山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(免疫学)

顔写真
教授

中尾 篤人

ナカオ アツヒト
Nakao Atsuhito

経歴

  1. 山梨大学教授(寄生虫学・免疫学講座) 2003/07/01
  2. 山梨大学教授(免疫学講座) 2003/10/01

学歴

  1. 千葉大学 1989/03/31

学位

  1. 博士(医学) 1998/05/12

研究分野

  1. 免疫学 免疫学、アレルギー学、分子生物学

研究キーワード

  1. シグナル伝達、サイトカイン、アレルギー、リウマチ、癌

研究テーマ

  1. Transforming growth factor-betaファミリー分子が生体の恒常性維持と 疾患において果たす役割についての解析

著書

  1. 膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート 中尾 篤人 - 診断と治療社 2016/04/01
  2. Inhibitory Smads: mechanisms of action and roles in human diseases Atsuhito NAKAO - Springer 2006/08/01
  3. Transcriptional activation of type I collagen gene during hepatic fibrogenesis. Inagaki Y,Nemoto T,Atsuhito NAKAO - 2003/08/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Differential Day–Night Outcome to HSV-2 Cutaneous Infection. Matsuzawa T, Nakamura Y, Ogawa Y, Ishimaru K, Goshima F, Shimada S, Nakao A, Kawamura T JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 138/ 1, 233-236 2018/01/01 0022-202X 10.1016/j.jid.2017.07.838
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 The frequency of Th17 cells in the small intestine exhibits a dayenight variation dependent on circadian clock activity. Thu Le HP, Nakamura Y, Oh-oka K, Ishimaru K, Nakajima S, Nakao A BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 490/ 2, 290-295 2017/08/19 0006-291X 10.1016/j.bbrc.2017.06.038
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Circadian clock-dependent increase in salivary IgA secretion modulated by sympathetic receptor activation in mice. Wada M, Orihara K, Kamagata M, Hama K, Sasaki H, Haraguchi A, Miyakawa H, Nakao A, Shibata S Scientific Reports 7, 8802 2017/08/18 2045-2322 10.1038/s41598-017-09438-0
  4. 共著 Induction of colonic regulatory T cells by 5-aminosalicylic acid (5-ASA) by activating the aryl hydrocarbon receptor. Oh-oka K, Kojima Y, Uchida K, Yoda M, Ishimaru K, Nakajima S, Hemmi J, Kano H, Fujii-Kuriyama Y, Katoh R, Ito H, Nakao A Cell Mol Gastroenterol Hepatol 4/ 1, 135-151 2017/04/11 10.1016/j.jcmgh.2017.03.010
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 The Clock mutant mouse is a novel experimental model for nocturia and nocturnal polyuria. Ihara T, Mitsui T, Kira S, Miyamoto T, Sawada N, Nakagomi H, Yoshiyama M, Takeda M, Nakamura Y, Nakao A, Shinozaki Y, Koizumi S NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS 36/ 4, 1034-1038 2017/04/01 0733-2467 10.1002/nau.23062

研究発表

  1. ポスター発表 Resveratrol inhibits IL-33-mediated mast cell activation. 第46回日本免疫学会学術集会 2017/12/14
  2. ポスター発表 Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock and its modulation by stress. 第46回日本免疫学会学術集会 2017/12/12
  3. 口頭発表(一般) マスト細胞の概日時計による血中ヒスタミン濃度の調節 第40回日本分子生物学会年会 2017/12/06
  4. 口頭発表(一般) Regulation of plasma histamine levels by the mast cell clock. 第24回日本時間生物学会学術大会 2017/10/28
  5. 口頭発表(招待・特別) アレルギーと体内時計 第56回日本鼻科学会総会・学術講演会 2017/09/30

知的財産権

  1. アレルギー予防方法又は治療方法、飲食品、並びに経口医薬品 特願2005-252912 2005/08/31

受賞

  1. 日本生化学会JB論文賞 2008/10/27 Takano S, Kanai F, Jazag A, Ijichi H, Yao J, Ogawa H, Enomoto N, Omata M, Nakao A: Smad4 is essential for down-regulation of E-cadherin induced by TGF-β in pancreatic cancer cell line PANC-1. J Bioch
  2. 日本アレルギー協会平成17年度研究奨励賞 2006/07/14 TGF-betaの経口摂取による食物アレルギー予防についての基礎的検討
  3. 山梨科学アカデミー賞 2005/05/23 Transforming growth factor-beta(TGF-beta)シグナルに関する研究
  4. 第42回三島海雲記念財団学術奨励賞 2004/06/29 食物アレルギーに対する新しい治療法についての検討
  5. 北陸製薬・アレルギー学術奨励賞 2001/10/29

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2005/04/01-2007/03/31 Bichat Medical School 代表 IgA受容体抗体による関節リウマチの治療 Bichat Medical School(フランス)におけるDr. Blank, Dr. Monteiroは、近年、IgA受容体抗体によって細胞の活性化が抑制できることを示した。我々は、彼らが見いだしたIgA受容体抗体の供与を受け、この抗体が関節リウマチの治療に有効であるか否かについて共同で研究している。

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2016 2 2

所属学協会

  1. 日本免疫学会 1993/04/01
  2. 日本アレルギー学会 1993/04/01