山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
看護学系(成育看護学)

教授

小林 康江

コバヤシ ヤスエ
Kobayashi Yasue

経歴

  1. 山梨大学大学院総合研究部医学域看護学系 成育看護学講座 教授(改組) 2014/10/01
  2. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 成育看護学講座 教授 2009/04/01
  3. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 臨床看護学講座 准教授(職名変更) 2007/04/01
  4. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 臨床看護学講座 助教授 2004/04/01
  5. 山梨県立看護大学 看護学部看護学科 講師 2000/04/01
  6. 兵庫県立看護大学 看護学部看護学科 助手 1995/04/01

学歴

  1. 聖路加看護大学 2009/03/10
  2. 兵庫県立看護大学 2000/03/25

学位

  1. 博士(看護学) 聖路加看護大学 2009/03/10
  2. 修士(看護学) 兵庫県立看護大学 2000/03/25

教育・研究活動状況

周産期領域の看護のエビデンス構築、助産師基礎教育と卒後教育の連携について探求しています。詳細は、看護学科成育看護学講座・母性看護・助産学領域のHPを参照下さい。http://kango.yamanashi.ac.jp/seiiku/ryoiki

研究分野

  1. 生涯発達看護学 生涯発達看護学 母性看護学 助産学

競争的資金等の研究課題

  1. 骨盤臓器脱患者の腹部体型に適した骨盤底サポート下着の選択と着用による主観的評価 共同研究 2016/06/09-2018/03/31
  2. 骨盤底サポート下着着用による骨盤底への影響と評価 共同研究 アダム医健 2015/08/24-2016/06/30
  3. 基盤研究(C)平成24~28年度 地域連携型「継続助産ケア実践研修プログラム」の創成 科学研究費補助金 2012/04-2017/03

著書

  1. 家族看護選書 第2巻 周産期の家族への看護 第1章 当事者の自信を支える看護-産後1~2か月の母親が「できる」と思えることを支える看護 山崎あけみ,新井陽子,八巻和子,品川陽子,佐東美緒,小林康江,植村富子,ほか6名 - 日本看護協会出版会 2012/06/01
  2. 看護を測る 因子分析による質問紙調査の実際 柳井晴夫,井部俊子 編集 - 朝倉書店 2012/05/01
  3. 助産実習における臨床判断と実践能力に関する研究 - 2012/03/01
  4. 助産実習における臨床判断と実践能力に関する研究 遠藤俊子,小林康江,齋藤益子,村本淳子,清水嘉子,竹明美,大滝千文 - 2011/03/01
  5. 臨地実習生の質の確保のための看護系大学共用試験(CBT)開発的研究 研究代表者 柳井晴夫(聖路加看護大学),平成21年度研究分担者,平成22年度連携研究者 - 2011/03/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 母親が子育てをしやすく感じられるリーフレットの試作 母親の産後1ヶ月時の気持ちに着目して 武田江里子,弓削美鈴,小林康江 日本母性看護学会誌 17/ 1, 81-88 2017/03/15
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 新人助産師が1年間で獲得した分娩管理能力 渡邉竹美,小林康江,中込さと子,石田都乃 山梨大学看護学会誌 15/ 1, 43-50 2016/09/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 乳幼児を子育て中の母親から子どもへの「愛着-養育バランス」に 影響する内的要因 ―母親の被養育体験と内的作業モデルの影響― 武田江里子,小林康江,弓削美鈴 日本看護科学会誌 36, 71-79 2016/07/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 妊娠分娩による肛門挙筋の変化と評価 高岡智子,谷口珠美,小林康江 山梨県母性衛生学会誌 15/ 1, 16-22 2016/03/24
  5. 退院時と1ヵ月健診における新生児のおむつかぶれの実態 眞嶋ゆか,小林康江 日本助産学会誌 29/ 1, 48-58 2015/06/01

研究発表

  1. ポスター発表 骨盤臓器脱の自覚症状を改善するサポート下着の開発と評価 第19回女性骨盤底医学会 2017/07/30
  2. ポスター発表 A Descriptive Study of Supportive Underwear in Women with Pelvic Organ Prolapse 31st ICM Triennial Congress 2017/06/22
  3. ポスター発表 ルーブリックを用いた分娩介助実習評価表の作成 日本助産学会学術集会 2017/03/19
  4. ポスター発表 診療所に就職した新人助産師が1年間で獲得できる分娩管理能力 日本看護科学学会学術集会 2016/12/11
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) セルフケアを支援する動機付け面接(MI) MIの実践、そして研究体制の構築へ 日本看護科学学会学術集会 2016/12/10

教科書・教材

  1. 新体系 看護学全書 母性看護学2 マタニティサイクルにおける母子の健康と看護 2013/12/01 第4編執筆担当者13名 新道幸恵ほか2名 メヂカルフレンド社 東京都千代田区 553 429 458
  2. 助産師基礎教育テキス第7巻 ハイリスク妊産褥婦・新生児へのケア,第6章 若年妊産婦へのケア 2009/09/01 小林康江 遠藤俊子 日本看護協会出版社 東京 353 274 278

社会貢献活動

  1. 日本助産学会 学会誌専任査読者 2017/04/01-2019/03/31
  2. 山梨大学PMCプロジェクト研修会-動機付け面接法を用いた妊産褥婦との対話- 2017/03/03-2017/03/03
  3. 山梨大学PMCプロジェクト研修会-遺伝カウンセリングの基本- 2016/11/22-2016/11/22
  4. 一般社団法人 日本助産学会 代議員 2016/03/18-2018
  5. 「子育てトーク」アドバイザー 2005/04

所属学協会

  1. 日本看護科学学会 1995
  2. 聖路加看護学会 1996
  3. 日本助産学会 2005
  4. 日本母性衛生学会 1997
  5. 山梨大学看護学会 2004/04

学外委員

  1. 一般社団法人 日本助産学会 代議員 2016/03/18-2018
  2. 第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会 座長 2015/07
  3. 一般社団法人 日本助産学会 専任査読委員 2013/04/01
  4. 一般社団法人 日本看護科学学会 評議員 2011/11
  5. 第12回山梨県母性衛生学会 学術集会長 2011/05