山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(免疫学)

助教

中嶋 正太郎

ナカジマ ショウタロウ
Nakajima Shohtaroh

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員 DC2(医歯薬学) 2012/04/01-2013/03/31
  2. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 リエゾンアカデミー 特任助教 2013/04/01-2014/03/31
  3. シンガポール国立大学 癌科学研究所 博士研究員 2014/04/01-2016/08/31
  4. 山梨大学大学院総合研究部 医学部免疫学講座 協力研究者 2016/09/01-2016/12/31
  5. 山梨大学大学院総合研究部 医学部免疫学講座 特任助教 2017/01/01

学歴

  1. 山梨大学 工学部 生命工学科 2008/03/31 卒業
  2. 山梨大学 医学工学総合教育部 医科学専攻 修士 2010/03/31 修了
  3. 山梨大学 医学工学総合教育部 人間環境医工学専攻 博士 2013/03/31 修了

研究テーマ

  1. 精神的な変化がアレルギーの症状に与える影響の解析 2017/09/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 The frequency of Th17 cells in the small intestine exhibits a day-night variation dependent on circadian clock activity. Thu Le HP, Nakamura Y, Oh-Oka K, Ishimaru K, Nakajima S, Nakao A. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 2017/08/19 0006-291X
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Accumulation of CD11c+CD163+ Adipose Tissue Macrophages through Upregulation of Intracellular 11β-HSD1 in Human Obesity. Nakajima S, Koh V, Kua LF, So J, Davide L, Lim KS, Petersen SH, Yong WP, Shabbir A, Kono K JOURNAL OF IMMUNOLOGY 2016/11/01 0022-1767
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Inhibition of NF-κB by MG132 through ER stress-mediated induction of LAP and LIP. Nakajima S, Kato H, Takahashi S, Johno H, Kitamura M. FEBS LETTERS 2011/07/21 0014-5793
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Tian T, Zhao Y, Nakajima S, Huang T, Yao J, Paton AW, Paton JC, Kitamura M. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 2011/07/15 0006-291X
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Subtilase cytotoxin activates MAP kinases through PERK and IRE1 branches of the unfolded protein response. Zhao Y, Tian T, Huang T, Nakajima S, Saito Y, Takahashi S, Yao J, Paton AW, Paton JC, Kitamura M. TOXICOLOGICAL SCIENCES 2011/03 1096-6080

研究発表

  1. ポスター発表 レスベラトロールによるIL-33誘導性マスト細胞の活性化の抑制 第46回日本免疫学会学術集会 2017/12/14

担当授業科目

  1. 免疫学
  2. 免疫アレルギー学

その他の教育実績

  1. 2013 第4回関東四大学リトリート・拡大版

その他の学部学生指導

  1. 2009 60 研究における指導、日本での生活における指導
  2. 2008 60 研究に関する指導、日本での生活における指導

社会貢献活動

  1. サイエンスカフェの開催 2017/10/07