著書

公開件数: 18 件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 消化管ストーマ関連合併症の予防と治療・ケアの手引き
石川眞里子
Ⅷ章 ストーマ造設・合併症とQOL 1ストーマ合併症とQOLの変化
金原出版
2018/02/25
978-4-307-70232-4

QOLはの定義は曖昧であったが,1980 年代には定量化が可能で測定が容易なアウトカム指標が重要視される医療評価モデルへと変更されてきた。
大腸がんで外科手術を受けた患者の調査研究には,EORTC QLQ-C30,EORTC QLQ-CR38,SF-36の順で使われていた。
MCOHQOLQO および Stoma QOLアンケートでは,はストーマ保有に関連する問題には,性的問題,うつ病,ガス,便秘,外見の不満,衣服の変化,旅行の困難,疲労感,オストミーからの騒音などが含まれる。
わが国では依然としてオストメイトのQOL評価の報告は少なく、その評価は十分とは言えない状況である。臨床で日常的に使用して患者さんへフィードバックを行い、術前評価や定期的評価として継続的にQOL評価を行うことがオストメイトのQOL向上に貢献できる。
2 講習会講義の秘密第14回リーダーシップコース
石川眞里子
小児から成人へ 人がさまざまな成長・発達段階においてストーマを造設するとは
ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
2017/07/19



3 第18回甲信ストーマリハビリテーション講習会テキスト
石川眞里子
ストーマリハビリテーションの概念
甲信ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
2017/06/01



4 講習会講義の秘密 第13回リーダーシップコース
石川眞里子
小児から成人へ
ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
2016/07/01



5 第17回甲信ストーマリハビリテーション講習会テキスト
石川眞里子
ストーマリハビリテーションの概念
甲信ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
2016/06/01



6 第6回岐阜ストーマリハビリテーション講習会講義資料集
石川眞里子
小児ストーマ保有者の看護
岐阜ストーマリハビリテーション講習会運営実行委員会
2016/03/20



7 ストーマリハビリテーション基礎と実際(第3版)
石川眞里子他
小児のストーマ造設術の術前管理と特徴
金原出版
2016/02/29
978-4-307-70199-0


8 第33回学会総会プログラム・抄録集
第33回学会総会プログラム・抄録集の編集・監修

日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会
2016/01/31



9 第13回日本小児がん看護学会学術集会プログラム・総会号

プログラム・総会号のすべて
日本小児がん看護学会
2015/10/31



10 第8回福島ストーマリハビリテーション講習会テキスト
石川眞里子
小児ストーマの管理
福島ストーマリハビリテーション研究会
2015/08/08



11 講習会講義の秘密 第12回リーダーシップコース
石川眞里子
小児から成人へ
日本ストーマ・排泄リハビリテーション実行委員会
2015/07/01



12 第16回甲信ストーマリハビリテーション講習会テキスト
石川眞里子
ストーマリハビリテーションの概念
甲信ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
2015/06/01



13 第5回岐阜ストーマリハビリテーション講習会講義資料集
高橋孝夫,作間久美,三宅規子,川村知代,久保田宏美,中嶋一二三,野田智子,井川愛子,尾上俊介,正者美穂,松橋延尋,横井繁明,三輪好生,田中千弘,今井和美,鴻村寿,石川眞里子,奥田容子,野々村育栄
-

2015/03/01


岐阜ストーマリハビリテーション講習会編集委員会
14 ストーマ・排泄リハビリテーション学用語集第3版
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会用語委員会
井川靖彦,石川眞里子,板橋道朗,岡田裕作,倉本秋,幸田圭史,後藤百万,末永きよみ,積美保子,高尾良彦,高波真佐治,谷口珠実,寺地敏郎,舟山裕士,味村俊樹,籾山こずえ
小児外科領域用語
金原出版
2015/02/27
978-4-307-70227-0


15 講習会講義の秘密 第11回リーダーシップコース
前川厚子,穴澤貞夫,田澤賢次,倉本秋,松浦信子,西口幸雄,池秀之,積美保子,上川禎則,前田耕太郎,斉藤忠則,梶西ミチコ,森田隆幸,古田希,石川眞里子,安田智美,登坂有子,伊藤美智子,柴崎真澄,舟山裕士
-

2014/07/01


ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
16 甲信ストーマリハビリテーション講習会テキスト
石川眞里子,尾花和子,山崎紀江,森義之,座光寺秀典,須藤誠,仲澤幸恵,松本美和,清水徳子,小池賀津江,後藤茂美,金丸明美,中村令子,奥山博信,大村裕子,梶原睦子,穴澤貞夫
-

2014/06/01



17 消化管ストーマ造設の手引き
石川眞里子
Ⅴ術後のストーマケア 3ストーマケアの実際
文光堂
2014/02/04
978-4-8306-2338-7

術後1病日では、全身の観察と共にストーマの観察をするために(術直後に手術室で貼付されてきた)装具を交換する。この際は医師と看護師で一緒に開腹創およびストーマ創を観察することが望ましい。
○初回の装具交換で、面板の溶解の程度や方向、腹部膨満や(座位などに)体位を変えた時の腹壁の形状変化、排泄物の性状と量などをアセスメントし、同様の術直後用装具を使用するか否か、次回の交換日の目安を決める。
術直後のストーマおよび周囲皮膚の特徴は、①開腹創(清潔創)とストーマ創(汚染創)が近くにある,②ストーマ粘膜と皮膚を縫合したばかりで接合部はまだ癒合していない,③縫合部の出血や腸管の血流障害による壊死などの術後早期合併症のリスクがある,④排泄物の付着による感染のリスクが高いことが挙げられる。
18 講習会講義の秘密 第9回リーダーシップコース
西口幸雄,積美保子,山本由利子,秋山結美子,森田隆幸,古田希,石川眞里子,池秀行,前田耕太郎,上川禎則,斉藤忠則,柴崎真澄,穴澤貞夫,田澤賢次,倉本秋,上出良一,松原信子,三浦英一朗,吉川隆造,安田智美,伊藤美知子,籾山こずえ,大村裕子,船橋公彦,内藤春彦,前川厚子,舟山裕士,後藤茂美,小林和代,登坂有子,梶西ミチ子,高波真佐治,三木佳子,松原康美,山田陽子,中越享
-
ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
2013/06/01