山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学3)

助教

一條 昌志

イチジョウ マサシ
Takahashi Masashi

経歴

  1. 山梨大学研修医(卒後臨床研修センター) 2004/04/01
  2. 山梨大学医員(内科学講座第3教室) 2006/04/01
  3. 山梨大学医学部内科学講座第三教室助教 2014/04/01

学位

  1. 博士(医学) 2013/03/22

研究分野

  1. 代謝学
  2. 内分泌学

競争的資金等の研究課題

  1. 膵β細胞におけるプロスタシンの生理的機能の解析 科学研究費補助金 2017/04/01

論文

  1. Sensitive detection of hemodynamic failure during orthostatic stress in patients with diabetic polyneuropathy using a mini laser Doppler blood flowmeter Journal of the American Society of Hypertension 11/ 1, 28-37 2017/01/11
  2. Distinct Cell Clusters Touching Islet Cells Induce Islet Cell Replication in Association with Over-Expression of Regenerating Gene (REG) Protein in Fulminant Type 1 Diabetes Kaoru Aida,Sei SAITOH,Yoriko NISHIDA,Sadanori YOKOTA,Shinichi OHNO,Xiayang MAO,Daiichiro AKIYAMA,Shoichiro TANAKA,Takuya AWATA,Akira SHIMADA,Youichi OIKAWA,Hiroki SHIMURA,Fumihiko FURUYA,Soichi TAKIZAWA,Masashi ICHIJO,Sayaka ICHIJO,Jun ITAKURA,Hideki FUJII,Akinori HASHIGUCHI,Shin TAKASAWA,Toyoshi ENDO,Tetsuro KOBAYASHI PLOS ONE 9/ 4, e95110 2014/04/01
  3. Picture in Clinical Hematology(No.66) 骨髄生検がALアミロイドーシスの診断に有用であったBJPλ型多発性骨髄腫 中嶌 圭,山本 健夫,三森 徹,野﨑 由美,末木 侑希,川島 一郎,桐戸 敬太,一條 昌志,小林 哲郎,大石 直輝,中澤 匡男,加藤 良平 臨床血液 54/ 8, 689-689 2013/08/01
  4. Absorption of Radionuclides from the Fukushima Nuclear Accident by a Novel Algal Strain Hiroki SHIMURA,Katsuhiko ITOH,Atsushi SUGIYAMA,Sayaka Ichizyo,Masashi Ichizyo,Fumihiko FURUYA,Yuji NAKAMURA,Kazuhiko KOBAYASHI,Yasuhiro YUKAWA,Tetsuro KOBAYASHI PLOS ONE 7/ 9, e44200 2012/09/01
  5. RIG-I- and MDA5-Initiated Innate Immunity Linked With Adaptove Immunity Accelerates β-Cell Death in Fulminant Type 1 Diabetes. Kaoru AIDA,Yoriko NISHIDA,Shoichiro TANAKA,Taro MARUYAMA,Akira SHIMADA,Takuya Awata,Masako SUZUKI,Hiroki SHIMURA,Souichi Takizawa,Masashi Ichizyo,Daiichirou AKIYAMA,Fumihiko FURUYA,Akio Kawaguchi,Masahiro KANESHIGE,Jun ITAKURA,Hideki FUJII,Toyoshi ENDO,Tetsuro KOBAYASHI Diabetes 60/ 3, 884-889 2011/03/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) コントロール不良の糖尿病で肺膿瘍・縦隔膿瘍により呼吸不全・敗血症をきたした一例 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 2018/01/20
  2. 口頭発表(一般) 筋萎縮性側索硬化症患者においてデュラグルチドが有効であった2 型糖尿病の1 例 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 2018/01/20
  3. 口頭発表(一般) 黄体ホルモン製剤により糖尿病性ケトアシドーシスをきたした1 型糖尿病の1 例 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 2018/01/20
  4. 口頭発表(一般) ヒドロキシクロロキンが有効であった全身性エリテマトーデスに伴う糖尿病の2 例 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 2018/01/20
  5. 口頭発表(一般) 閉塞性動脈硬化症が基礎疾患にあり甲状腺クリーゼにより足壊疽を発症した超高齢者の1 例 第60回日本甲状腺学会学術集会 2017/10/06

上記以外の発表の総数

  1. 2015 4

担当授業科目

  1. 代謝内分泌
  2. 代謝内分泌

その他の教育実績

  1. 2017 OSCE

指導実績

  1. 附属病院研修医指導の実績 2017 30
  2. 附属病院研修医指導の実績 2016 40

所属学協会

  1. 日本甲状腺学会
  2. 日本内分泌学会
  3. 日本内科学会
  4. 日本糖尿病学会 2015/06
  5. 日本リウマチ学会 2015/06-2017/03/31

病院における診療活動・医療支援等

  1. 入院 代謝内分泌 2017/04/01-2018/03/31
  2. 外来 代謝内分泌 2017/04/01-2018/03/31 800
  3. 外来 代謝内分泌 2016/04/01-2017/03/31
  4. 入院 代謝内分泌 2016/04/01-2017/03/31