山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(神経生理学)

助教

地本 宗平

チモト ソウヘイ
Chimoto Sohei

経歴

  1. 山梨医科大学助手(生理学第2) 2000/04/01
  2. 山梨大学助手(生理学講座第2教室) 2002/10/01

研究分野

  1. 神経・筋肉生理学 ・大脳聴覚野における音声情報処理機構

研究テーマ

  1. ヒトの言葉の母音や動物の鳴き声など生物学的に意味を持つ音声は非周期性の要素と周期性をもつ要素から構成される。非周期性の要素は雑音であり、周期性をもつ要素は基本周波数とその倍音からなる楽音である。ヒトや動物はこれら楽音の周波数スペクトルの振幅の分布を検出することで音声認識をおこなっていると考えられているが、ニューロンレベルの音声処理機構は不明である。また周波数スペクトルの間隔の変化は音の高さ(ピッチ)の変化と知覚されるが、この知覚はヒト以外にサル、ネコ等多くの高次脊椎動物に存在する。このピッチ知覚は聴覚中枢で処理されて生じることが指摘されているが、その神経機構は明らかにされていない。電気生理学的手法を用い、ネコ大脳皮質聴覚野からニューロン活動を記録し、純音や複合音刺激に対する反応を調べ、大脳聴覚野における音声情報処理の神経機構を明らかにする。

競争的資金等の研究課題

  1. 音色知覚の基礎となる大脳皮質処理機構 科学研究費補助金 2016/04/01-2019/03/31

論文

  1. Response patterns of higher auditory cortex neurons during ramped and damped sounds The Journal of Physiological Science 67/ supple.1, 93-93 2017/03/01
  2. Effect of different phase spectra on neuronal activities in the primary auditory cortex Sohei Chimoto,Masanori Morise,Kaito Okubo,Yu Sato,Kenji Ozawa The Journal of Physiological Sciences 66/ supple.1, 131-131 2016/03/01
  3. Sound coding in auditory cortex; studies from single unit activities in the primary auditory cortex (A1) of awake animals Sohei Chimoto The Journal of Physiological Sciences 65/ supple.1, 52-52 2015/03/01
  4. Spectral and temporal sensitivity of sustained and phasic neurons investigated for multiple sounds in the primary auditory cortex of awake cats Sohei Chimoto, Shun Tazunoki, and Yu Sato The Journal of Physiological Sciences 64/ supple.1, 191-191 2014/03/01
  5. RESPONSE CHARACTERISTICS OF PRIMARY AUDITORY CORTEX NEURONS UNDERLYING PERCEPTUAL ASYMMETRY OF RAMPED AND DAMPED SOUNDS J.WANG, L.QIN, S.CHIMOTO, S.TAZUNOKI AND Y.SATO Neuroscience 256, 309-321 2014/01/01

研究発表

  1. ポスター発表 ramp音およびdamp音刺激中の高次聴覚野ニューロンの応答パターン 第94回日本生理学会大会 2017/03/28
  2. ポスター発表 異なる位相スペクトラムが一次聴覚野神経活動に与える影響 第93回日本生理学会大会 2016/03/23
  3. 口頭発表(一般) ramp音とdamp音の非対称性知覚に関与する聴覚野ニューロンの応答パターン 2015/07/28
  4. 口頭発表(一般) 聴皮質の音符号化-覚醒動物一次聴覚野における単一神経細胞活動の研究 2015/03/21
  5. 口頭発表(一般) ソース・フィルタ型音声合成における有声音の位相が聴覚野の神経細胞応答に与える影響について ~覚醒ネコ第一次聴覚野の神経細胞応答に基づく検討~ 電子情報通信学会技術研究報告 2014/11/14

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2015/04/01-2016/03/01 工学部 コンピュータ理工学科 分担 異なる位相スペクトルが一次聴覚野神経活動に与える影響 生理学実験を担当し、データの記録および解析を担当した。 日本生理学会において成果の発表を行った。

その他の学部学生指導

  1. 2016 6 チュートリアルのチューター担当

所属学協会

  1. 日本神経科学会
  2. 日本生理学会