山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
看護学系(成育看護学)

顔写真
教授

石川 眞里子

イシカワ マリコ
Ishikawa Mariko

経歴

  1. 職歴 2005/10/01

学歴

  1. 2006/05/31

学位

  1. リハビリテーション学修士  筑波大学大学院教育研究科修士課程 2006/05/31
  2. 看護学博士 東京女子医科大学大学院 看護学研究科 2008/03/07

教育・研究活動状況

2015年11月27(金)~29日(日)に第13回日本小児がん看護学会学術集会を、第57回日本小児血液・がん学会学術集会および第20回公益法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムとともに常盤ホテル・甲府富士屋ホテルにて開催いたしました。「子どもたちの生きる場を繋げる病院・学校・地域の連携」をテーマとして特別講演、教育講演、学会合同シンポジウム、看護シンポジウム、3会合同シンポジウム等を開催しました。
 2016年2月19日(金)・20日(土)に、第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会を山梨県甲府市の甲府富士屋ホテルにて開催いたしました。教育セミナー、プロジェクト報告企画、災害対策委員会企画、講習会委員会企画の他、ハンズオンセミナー、シンポジウムⅠ、Ⅱ、パネルディスカッション、特別講演、会長講演、ICS Education Lecture等を開催しました。計224題と過去最多の演題数をご発表いただき、成功裡に終了することができました。

研究分野

  1. 看護学 成育看護学 食生活学 小児看護学 食看護学 ストーマ・排泄リハビリテーション学、移行期医療 小児創傷ケア・スキンケア

研究キーワード

  1. オストメイトQOL、ストーマ装具の選択と評価、小児の食育、食事量調査、排便コントロール、患者会支援
  2. 新生児クベース用体圧分散寝具、市販品の評価、ウレタンマットレス、ディスポ体圧分散寝具、低VOC製品、体圧分散寝具専用シーツ 小児褥瘡、褥瘡発生部位と発達段階による変化
  3. 他施設共同研究、新生児用クベースマットレス、体圧分散寝具、臨床的評価
  4. 青年期ストーマ保有者、小児期から成人期への移行医療における看護、長期入院児の生活支援
  5. 小児排泄機能障害者、小児医療、成人医療、トランジション、包括支援
  6. 排泄機能障害児、食事調査、食事摂取基準、排便量、腸内細菌叢、排便コントロール

