UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Medicine
Clinical Medicine Science (Otorhinolaryngology and Head and Neck Surgery)

顔写真
Professor

Masuyama Keisuke


Career

  1. 山梨大学教授(耳鼻咽喉科学講座) 2003/01/01
  2. 山梨大学教授(耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座) 2004/06/01

Academic background

  1. Kumamoto University 1985/03

Academic degrees

  1. M.D., Ph.D. 1985/03/25

Other career

  1. allergy center

Research Areas

  1. 耳鼻咽喉科学 Management of head and neck tumors;muscal immunology of upper respiratory tract,Immunotherapy for head and neck cancers

Subject of research

  1. cancer chemoimmuntherapy
  2. treatment of pollen allergy:pharmacotherapy, allergen immunotherapy

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 生体情報の定量的分析による嚥下障害者のためのフードデザインプロトコルの策定 Science research expense 2017-2019/03/31
  2. 花粉飛散シミュレーションの有効性の検討 Joint research 株式会社フォーチュン 2017/11/14-2018/09/30
  3. 分化型甲状腺癌を対象としたレンバチニブの治療効果探索のためのコホート研究 Funded research 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 2017/08/15-2020/12/31
  4. 炎症性がん微小環境を考慮した樹状細胞による頭頸部がん免疫化学療法の新規開発 Science research expense 2015/04/01-2018/03/31

Bibliography

  1. 耳鼻咽喉科疾患 田中翔太,増山敬祐 じほう 2017/09/27
  2. 鼻噴霧用ステロイド 増山敬祐,田中翔太 最新医学社 2017/09/25
  3. 舌下免疫療法(SLIT) 増山 敬祐 中山書店 2017/05/31
  4. アレルギー性鼻炎 通年性アレルギー性鼻炎 増山 敬祐 - 日本医師会 2016/06/01
  5. アレルギー性真菌性副鼻腔炎 初鹿 恭介,増山 敬祐 - 医学書院 2016/04/01

Papers

  1. Efficacy and safety of SQ house dust mite sublingual limmunotherapy-tablet in Japanese children Masuyama K, Okamoto Y, Okamiya K, et al. Allergy 73, 2352-2363 2018
  2. Research paper (scientific journal) A very rare case of hypereosinophilic syndrome secondary to Natural killer/T-cell lymphoma. Yamamoto T, Kamijo A, Nakazawa T, Nakajima K, Kirito K, Komatsu N, Masuyama K Case Report in Otolaryngology  2018/03/26
  3. (MISC) Introduction and explanation (scientific journal) 舌下免疫療法の2者併用療法の可能性 上條篤,松岡伴和,増山敬祐   38/ 1, 25-28 2018/01
  4. (MISC) Introduction and explanation (scientific journal) アレルギー性鼻炎の最新治療(舌下免疫療法を中心に) 増山敬祐   5/ 3, 55(155)-57(157) 2017/12
  5. Research paper (scientific journal) Establishment of Synergistic Chemoimmunotherapy for Head and Neck Cancer Using Peritumoral Immature Dendritic Cell Injections and Low-Dose Chemotherapies Ishii H, Chikamatsu K, Igarashi S, Takahashi H, Sakamoto K, Higuchi H, Tanaka S, Matsuoka T, Masuyama K Translational Oncology 132-139 2017/12/18 1936-5233

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 当院にて術前嚥下リハビリテーションを行った食道がん症例の検討, 第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演 2019/03/08
  2. Poster presentation 二ボルマブ投与によりHyper Progressive Diseaseとなった頭頸部癌2症例の検討 第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2019/02/09
  3. Poster presentation スギ花粉症患者の頭痛についての質問票調査 第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2019/02/09
  4. Oral presentation(general) 骨髄特異的LaminA/Cの骨髄系分化へ与える影響と抗腫瘍免疫の制御メカニズムの解明  第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2019/02/08
  5. Oral presentation(general) アレルゲン免疫療法におけるアレルギー患者血清中抗体価比(t-IgE/s-IgE)の有効性  第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2019/02/07

Prizes

  1. 学術奨励賞 喉頭摘出後のボイスプロステーシスによる音声再建の現状 2017/03/12
  2. 学術奨励賞 2017/03/12 喉頭摘出後のボイスプロテーシスによる音声再建の現状の研究
  3. 第3回日本鼻科学会賞 1996/10

Joint research with off-campus or faculty, etc. outside of the organization

  1. 2013/04/01-2017/03/31 山梨県障害福祉課 Representative 喉頭摘出者の社会復帰支援事業

Teaching achievements

  1. 推薦入試面接 2017/02/06

Other educational achievements

  1. 2017 実習用プリント作成

Textbooks and teaching materials

  1. year note ATLAS 第6版 2017/04/01

Instruction results

  1. Achievement of student guidance 2017 3
  2. Doctoral dissertations guidance 2017 3
  3. Master's dissertations guidance 2017 1
  4. Achievement of hospital training physicians guidance 2017 8

Other undergraduate student guidance

  1. 2017 スモールクラス

Review of master's and doctoral thesis

  1. 2017 Chief examiner 1 1

Performance of external announcement guidance

  1. 2016 18 65 8 80 4 25 3 24

Social Contribution

  1. 第2回山梨新生児スキンケアシンポジウム 2018/03/30-2018/03/30 『第2回山梨新生児スキンケアシンポジウム』での座長
  2. 秋田県耳鼻咽喉科疾患研究会 講演会 2018/03/25-2018/03/25 『秋田県耳鼻咽喉科疾患研究会 講演会』での特別講演演者 演題名:「アレルギーの診療Up To Date~免疫療法を中心に~」
  3. 花粉症 2018/03/13
  4. 2018年度アレルギー市民公開講座 2018/03/10-2018/03/10
  5. 甲状腺癌治療カンファランスin山梨 2018/03/07-2018/03/07 『甲状腺癌治療カンファランスin山梨』での総合司会

Memberships of academic societies

  1. 日本喉頭科学会
  2. 日本口腔咽頭科学会
  3. 日本頭頸部外科学会
  4. 日本耳科学会
  5. 日本鼻科学会

Committee outside the campus

  1. 山梨県健康増進課 アレルギー疾患対策勉強会委員 2017
  2. 日本アレルギー学会 診療報酬検討委員会 2017/07/03-2018
  3. 日本鼻科学会 幹事 2010/30-2010/30
  4. 日本アレルギー学会 代議員 2009/06-2005
  5. 日本頭頸部癌学会 評議員 2007/05