山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(人体病理学)

顔写真
助教

大石 直輝

オオイシ ナオキ
Oishi Naoki

経歴

  1. 磐田市立総合病院 初期臨床研修医 2009/04/01
  2. 山梨大学医学部附属病院 病理部 医員 2011/04/01
  3. 山梨大学医学部附属病院 病理診断科 特任助教 2011/10/01
  4. 山梨大学 大学院総合研究部 医学域 人体病理学講座 助教 2015/10/01

学歴

  1. 山梨大学 医学部 医学科 2009/03/31 卒業 日本
  2. 山梨大学 大学院医学工学総合教育部 先進医療科学 人体病理学 博士 2015/03/31 修了 日本

学位

  1. 医学博士 山梨大学 2015/03/31

研究分野

  1. 人体病理学

研究キーワード

  1. 悪性リンパ腫
  2. 甲状腺癌
  3. 分子遺伝学
  4. 病理診断学

研究テーマ

  1. 甲状腺癌の分子病理学
  2. 悪性リンパ腫の病理学

競争的資金等の研究課題

  1. 甲状腺がん微小環境における細胞外アデノシンの腫瘍促進作用と腫瘍免疫回避機序の研究 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2016/04/01-2017/03/31
  2. 甲状腺癌進展におけるTERTプロモーター変異・テロメア異常の病因的意義解明 科学研究費補助金 2016/04/01-2017/03/31
  3. 甲状腺癌進展におけるTERTプロモーター変異・テロメア異常の病因的意義解明 科学研究費補助金 若手研究(B) 2015/04/01-2016/03/31
  4. 平成27年度秋山勝彦グローバル人材育成奨学支援金 他の外部資金 2015/04/01-2016/03/31
  5. 平成26年度 秋山勝彦グローバル人材育成奨学支援金 他の外部資金 2014/04/01-2015/03/31

論文

  1. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 In situ neoplasia in lymph node pathology. Oishi N, Montes-Moreno S, Feldman AL. Semin Diagn Pathol. 17, 30123-30125 2017/11/09 0740-2570 10.1053/j.semdp.2017.11.001
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Molecular Alterations of Coexisting Thyroid Papillary Carcinoma and Anaplastic Carcinoma: Identification of TERT Mutation as an Independent Risk Factor for Transformation. Oishi N, Kondo T, Ebina A, Sato Y, Akaishi J, Hino R, Yamamoto N, Mochizuki K, Nakazawa T, Yokomichi H, Ito K, Ishikawa Y, Katoh R Mod pathol. 30/ 11, 1527-1537 2017/07/21 0893-3952 10.1038/modpathol.2017.75
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Frequent BRAF (V600E) and Absence of TERT Promoter Mutations Characterize Sporadic Pediatric Papillary Thyroid Carcinomas in Japan Oishi N,Kondo T,Nakazawa T,Mochizuki K,Ioue T,Kasai K,Tahara I,Yabuta T,Hirokawa M,Miyauchi A,Katoh R Endocr Pathol. 28/ 2, 103-111 2017/01/01 1046-3976 https://doi.org/10.1007/s12022-017-9470-y
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Immunohistochemical Detection of NRASQ61R Protein in Follicular-patterned Thyroid Tumors Oishi N, Kondo T, Vuong HG, Nakazawa T, Mochizuki K, ,Kasai K, Inoue T, Tahara I, Hirokawa M, Miyauchi A, Katoh R. Human Pathology 53/ 7, 51-57 2016/07/01 0046-8177 10.1016/j.humpath.2016.02.008 IF=2.791
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 High prevalence of the MYD88 mutation in testicular lymphoma: Immunohistochemical and genetic analyses Oishi N, Kondo T, Nakazawa T, Mochizuki K, Tanioka F, Oyama T, Yamamoto T, Iizuka J, Tanabe K, Shibata N, Kirito K, Katoh R Pathology International 65/ 10, 528-535 2015/09/01 1320-5463 IF=1.691

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 胃型形質を有する子宮頸部病変の経過観察中に子宮頸部上皮内腺癌 (AIS) が発見された一例 第32回山梨県臨床細胞学会総会・学術集会 2017/02/04
  2. 口頭発表(一般) 高度扁平上皮内病変 (HSIL) における細胞診断と組織診断の整合性の検討 第32回山梨県臨床細胞学会総会・学術集会 2017/02/04
  3. 口頭発表(一般) Case study: molecular diagnosis of lymphomas The 11th Annual Meeting of the Asia Pacific Society for Molecular Immunohistology 2016/12/11
  4. 口頭発表(一般) Follicular dendritic cell sarcoma, arising in Castleman disease of hyaline vascular type The 6th Japan-Taiwan Conjoint Slide Conference 2016/10/15
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 乳頭癌におけるTERT変異は未分化転化のリスクである ―未分化転化をきたした乳頭癌の分子病理学的解析― 第20回日本内分泌病理学会年次学術総会 2016/09/16

受賞

  1. 第20回日本内分泌病理学会奨励賞 2016/09/17
  2. 日本病理学会100周年記念病理学研究新人賞 2015/05/01 小児・若年乳頭癌におけるBRAFV600E変異、TERTプロモーター変異の解析

所属学協会

  1. 日本臨床細胞学会
  2. 日本リンパ網内系学会
  3. 日本内分泌病理学会
  4. 日本甲状腺病理学会
  5. 国際病理アカデミー日本支部 2011/01