研究テーマ

  1. ストーマセルフケアにおける夫婦関係および関連要因の検討 A病院におけるストーマ造設手術を受けた男性患者と妻25組(ストーマ保有群)、大腸手術を受けた男性患者と妻25組(非保有群)を対象とした。ストーマ保有群19組(76%)、非保有群14組(56%)で、平均年齢は保有群64.97±11.5歳、非保有群62.47±10.2歳。保有群の夫婦関係は良好であるが、セルフケアができないことで状態自尊感情は低下した。夫婦関係が満足度が高い理由には、ストーマケアを介して自己開示を妻にすること、夫に代わってストーマケアをする世話好き妻の存在があった。 2012/09/01-2014/03/31
  2. スキンケア方法がストーマ周囲皮膚に及ぼす影響ー皮膚バリア機能評価による検討ー 結腸ストーマを平均60か月保有し、平均年齢70.36±7.32歳の28人を対象に、愛護的スキンケアを指導して、1か月・2か月・3か月後のストーマ周囲皮膚のバリア機能評価および剥離力の測定を行った。介入前の皮膚pH5.78±0.23~5.99±0.38、介入後は5.55±0.16~5.70±0.16と弱酸性になった。皮膚水分蒸発量(TEWL)は介入前19.76±12.67~22.51±13.30、介入後6.56±2.97~7.24±3.07と良好になった。ストーマ周囲の皮膚はバリアは剥離で悪化し、愛護的スキンケアの実施で改善できる。 2012/11/01-2014/03/31
  3. 「ストーマ保有者にとっての公衆・共同浴場利用に対する”フロ”の意味」ーS地域における住民とストーマ保有者による語りの分析ー  第一段階でS地域の住民の鍵湯利用の実際から、"フロ"への思いを明らかにし、その意味を考察した。次に第二段階として、S地域の住民で"フロ"に行っていないストーマ保有者の"フロ"への思いを明らかにしてその意味を考察した。結果、S地域の住民にとって、"フロ"は【習慣化された家風呂のような愛着のあるフロ】の存在になっていた。"フロ"に行けていないストーマ保有者には【フロは他者から見られる自分への回想と内省する場】であった。一方、"フロ"に行けているストーマ保有者にとっては、【フロへの愛着と内省から勇気ちわ要する場】となっていた。つまりストーマ保有により、家風呂から公衆浴場の感覚に変化していた。周囲の目のあるフロに入れるのは、障害受容を示唆していた。 2013/07-2015/03/31
  4. 小児排泄機能障害者のトランジョンのための医療・看護に関する包括的調査研究 2014/04/06-2018/03/31
  5. 一時的ストーマ保有者における健康関連QOLと生活安定感との関連ー永久的と一時的ストーマの日常生活の比較ー A県7施設のストーマ保有者を対象に、健康関連QOLと生活安定感、生活状況を調査しその関連を明らかにした。一時的ストーマ保有者は皮膚トラブルストーマ袋の重みが関連し日常生活の回復・拡大や皮膚トラブルの心配のなさという生活の安定感に影響していた。健康関連QOLは、身体面の回復が良ければ心理面での回復も良く、日常生活活動の回復も良かった。永久ストーマ保有者との生活安定感に差はなく、ストーマ外来でのフォローアップが関与していると考えられた。 2014/07/01-2015/03/31
  6. 母親が小児がんの初回治療を受ける我が子を支えるプロセス 2014/07-2017/03/31
  7. 長期入院後の小児がんの子どもにおける学校・地域社会の適応に影響する要因 ー思春期にある子どものQOLと語りー 過去6か月維持用小児がんによる入院治療経験があり、外来通院している13歳から16歳の思春期にある子どもと母親4組を対象にQOL調査、現在の生活への思いについて半構成的面接をした。小児がんの子どもの「体調」「気持ち」「学校生活」におけるQOL は高く、学校生活への適応が示唆された。親から見た「人間関係」は子どもより低く、両者に差異が見られた。「皆と同じことができるくらいの体力の回復」、勉強や運動への「努力の末の達成感」、「級友に馴染めた実感」を感じ、「当たり前の今の生活が良い」「今自分にできることをしていく」などの思いを抱き、学校に適応していた。 2014/10/01-2016/03/31
  8. 重症先天性心疾患のある幼児の成長・発達に関する母親の思い 新生児期に手術を受けた受傷先天性心疾患のある幼児・学童とその母親6組を対象に、現在の発達評価、成長・発達に対する親の思いを面接により明らかにした。 発達評価では、学童1名と幼児3名の母親たちは発達の遅れを認識していた。母親は子どもが乳児期の頃【心疾患による体重が順調に増えることへの期待の薄さ】を感じ、幼児期には修復術に向けた【体重を増やさなければいけないプレッシャーと焦り】を感じていた。術後には【就園して普通の子の発達に追い付いてほしいという期待】【皆と同じ行動ができないことへの心配】を抱いていた。 2015/06-2017/03/31
  9. オストメイトQOLからみたストーマケア ダブルストーマ用特注ベルト使用症例の検討 ストーマ装具の開発普及の移り変わりと今後の課題
  10. 本邦におけるクベース用体圧分散寝具の検討 クベース用体圧分散試作品マットレスの検討 クベース用体圧分散寝具の検討(第三報) -低VOCウレタンフォームマットレスと専用シーツの開発- 小児褥瘡の実態調査
  11. 新生児用低VOCウレタンフォームマットレスと専用シーツの臨床評価
  12. 青年期までにストーマ保有や排泄障害のある人々への心理・社会的支援についての検討。
  13. 長期入院を要する子どもの生活支援としての教育的関わりについて。
  14. 小児がん患児が初回治療開始における母親の危機を乗り越える力の生成。
  15. 小児排泄機能障害者のトランジションのための医療・看護に関する包括的調査研究
  16. 排泄機能障害児の食事と排泄に関する研究-水溶性食物繊維負荷と腸内細菌叢の関係-

