山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学1)

顔写真
教授

榎本 信幸

エノモト ノブユキ
Enomoto Nobuyuki

経歴

  1. 山梨大学教授(内科学講座第1教室) 2003/09/01

学歴

  1. 東京医科歯科大学 1984/03/31 卒業
  2. 東京医科歯科大学 博士 1996/03/31 修了

学位

  1. 医学博士 東京医科歯科大学 1996/05/15

研究分野

  1. 消化器内科学 消化器病学、肝臓病学

研究キーワード

  1. 肝炎ウイルス

研究テーマ

  1. ウイルス肝炎、肝細胞癌、消化器疾患の分子生物学

競争的資金等の研究課題

  1. HBVマーカーの動態分類から見た肝病態進展リスクの検討 受託研究 2016/04/01-2017/03/31
  2. B型肝炎ウイルスの感染複製機構の解明に関する研究 受託研究 2016/04/01-2017/03/31
  3. 次世代シークエンス技術によるウイルス因子解析を基軸としたC型肝炎新規治療の病態解明と臨床応用 受託研究 2016/04/01-2017/03/31
  4. 次世代シークエンス技術を駆使したウイルスゲノム解析によるC型肝炎の病態解明と臨床応用 受託研究 2015/04/01-2016/03/31

著書

  1. 2)疾患別・病態別[消化器]129.C型肝炎 小松 信俊,坂本 穣,榎本 信幸 - 東京医学社 2013/04/01
  2. EOB造影MRIの肝細胞相で低信号を呈する乏血性結節の転帰-多血化リスク因子についての検討- 佐野 勝廣,本杉 宇太郎,市川 智章,小野原 幸司郎,曹 博信,森阪 裕之,アリ ムヒ,小松 信俊,雨宮 史武,榎本 信幸,松田 政徳,藤井 秀樹 - 株式会社嵯峨野 2012/01/01
  3. 慢性肝炎の治療(C型) 坂本 穣,榎本 信幸 - 医学書院 2010/04/01
  4. ルコール性肝障害 第4章 アルコール性肝障害の診断と治療 井上 泰輔,坂本 穣,榎本 信幸 - 最新医学社 2009/03/01
  5. 薬の選び方・使い方のエッセンス C型慢性肝炎 榎本 信幸,坂本 穣 - 南山堂 2009/03/01

論文

  1. 集学的治療によりdown-stagingが得られた根治的肝切除が可能となり、長期生存を獲得し得た進行肝癌の4例 高田 ひとみ,土谷 薫,中岫 奈津子,玉城 信治,安井 豊,鈴木 祥子,中西 裕之,板倉 潤,髙橋 有香,黒崎 雅之,朝比奈 靖浩,伴 大輔,工藤 篤,田邉 稔,田中 真二,有井 滋樹,榎本 信幸,泉 並木 肝臓 57/ 12, 649-655 2016/12/01
  2. Noninvasive hepatic fibrosis staging using mr elastography: The usefulness of the bayesian prediction method Shintaro ICHIKAWA,Utaroh MOTOSUGI,Nobuyuki ENOMOTO,Masanori MATSUDA,Hiroshi ONISHI Journal of Magnetic Resonance Imaging (JMRI) Epub 2016/12/01
  3. C型肝炎SVR後の肝発癌 C型肝炎SVR後の肝発癌関連因子 DAAによるSVRでも肝発癌は抑止できるか 坂本 穣,榎本 信幸 医学のあゆみ 259/ 4, 293-298 2016/10/01
  4. Usefulness of MR elastography for detecting clinical progression of cirrhosis from child-pugh class A to B in patients with type C viral hepatitis Tomohiro TAKAMURA,Utaroh MOTOSUGI,Shintaro ICHIKAWA,Katsuhiro SANO,Hiroyuki MORISAKA,Tomoaki ICHIKAWA,Nobuyuki ENOMOTO,Hiroshi ONISHI Journal of Magnetic Resonance Imaging (JMRI) 44/ 3, 715-22 2016/09/01
  5. 胃疾患アトラス 陥凹を呈する病変 上皮性・非腫瘍性 急性胃粘膜病変 佐藤 公,吉田 貴史,榎本 信幸 消化器内視鏡 28/ 8, 1272-1273 2016/08/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ダクラタスビル+アスナプレビルによる薬物性肝障害と治療効果の検討 第41回日本肝臓学会東部会 2016/12/08
  2. 口頭発表(一般) ダクラタスビル+アスナプレビル投与後にHBVが活性化したC型代償性肝硬変の1例 第41回日本肝臓学会東部会 2016/12/08
  3. 口頭発表(一般) DAAによる治療法選択と肝予備能の改善と肝発癌抑止の検討 第41回日本肝臓学会東部会 (パネル) 2016/12/08
  4. 口頭発表(一般) 核酸アナログ未投与例における各種HBVウイルスマーカー検出感度以下症例の検討 第41回日本肝臓学会東部会 (パネル) 2016/12/08
  5. 口頭発表(一般) 局限性結節性過形成の画像診断能の検討 第41回日本肝臓学会東部会 (ワーク) 2016/12/08

受賞

  1. 日本肝臓学会賞(織田賞) 2016/05/19

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2016 1 1
  2. 博士学位論文指導 2016 4 2
  3. 付属病院研修医指導の実績 2016 36

修士・博士論文審査

  1. 2016 主査 1 1

所属学協会

  1. 日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医)
  2. 日本消化器病学会(専門医、指導医、評議員)
  3. 日本肝臓学会(専門医、指導医、評議員)
  4. 日本内科学会(専門医、指導医)

学外委員

  1. 山梨県医療審議会 委員 2017/01/25-2018/05/20
  2. 一般社団法人日本内科学会 関東支部関東地方会常任幹事 2017/01/01-2018/12/31
  3. 国立研究開発法人国立国際医療研究センター 情報発信力強化戦略会議委員 2016/12/15-2017/03/31
  4. 一般社団法人日本肝臓学会 演題選定委員会委員、国際委員会委員、研究助成委員会委員 2016/07/23-2018/06/13
  5. 一般社団法人日本内科学会 学術集会運営委員会委員 2016/07/01-2017/04/30

病院における診療活動・医療支援等

  1. 入院 回診・カンファ 140
  2. 治験 治験 2016/04/01-2017/03/31 150 分担
  3. 外来 診療 2016/04/01-2017/03/31 300