山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学2)

助教

中村 貴光

ナカムラ タカミツ
Nakamura Takamitsu

経歴

  1. 山梨医科大学研修医(内科学第2) 2000/05/22
  2. 山梨医科大学研究生(内科学第2) 2001/05/01
  3. 山梨大学研究生(内科学講座第2教室) 2002/10/01
  4. 山梨大学医員(内科学講座第2教室) 2002/11/01
  5. 山梨大学シニアレジデント(内科学講座第2教室) 2007/04/01
  6. 山梨大学助教(内科学講座第2教室) 2008/04/01
  7. 山梨大学医員(内科学講座第2教室) 2010/08/01
  8. 山梨大学助教(内科学講座第2教室) 2010/12/16

学位

  1. 医学博士 2011/05/19

教育・研究活動状況

心血管病の予防について、各種検査を用いたリスクの層別化、効果的治療ストラテジーの構築。

研究分野

  1. 循環器内科学

研究テーマ

  1. 虚血性心疾患および心不全のリスク管理. 非侵襲的血管機能検査による心血管病リスク管理.

競争的資金等の研究課題

  1. エクソーム解析を用いた冠攣縮性狭心症における疾患感受性遺伝子の網羅的解析 科学研究費補助金 2017/04/01-2020/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) High levels of stromal cell-derived factor-1α predict secondary cardiac events in stable patients with a history of myocardial infarction. Satoshi MATSUOKA,Manabu UEMATSU,Takamitsu NAKAMURA,Takuya SHIMIZU,Mika FUTAMATA,Junei OBATA,Daisuke FUJIOKA,Kazuto NAKAMURA,Toru YOSHIZAKI,Kiyotaka KUGIYAMA Journal of cardiology 69/ 1, 320-325 2017/01/01 0914-5087
  2. 研究論文(学術雑誌) Myocardial Production of Plasminogen Activator Inhibitor-1 is Associated with Coronary Endothelial and Ventricular Dysfunction after Acute Myocardial Infarction. Takuya SHIMIZU,Manabu UEMATSU,Toru YOSHIZAKI,Junei OBATA,Takamitsu NAKAMURA,Daisuke FUJIOKA,Kazuhiro WATANABE,Yosuke WATANABE,Kiyotaka KUGIYAMA Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 23/ 5, 557-566 2016/05/01 1340-3478
  3. 研究論文(学術雑誌) Sustained myocardial production of stromal cell-derived factor-1α was associated with left ventricular adverse remodeling in patients with myocardial infarction. Manabu UEMATSU,Toru YOSHIZAKI,Takuya SHIMIZU,Junei OBATA,Takamitsu NAKAMURA,Daisuke FUJIOKA,Kazuhiro WATANABE,Yosuke WATANABE,Kiyotaka KUGIYAMA American journal of physiology. Heart and circulatory physiology 309/ 10, H1764-1771 2015/11/01 0363-6135
  4. 研究論文(学術雑誌) Assessment of carotid plaque neovascularization using quantitative analysis of contrast-enhanced ultrasound imaging is useful for risk stratification in patients with coronary artery disease. Jun NAKAMURA,Takamitsu NAKAMURA,Juntaro DEYAMA,Daisuke FUJIOKA,Kenichi KAWABATA,Kazuhiro WATANABE,Yosuke WATANABE,Kiyotaka KUGIYAMA International journal of cardiology 195, 113-119 2015/09/01 0167-5273
  5. 研究論文(学術雑誌) Echolucent Carotid Plaque is Associated with Future Renal Dysfunction in Patients with Stable Coronary Artery Disease. Tetsuji MOCHIDA,Takamitsu NAKAMURA,Kazuto NAKAMURA,Daisuke FUJIOKA,Yukio SAITO,Junei OBATA,Yosuke WATANABE,Kenichi KAWABATA,Kiyotaka KUGIYAMA Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 22/ 7, 685-696 2015/06/01 1340-3478

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ペースメーカ植え込み後、左腕頭静脈閉塞と左鎖骨下動静脈シャントの合併により生じた左上肢浮腫に対してEVTを施行した一例 第25回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 2016/07/09
  2. 口頭発表(一般) NSEが抜去困難となった前下行枝対角枝分岐部病変の一例 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 2016/05/07
  3. 口頭発表(一般) 左Valsalvaの限局解離に起因する左冠動脈主管部急性心筋梗塞の一例 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 2016/05/07
  4. 口頭発表(一般) 診断に難渋した線維筋性異型成による腎血管性高血圧の一例 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 2016/05/07
  5. 口頭発表(一般) 頸動脈プラーク内血管新生とST上昇型急性心筋梗塞患者のPCI後心筋障害評価 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 2016/05/07

所属学協会

  1. 日本循環器学会
  2. 日本内科学会
  3. 日本動脈硬化学会