著書

  1. 消化管ストーマ関連合併症の予防と治療・ケアの手引き 石川眞里子 Ⅷ章 ストーマ造設・合併症とQOL 1ストーマ合併症とQOLの変化 金原出版 2018/02/25 978-4-307-70232-4 QOLはの定義は曖昧であったが,1980 年代には定量化が可能で測定が容易なアウトカム指標が重要視される医療評価モデルへと変更されてきた。 大腸がんで外科手術を受けた患者の調査研究には,EORTC QLQ-C30,EORTC QLQ-CR38,SF-36の順で使われていた。 MCOHQOLQO および Stoma QOLアンケートでは,はストーマ保有に関連する問題には,性的問題,うつ病,ガス,便秘,外見の不満,衣服の変化,旅行の困難,疲労感,オストミーからの騒音などが含まれる。 わが国では依然としてオストメイトのQOL評価の報告は少なく、その評価は十分とは言えない状況である。臨床で日常的に使用して患者さんへフィードバックを行い、術前評価や定期的評価として継続的にQOL評価を行うことがオストメイトのQOL向上に貢献できる。
  2. 講習会講義の秘密第14回リーダーシップコース 石川眞里子 小児から成人へ 人がさまざまな成長・発達段階においてストーマを造設するとは ストーマリハビリテーション講習会実行委員会 2017/07/19
  3. 第18回甲信ストーマリハビリテーション講習会テキスト 石川眞里子 ストーマリハビリテーションの概念 甲信ストーマリハビリテーション講習会実行委員会 2017/06/01
  4. 講習会講義の秘密 第13回リーダーシップコース 石川眞里子 小児から成人へ ストーマリハビリテーション講習会実行委員会 2016/07/01
  5. 第17回甲信ストーマリハビリテーション講習会テキスト 石川眞里子 ストーマリハビリテーションの概念 甲信ストーマリハビリテーション講習会実行委員会 2016/06/01

論文

  1. 共著 小児がんの子どもを看る母親が療養体験中にセルフ・エンパワメントを生成するプロセス 横森愛子,谷澤みどり,加藤由香,石川眞里子 日本小児看護学会誌 日本小児看護学会誌 23/ 3, 34-41 2014/03 1344-9923 本研究目的は、小児がんの子どもを看る母親が療養体験中にセルフ・エンパワメントを生成するプロセスについて明らかにすることである。乳幼児期に小児がんの治療を受けた子どもの母親5名に半構造的面接をおこない、質的に分析した。その結果、子どもの発病により【子どもの危機的状態への不安】【想定外の病気になったことへの強い落胆】【病気になったことへの自責の念】を抱いた母親は、【治ると励まし気持ちが寄り添う家族】が支えとなり【治るという信念】【治すという前向きな気構え】を生成していたことが明らかになった。
  2. 周手術期患者への褥瘡予防教育の実態 高野茜,深沢泉,古屋塩美,石川眞里子 山梨大学看護学会誌 12/ 2, 25-30 2014/01/01
  3. わが国における小児の褥瘡に関する実態調査 日本小児ストーマ・排泄管理研究会装具等検討委員会,田代美貴,石川眞里子,高野邦夫,中野美和子,宮本和俊,佐々木貴代,市六輝美,安蔵早苗,秋山結美子 小児外科 44/ 10, 951-955 2012/10/01
  4. 外来で心エコー検査のため入眠処置を受ける乳幼児の睡眠リズムの影響 佐原彩香,石川眞里子 山梨大学看護学会誌 10/ 1, 29-36 2011/09/01
  5. 小児期に鎖肛の治療を受けた患者の青年期以降の生活 石川眞里子 小児外科 38/ 10, 1181-1189 2006/10/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 先天性心疾患のある幼児の成長発育に関する母親の思いー小児神経外来で発達フォローを受けている児に焦点を当ててー 第18回山梨大学看護学会学術集会 2017/11/11
  2. 口頭発表(一般) 先天性心疾患のある子どもの成長・発達の遅れに関する母親の思い 第53回日本小児循環器学会 2017/07/08
  3. 口頭発表(一般) 長期入院後の小児がんの子どもにおける学校・地域社会への適応に影響する要因ー思春期にある子どものQOLと語りー やまなし小児保健 2016/11/26
  4. 口頭発表(招待・特別) 小児外科消化器疾患治療後の青年期患者における成人外科医療への移行の課題 青森骨盤外科研究会 2016/11/12
  5. ポスター発表 先天性心疾患児の成長発達への看護に関する国内文献レビュー 第63回日本小児保健協会学術集会 2016/06/25

