山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(社会医学)

顔写真
准教授

三宅 邦夫

ミヤケ クニオ
Miyake Kunio

経歴

  1. 山梨大学大学院医学工学総合研究部(早稲田大学・山梨大学戦略的連携事業) 環境遺伝医学 特任助教 2009/01/01-2011/03/31
  2. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 環境遺伝医学 特任助教 2011/04/01-2013/09/30
  3. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 環境遺伝医学 助教 2013/10/01-2015/09/30
  4. 山梨大学大学院総合研究部 医学域 環境遺伝医学 講師 2015/10/01-2016/03/31
  5. 山梨大学大学院総合研究部 医学域(社会医学) 社会医学講座 講師 2016/04/01

学歴

  1. 山梨大学 2006/03
  2. 山梨大学 2009/03

学位

  1. 修士 2006/03
  2. 博士 2009/03

研究分野

  1. 人類遺伝学 神経科学、エピジェネティクス

研究テーマ

  1. 発達障害の分子メカニズムの解明

著書

  1. Epigenome-wide association studies in neurodevelopmental disorders. Kubota T, Miyake K, Hirasawa T Cambridge University Press 2016/02/09
  2. 先制医療の生物学的基盤としてのエピジェネティクス 1. 久保田健夫、三宅邦夫、針谷夏代、望月和樹. 羊土社 2015/05/01
  3. :レット症候群 三宅邦夫,久保田健夫 - 理化学研究所脳科学総合研究センター 2013/06/01
  4. Epigenetics Miyake K,Kubota T 日本臨床 2010/08/01

論文

  1. 共著 An epigenome-wide study of cord blood DNA methylations in relation to prenatal perfluoroalkyl substance exposure: The Hokkaido study Ryu Miura, Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Sumitaka Kobayashi, Sachiko Kobayashi, Shu-Li Wang, Chung-Hsing Chen, Kunio Miyake, Mayumi Ishizuka, Yusuke Iwasaki, Yoichi M. Ito, Takeo Kubota, Reiko Kishi ENVIRONMENT INTERNATIONAL Elsevier 115, 21-28 2018/03/05 0160-4120 10.1016/j.envint.2018.03.004
  2. 共著 Clofarabine exerts antileukemic activity against cytarabine-resistant B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia with low deoxycytidine kinase expression. Huang M, Inukai T, Miyake K, Tanaka Y, Kagami K, Abe M, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Sugihara E, Watanabe A, Somazu S, Shinohara T, Oshiro H, Akahane K, Goi K, Sugita K. Cancer Medicine 2018/02/23 2045-7634 10.1002/cam4.1323
  3. 共著 Lack of association between deletion polymorphism of BIM gene and in vitro drug sensitivity in B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia. Huang M, Miyake K, Kagami K, Abe M, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Goi K, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Kiyokawa N, Sugita K, Inukai T. LEUKEMIA RESEARCH 60, 24-30 2017/06/04 0145-2126 10.1016/j.leukres.2017.06.003.
  4. 共著 Differential X Chromosome Inactivation Patterns during the Propagation of Human Induced Pluripotent Stem Cells. Andoh-Noda T, Akamatsu W, Miyake K, Kobayashi T, Ohyama M, Kurosawa H, Kubota T, Okano H. Keio J Med 2017/05/25
  5. 共著 Pre-treatment with amitriptyline causes epigenetic up-regulation of neuroprotection-associated genes and has anti-apoptotic effects in mouse neuronal cells. Tran NQV, Nguyen AN, Takabe K, Yamagata Z, Miyake K. NEUROTOXICOLOGY AND TERATOLOGY 62, 1-12 2017/05/13 0892-0362 10.1016/j.ntt.2017.05.002.

研究発表

  1. ポスター発表 高血圧及び高脂肪食摂取はラット肝臓Cyp7a1プロモーターのメチル化頻度を増加させる 第88回日本衛生学会 2018/03/22
  2. ポスター発表 抗精神病薬アミトリプチリンはエピジェネティクス機構を介して神経細胞死を抑制する ConBio2017 2017/12/08
  3. ポスター発表 妊娠中の喫煙曝露における臍帯血を用いたDNAメチル化変化領域の同定. 第46回日本環境変異原学会 2017/11/07
  4. ポスター発表 Amitriptyline causes epigenetic up-regulation of neuroprotection-associated genes and has anti-apoptotic effects in mouse neuronal cells 第40回日本神経科学大会 2017/07/20
  5. 口頭発表(一般) 胆汁を用いた膵胆道疾患における癌抑制型miRNAのメチル化異常に関する検討 第48回日本膵臓学会大会 2017/07/14

知的財産権

  1. 特許 幹細胞の品質管理方法 特願2016-554145 2016/04/21

受賞

  1. 平成27年度優秀教員奨励制度研究特別奨励賞 2016/05/06 平成26年度実績に基づく教員個人評価結果

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2014/08/15-2016/03/31 味の素 分担 妊娠中低たんぱく食によるマウス仔のエピジェネティクス異常解析 網羅的遺伝子発現、DNAメチル化解析
  2. 2014/06/04-2019/03/31 積水メディカル 代表 幹細胞の品質管理方法及び小児白血病におけるメチル化解析 DNAメチル解析、iPS細胞培養
  3. 2014/04/01-2020/03/31 北海道大学 分担 環境化学物質によるASD等の神経発達障害と環境遺伝-エピゲノム交互作用の解明に関する研究 エピゲノム解析
  4. 2013/04/01 自治医科大学 分担 An Xp22.12 microduplication including RPS6KA3 identified in a family with variably affected intellectual and behavioral disabilities X染色体不活性化解析を行い、不活化パターンの差を明らかにした。

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2017 1 1 1 1
  2. 博士学位論文指導 2016 2
  3. 研究生指導の実績(学部) 2016 1 次世代シークエンスデータの解析 12

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 1 0 2 1

所属学協会

  1. 日本変異原学会 2017/08/01
  2. アメリカ人類遺伝学会 2014/06
  3. 日本分子生物学会 2011/04
  4. 北米神経科学会 2007/05/01
  5. 日本神経科学会 2005/04/01