山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(免疫学)

准教授

中村 勇規

ナカムラ ユウキ
Nakamura Yuki

経歴

  1. 山梨大学助教(免疫学講座) 2010/04/01
  2. 山梨大学 医学工学総合研究部 免疫学講座 助教 2010/04/18
  3. 山梨大学講師(免疫学講座) 2014/06/01
  4. 山梨大学准教授(免疫学講座) 2018/02/01

学歴

  1. 山梨大学 2007/03/23
  2. 山梨大学 2009/03/19
  3. 山梨大学 2014/03/20

学位

  1. 修士(医科学) 山梨大学 2011/04/18
  2. 博士(医科学) 山梨大学 2014/03/20

研究分野

  1. 免疫学

研究キーワード

  1. アレルギー、概日時計 

研究テーマ

  1. 体内時計によるレルギー反応制御機構の解明

著書

  1. 分子細胞免疫学 中尾篤人 付録Ⅰ~Ⅲ エルゼビア・ジャパン 2018/03/15

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Differential Day–Night Outcome to HSV-2 Cutaneous Infection Matsuzawa T, Nakamura Y, Ogawa Y, Ishimaru K, Goshima F, Shimada S, Nakao A, Kawamura T JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 2018/01/01 0022-202X
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 The frequency of Th17 cells in the small intestine exhibits a dayenight variation dependent on circadian clock activity Thu Le HP, Nakamura Y, Oh-oka K, Ishimaru K, Nakajima S, Nakao A BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 2017/08/01 0006-291X
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Clock-dependent temporal regulation of IL-33/ST2-mediated mast cell response ALLERGOLOGY INTERNATIONAL 2017/07/01 1323-8930
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 The Clock mutant mouse is a novel experimental model for nocturia and nocturnal polyuria Ihara T, Mitsui T, Kira S, Miyamoto T, Sawada N, Nakagomi H, Yoshiyama M, Takeda M, Nakamura Y, Nakao A, Shinozaki Y, Koizumi S Neurourology and Urodynamics 2017/04/01
  5. Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock and its modulation by stress. Yuki NAKAMURA,Kayoko ISHIMARU,Shigenobu SHIBATA,Atsuhito NAKAO Scientific Reports 7, 39934 2017/01/01

研究発表

  1. ポスター発表 Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock and its modulation by stress 第46回日本免疫学会学術集会 2017/12/12
  2. ポスター発表 マスト細胞の概日時計による血中ヒスタミン濃度の調節 第40回日本分子生物学会年会 2017/12/06
  3. ポスター発表 マスト細胞の概日時計による血中ヒスタミン濃度の調節 第24回日本時間生物学会学術大会 2017/10/28
  4. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 概日時計によるアレルギー性疾患の制御 医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム  2017/07/01
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) マスト細胞の概日時計とアレルギー 日本睡眠学会第42回定期学術集会 2017/06/29

知的財産権

  1. 特許 睡眠期頻尿乃至多尿モデル、及び評価対象薬剤の睡眠期頻尿乃至多尿治療効果の評価方法 P2015-175724 2015/09/07 P2017-51102 2017/03/16

受賞

  1. 平成27年度山梨大学医学部優秀教員奨励賞 2016/06/08
  2. 第21回山梨科学アカデミー奨励賞 2016/03/31 概日時計によるアレルギー反応の制御機構の解明
  3. 平成26年度山梨大学戦略・公募プロジェクト経費(若手研究者等の表彰) 2014/08/01
  4. 第21回アボット ジャパン・アレルギー学術奨励賞 2011/07/11 Nakamura Y, Harama D, Shimokawa N, Hara M, Suzuki R, Tahara Y, Ishimaru K, Katoh R, Okumura K, Ogawa H, Shibata S, Nakao A: Circadian clock gene Period2 regulates a time-of-day-dependent variation in
  5. 第7回日本アレルギー学会学術大会賞 2011/05/14 Period2遺伝子による即時型皮膚過敏反応の日内変動の調節

社会貢献活動

  1. 『わくドキやまなし~魅力満載!大村智人材育成基金~』 2017/03/27

所属学協会

  1. 日本免疫学会 2015/01/01
  2. 日本アレルギー学会 2010/10/01
  3. 日本時間生物学会  2010/10/01