 4, 386-390 2017/11/01 1757-7853
  3. 共著 側方椎体間固定術を併用した成人脊柱変形矯正固定術後の前縦靭帯損傷に対する術前リスク評価と骨癒合 辰野 力人 江幡 重人 大場 哲郎 波呂 浩孝 Journal of Spine Research 8/ 10, 1640-1645 2017/10/01
  4. 共著 Low-Intensity Pulsed Ultrasound and Halo Immobilization Is an Effective Treatment for Nonunion Following Traumatic Spondylolisthesis of the Axis. Oda K Ohba T Ebata S Haro H J Neurol Surg Rep. 78/ 4, e119-e122 2017/10/01
  5. 共著 Comparison of serum markers for muscle damage, surgical blood loss, postoperative recovery, and surgical site pain after extreme lateral interbody fusion with percutaneous pedicle screws or traditional open posterior lumbar interbody fusion. Ohba T Ebata S Haro H BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS 8/ 1, 415-415 2017/10/01 1471-2474

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 脊髄くも膜下麻酔後の馬尾症候群に顆粒球コロニー刺激因子(C-CSF)投与による神経保護療法を施行した1例 第58回関東整形災害外科学会 2018/03/16
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 当科における骨粗鬆症性椎体骨折の治療方針 第58回関東整形災害外科学会 2018/03/16
  3. 口頭発表(一般) 骨粗鬆症患者の疼痛・ADL改善に対するPTH製剤の効果 第25回日本腰痛学会 2017/11/03
  4. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) LLIFとPLIFの使い分け 第25回日本腰痛学会 2017/11/03
  5. 口頭発表(一般) 成人脊柱変形における体幹筋と脊椎アライメントの関与 第26回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017/10/13