山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(社会医学)

顔写真
講師

三宅 邦夫

ミヤケ クニオ
Miyake Kunio

経歴

  1. 山梨大学大学院生(社会医学) 2004/04/01
  2. 山梨大学大学院生(環境遺伝医学) 2006/04/01
  3. 山梨大学助教(環境遺伝医学) 2009/01/01

学歴

  1. 山梨大学 2006/03
  2. 山梨大学 2009/03

学位

  1. 修士 2006/03
  2. 博士 2009/03

研究分野

  1. 神経科学一般 神経科学、エピジェネティクス

研究テーマ

  1. 発達障害の分子メカニズムの解明

著書

  1. :レット症候群 三宅邦夫,久保田健夫 - 理化学研究所脳科学総合研究センター 2013/06/01
  2. Epigenetics Miyake K,Kubota T 日本臨床 2010/08/01

論文

  1. Lack of association between deletion polymorphism of BIM gene and in vitro drug sensitivity in B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia. Huang M, Miyake K, Kagami K, Abe M, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Goi K, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Kiyokawa N, Sugita K, Inukai T. LEUKEMIA RESEARCH 2017/06/04 0145-2126
  2. 共著 Differential X Chromosome Inactivation Patterns during the Propagation of Human Induced Pluripotent Stem Cells. Andoh-Noda T, Akamatsu W, Miyake K, Kobayashi T, Ohyama M, Kurosawa H, Kubota T, Okano H. Keio J Med 2017/05/25
  3. 共著 Pre-treatment with amitriptyline causes epigenetic up-regulation of neuroprotection-associated genes and has anti-apoptotic effects in mouse neuronal cells. Tran NQV, Nguyen AN, Takabe K, Yamagata Z, Miyake K. Neurotoxicol Teratol 2017/05/13
  4. 共著 Neurodevelopmental Disorders and Environmental Toxicants: Epigenetics as an Underlying Mechanism Tran NQV, Miyake K NEUROTOXICOLOGY AND TERATOLOGY 2017/05/08 0892-0362
  5. 共著 Protein-restricted diet during pregnancy after insemination alters behavioral phenotypes of the progeny. Furuse T, Miyake K, Kohda T, Kaneda H, Hirasawa T, Yamada I, Kushida T, Kashimura M, Kobayashi K, Ishino F, Kubota T, Wakana S. Genes and Nutrition 2017/01/19 1555-8932

研究発表

  1. ポスター発表 Amitriptyline causes epigenetic up-regulation of neuroprotection-associated genes and has anti-apoptotic effects in mouse neuronal cells 第40回日本神経科学大会 2017/07/20
  2. ポスター発表 Involvement of Allele-Specific Methylation of Asparagine Synthetase Gene is in Asparaginase Sensitivity of BCP-ALL. 58th American Society of Hematology Annual meating 2016/12/05
  3. ポスター発表 Association of BIM gene silencing by hypermethylation with chemoresistance in BCP-ALL 第78回日本血液学会 2016/10/14
  4. ポスター発表 One carbon metabolism 関連遺伝子欠損マウスを親に持つ野生型マウスの行動表現型解析 第39回日本神経科学大会 2016/07/20
  5. ポスター発表 次世代シーケンサーによるALL細胞のL-Asp感受性におけるASNS遺伝子のメチル化解析 第119回日本小児科学会学術集会 2016/05/13

知的財産権

  1. 特許 幹細胞の品質管理方法 特願2016-554145 2016/04/21

受賞

  1. 平成27年度優秀教員奨励制度研究特別奨励賞 2016/05/06 平成26年度実績に基づく教員個人評価結果

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2014/08/15 味の素 分担 妊娠中低たんぱく食によるマウス仔のエピジェネティクス異常解析 網羅的遺伝子発現、DNAメチル化解析
  2. 2014/06/04-2018/03/31 積水メディカル 代表 幹細胞の品質管理方法及び小児白血病におけるメチル化解析 DNAメチル解析、iPS細胞培養
  3. 2014/04/01-2020/03/31 北海道大学 分担 環境化学物質によるASD等の神経発達障害と環境遺伝-エピゲノム交互作用の解明に関する研究 エピゲノム解析
  4. 2013/04/01 自治医科大学 分担 An Xp22.12 microduplication including RPS6KA3 identified in a family with variably affected intellectual and behavioral disabilities X染色体不活性化解析を行い、不活化パターンの差を明らかにした。

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2016 2
  2. 研究生指導の実績(学部) 2016 1 次世代シークエンスデータの解析 12

所属学協会

  1. アメリカ人類遺伝学会 2014/06
  2. 日本分子生物学会 2011/04
  3. 北米神経科学会 2007/05/01
  4. 日本神経科学会 2005/04/01