上記以外の発表の総数

  1. 2017 2 1
  2. 2011 1 1
  3. 2009 3 3

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2017/04/01-2018/03/31 日本小児ストーマ・排泄・創傷管理研究会装具等委員会 分担 小児褥瘡に関する実態調査 データの分析、研究発表へのアドバイス
  2. 2016/04/01-2017/03/31 日本小児ストーマ・排泄管理研究会装具等検討委員会 分担 小児褥瘡に関する実態調査 データの集計、分析、研究会発表へのアドバイス
  3. 2015/04/01-2016/03/31 日本小児ストーマ・排泄管理研究会装具等検討委員会 分担 小児褥瘡に関する実態調査 研究計画書の作成へのアドバイス、プロトコール作成の支援、集計
  4. 2014/04/01-2015/03/31 日本小児ストーマ・排泄管理研究会装具等検討委員会 分担 1500g未満の低体重児のストーマ管理に関する実態調査 研究計画書の作成へのアドバイス、プロトコール作成の支援、集計、論文執筆指導
  5. 2013/04/01-2014/03/31 日本小児ストーマ・排泄管理研究会装具等検討委員会 分担 オープンクベース用体圧分散寝具としてのベビーズマットレスの人形を用いた圧分散試験 委員として研究デザインへの助言、発表の助言

実技実績、臨床実績

  1. 臨床実績 永久ストーマを保有する患者・家族会でのコンサルテーション 2017/07/29-2017/07/30 患者会幹事による患者・家族会のサマーキャンプを運営を補助し、個別のコンサルテーションを行った。
  2. 臨床実績 青葉病院ストーマ・排泄外来での患者指導 2017/04/01-2018/03/31 青葉病院を受診するストーマ保有者のストーマケア・生活指導を行い、高齢者および小児期から成人期に移行するストーマ保有者の術後フォローアップを行う。
  3. 臨床実績 青葉病院ストーマ・排泄外来指導 2016/04/01-2017/03/31 褥瘡回診、ストーマ外来で生活指導・ケアを実施した。
  4. 臨床実績 青葉病院ストーマ・排泄外来指導 2015/04/01-2016/03/31 褥瘡回診、ストーマ外来で患者ケア・生活指導を行った

担当授業科目

  1. 在宅看護論Ⅰ
  2. 看護実践方法論
  3. 小児看護学特別研究
  4. 排泄看護学演習

教育実績

  1. 大学院への入学勧誘 2017/06/22-2017/12/26 甲信ストーマリハビリテーション講習会の場や卒業生の結構式で数人の卒業生に合えたので、進路相談時に進学の勧めを行った。
  2. 看護学科内入試・広報WGの委員長として、高校生への進路相談会、高校訪問等で、高校生・父兄、高校教諭に対して進学説明をした。オープンキャンパスにおいて学科の教育・研究についての話をした。 2017/04/01-2018/03/31
  3. 県内高校との情報交換会 2014/08/20 看護学科受験までの学習準備等質問に対応した。
  4. 看護学科オープンキャンパス 2014/08/07 本学看護学科の看護研究や看護職の就職先、カリキュラムの特色や大学生活など話した。
  5. 大学院進学案内 2014/06/12 甲信ストーマ講習会において修士終了生からの大学院を勧める対象者の情報を得て、講習会期間に案内した。

その他の教育実績

  1. 2017 高校生のための公開講座
  2. 2017 卒業1年目のOSCE試験監督
  3. 2016 卒業1年目のOSCEの試験監督
  4. 2016 看護学科と医学部付属病院看護部連携プロジェクト
  5. 2015 看護学科と医学部付属病院看護部連携プロジェクト

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2017 1 1 4 他領域の論文審査の主査として、審査時・事後に指導を行った。 2 4
  2. 修士学位論文指導 2017 2 0 0 2 修士論文指導 12 200
  3. 学部卒業論文指導 2017 6 6 6 3 11 155
  4. 修士学位論文指導 2016 1 1 2 修士論文「重症先天性心疾患のある幼児の成長・発達に関する母親の思い」の論文指導を行った。 12 120
  5. 博士学位論文指導 2016 1 1 5 博士論文「母親が小児がんの初回治療を受ける我が子を支えるプロセス」の指導を行った。 12 50

