山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学1)

顔写真
教授

榎本 信幸

エノモト ノブユキ
Enomoto Nobuyuki

経歴

  1. 山梨大学教授(内科学講座第1教室) 2003/09/01

学歴

  1. 東京医科歯科大学 1984/03/31 卒業
  2. 東京医科歯科大学 博士 1996/03/31 修了

学位

  1. 医学博士 東京医科歯科大学 1996/05/15

研究分野

  1. 消化器内科学 消化器病学、肝臓病学

研究キーワード

  1. 肝炎ウイルス

研究テーマ

  1. ウイルス肝炎、肝細胞癌、消化器疾患の分子生物学

競争的資金等の研究課題

  1. 次世代シークエンス技術によるウイルス因子解析を基軸としたC型肝炎新規治療の病態解明と臨床応用 受託研究 2017/04/01-2018/03/31
  2. 野性型と薬剤耐性B型肝炎ウイルスに強力な活性を発揮する新規治療薬の研究・開発 受託研究 2017/04/01-2018/03/31
  3. B型肝炎ウイルスの感染複製増殖機構解明による創薬基盤形成に関する研究 受託研究 2017/04/01-2018/03/31
  4. HBVマーカーの動態分類から見た肝病態進展リスクの検討 受託研究 2016/04/01-2017/03/31
  5. B型肝炎ウイルスの感染複製機構の解明に関する研究 受託研究 2016/04/01-2017/03/31

著書

  1. 2)疾患別・病態別[消化器]129.C型肝炎 小松 信俊,坂本 穣,榎本 信幸 - 東京医学社 2013/04/01
  2. EOB造影MRIの肝細胞相で低信号を呈する乏血性結節の転帰-多血化リスク因子についての検討- 佐野 勝廣,本杉 宇太郎,市川 智章,小野原 幸司郎,曹 博信,森阪 裕之,アリ ムヒ,小松 信俊,雨宮 史武,榎本 信幸,松田 政徳,藤井 秀樹 - 株式会社嵯峨野 2012/01/01
  3. 慢性肝炎の治療(C型) 坂本 穣,榎本 信幸 - 医学書院 2010/04/01
  4. ルコール性肝障害 第4章 アルコール性肝障害の診断と治療 井上 泰輔,坂本 穣,榎本 信幸 - 最新医学社 2009/03/01
  5. 薬の選び方・使い方のエッセンス C型慢性肝炎 榎本 信幸,坂本 穣 - 南山堂 2009/03/01

論文

  1. (MISC)研究論文 Cinnamic acid derivatives inhibit hepatitis C virus replication via the induction of oxidative stress Amano R, Yamashita A, Kasai H, Hori T, Miyasato S, Saito S, Yokoe H, Takahashi K, Tanaka T, Otoguro T, Maekawa S, Enomoto N, Tsubuki M, Moriishi K. ANTIVIRAL RESEARCH 2017/07/01 0166-3542
  2. (MISC)研究論文 Inhibitory effects of metachromin A on hepatitis B virus production via impairment of the viral promoter activity. Yamashita A, Tamaki M, Kasai H, Tanaka T, Otoguro T, Ryo A, Maekawa S, Enomoto N, de Voogd NJ, Tanaka J, Moriishi K ANTIVIRAL RESEARCH 2017/04/01 0166-3542
  3. (MISC)研究論文 Association between alanine aminotransferase elevation and UGT1A1*6 polymorphisms in daclatasvir and asunaprevir combination therapy for chronic hepatitis C. J Gastroenterol. Maekawa S, Sato M, Kuratomi N, Inoue T, Suzuki Y, Tatsumi A, Miura M, Matsuda S, Muraoka M, Nakakuki N, Amemiya F, Takano S, Fukasawa M, Nakayama Y, Yamaguchi T, Sato T, Sakamoto M, Murakawa M, Nakagawa M, Asahina Y, Enomoto N JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 2017/01/01 0944-1174
  4. 集学的治療によりdown-stagingが得られた根治的肝切除が可能となり、長期生存を獲得し得た進行肝癌の4例 高田 ひとみ,土谷 薫,中岫 奈津子,玉城 信治,安井 豊,鈴木 祥子,中西 裕之,板倉 潤,髙橋 有香,黒崎 雅之,朝比奈 靖浩,伴 大輔,工藤 篤,田邉 稔,田中 真二,有井 滋樹,榎本 信幸,泉 並木 肝臓 57/ 12, 649-655 2016/12/01
  5. Noninvasive hepatic fibrosis staging using mr elastography: The usefulness of the bayesian prediction method Shintaro ICHIKAWA,Utaroh MOTOSUGI,Nobuyuki ENOMOTO,Masanori MATSUDA,Hiroshi ONISHI Journal of Magnetic Resonance Imaging (JMRI) Epub 2016/12/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ダクラタスビル+アスナプレビルによる薬物性肝障害と治療効果の検討 第41回日本肝臓学会東部会 2016/12/08
  2. 口頭発表(一般) ダクラタスビル+アスナプレビル投与後にHBVが活性化したC型代償性肝硬変の1例 第41回日本肝臓学会東部会 2016/12/08
  3. 口頭発表(一般) DAAによる治療法選択と肝予備能の改善と肝発癌抑止の検討 第41回日本肝臓学会東部会 (パネル) 2016/12/08
  4. 口頭発表(一般) 核酸アナログ未投与例における各種HBVウイルスマーカー検出感度以下症例の検討 第41回日本肝臓学会東部会 (パネル) 2016/12/08
  5. 口頭発表(一般) 局限性結節性過形成の画像診断能の検討 第41回日本肝臓学会東部会 (ワーク) 2016/12/08

受賞

  1. 日本肝臓学会賞(織田賞) 2016/05/19

担当授業科目

  1. 肝炎ウイルス病態学
  2. 先進医科学特論Ⅰ

指導実績

  1. 附属病院研修医指導の実績 2017 30
  2. 博士学位論文指導 2017 4 2
  3. 修士学位論文指導 2016 1 1
  4. 附属病院研修医指導の実績 2016 36

修士・博士論文審査

  1. 2017 主査 1
  2. 2016 主査 1 1

所属学協会

  1. 日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医)
  2. 日本消化器病学会(専門医、指導医、評議員)
  3. 日本肝臓学会(専門医、指導医、評議員)
  4. 日本内科学会(専門医、指導医)

学外委員

  1. 山梨県医療審議会 委員 2017/01/25-2018/05/20
  2. 一般社団法人日本内科学会 関東支部関東地方会常任幹事 2017/01/01-2018/12/31
  3. 国立研究開発法人国立国際医療研究センター 情報発信力強化戦略会議委員 2016/12/15-2017/03/31
  4. 一般社団法人日本肝臓学会 演題選定委員会委員、国際委員会委員、研究助成委員会委員 2016/07/23-2018/06/13
  5. 一般社団法人日本内科学会 学術集会運営委員会委員 2016/07/01-2017/04/30

病院における診療活動・医療支援等

  1. 外来 外来診療 2017/04/01-2018/03/31 300
  2. 入院 回診・カンファ 2017/04/01-2018/03/31 400
  3. 治験 治験 2016/04/01-2017/03/31 150 分担
  4. 外来 診療 2016/04/01-2017/03/31 300