その他の学部学生指導

  1. 2017 2016-2017 2年生のスモールクラスにおいて、4年生ゼミ生を交えて相談できる場を設定して、進路や学習の仕方などのアドバイスをもらって、進路について考える機会とした。 6 小児看護学領域での就職先についてのアドバイス、助産課程進学への相談,保健師師就職の担当教員との調整をした。 5 体調不良の学生の講義出席日数不足かを担当教員に試験を受けられるよう調整した。 550 病棟との実習打ち合わせ、実習オリエンテーション、技術演習の実施、臨地実習における学生の習得度を見ての個別指導、カンファレンスでの指導等を行った。 5 実習オリエンテーションにて、臨地実習場における患者事故と事故防止についての安全教育を行った。 50 保育園実習、外来実習、病棟実習での引率、カンファレンスでの学生指導、関連施設への挨拶を行った。 15 体調不良学生の受診・付き添いから、本人の話を聞き、休学・復学の手続きに関して指導を行った。 5 小児看護活動論Ⅰ・Ⅱの定期試験における成績不良の学生に個人面接して、学習の仕方の指導、その他の相談に応じた。

修士・博士論文審査

  1. 2017 主査 1

外部発表指導の実績

  1. 2017 5 50
  2. 2016 2 6

社会貢献活動

  1. つぼみ会(永久ストーマ保有の患者・家族会)において、ボランティアを依頼し、家族旅行の企画の相談にのり、支援活動を行った。 2017/07/29-2017/07/30
  2. 卒後1年の研修生のためのOSCE研修 2017/02/11-2017/02/11
  3. 江戸川区オストメイト在宅講習会 2016/08/18-2016/08/18 江戸川区の介護福祉士に対して、オストミー協会江戸川支部と連携して、在宅ストーマ講習会を行った。企画から講師依頼、受講証の発行等の業務も支援した。
  4. 第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会の開催 2016/02/19-2016/02/20 第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会を甲府富士屋ホテルにて開催した。教育セミナー、プロジェクト報告企画、災害対策委員会企画、講習会委員会企画の他、シンポジウムⅠ、Ⅱ、パネルディスカッション、特別講演、会長講演、ICS Education Lecture等を行った。224題と過去最多の演題数の発表を行い、医師、看護師、コメディカルの参加の他、企業展示、物産展等の関係者の参加があり成功裡に終了できた。
  5. 第13回日本小児がん学会の開催 2015/11/27-2015/11/29 第13回日本小児がん看護学会学術集会を、第57回日本小児血液・がん学会学術集会および第20回公益法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムとともに開催した。

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会におけるICS Education Lectureの開催
  2. 2015 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 有賀誠一先生(セントポールズ・カレッジ(カナダ)元国際学特任教授) からスピリチュアルケアについて学ぶ
  3. 2012 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 第4回世界創傷治癒学会連合会議

所属学協会

  1. 日本食看護研究会 2015/03
  2. 小児がん看護学会 2013/11/01-2016/03/31
  3. 山梨県小児保健協会 2011/05
  4. 山梨ストーマ研究会 2008/10
  5. 日本看護科学学会 2008/06

学外委員

  1. 日本食看護研究会 評議員、理事、事務局にて総務担当 2015/03
  2. 国立大学保健医療学系代表者会議看護分科会 看護基礎教育検討委員会 2013/04/01
  3. 日本小児ストーマ・排泄・創傷管理研究会 世話人、装具等委員会委員 2012/04
  4. 山梨小児保健学会 理事 2011/06/01
  5. 山梨県小児保健協会 理事 2011/04

病院における診療活動・医療支援等

  1. 外来 青葉病院における褥瘡回診、ストーマ外来 2017/04/01-2018/03/31 200 分担 青葉病院に入院する褥瘡患者・ストーマ保有者の回診により、ケアの提供と、WOCNへの指導を行った。また、ストーマ外来に来院する患者へのストーマケアと療養生活指導を行い、必要に応じて地域訪問看護ステーションとの連携を図った。
  2. 外来 青葉病院ストーマ・排泄外来 2016/04/01-2017/03/31 150 分担 チーム 褥瘡回診、ストーマ患者のフォローアップにおける患者指導・支援
  3. 外来 青葉病院ストーマ・排泄外来 2015/04/01-2016/03/31 200 分担 チーム 褥瘡回診、ストーマ患者のフォローアップにおける患者指導・支援