山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(血液・腫瘍内科学)

顔写真
教授

桐戸 敬太

キリト ケイタ
Kirito Keita

経歴

  1. 自治医科大学医学部内科学講座血液 助手 1998/04/01
  2. University of Washington, School of Medicine Visiting assistant professor 2001/12/01
  3. University of California, San Diego, School of Medicine Assistant research scientist 2002/07/01
  4. 自治医科大学医学部 内科学講座血液 講師 2004/07/01
  5. 山梨大学准教授(血液内科) 2005/01/01
  6. 山梨大学教授(血液内科) 2010/01/01
  7. 山梨大学医学部 血液・腫瘍内科 教授 2010/01/01

学歴

  1. 1998/03/31

学位

  1. 医学博士 1998/03/31

研究分野

  1. 血液内科学
  2. 血液内科学
  3. 造血幹細胞 トロンボポエチンのシグナル伝達 がんと転写因子

研究テーマ

  1. 腫瘍細胞の環境応答をターゲットとしたがん治療戦略の確立

著書

  1. 原発性骨髄線維症 桐戸 敬太 - 医学書院 2015/03/01
  2. 真性赤血球増加症、本態性血小板血症、原発性骨髄線維症 桐戸 敬太 - 医学書院 2015/01/01
  3. 原発性骨髄線維症 桐戸 敬太 - 中外医学社 2015/01/01
  4. 骨髄異形成/骨髄増殖性腫瘍 桐戸 敬太 - 医歯薬出版株式会社 2014/09/01
  5. 二次がんって何? 桐戸敬太 - 中央市、昭和町 2014/02/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) Effect of ruxolitinib therapy on the quality-of-life of Japanese patients with myelofibrosis Oritani, K. Ohishi, K. Okamoto, S. Kirito, K. Komatsu, N. Tauchi, T. Handa, H. Saito, S. Takenaka, K. Shimoda, K. Okada, H. Amagasaki, T. Wakase, S. Shimozuma, K. Akashi, K. CURRENT MEDICAL RESEARCH AND OPINION 2018/01/04 0300-7995
  2. 研究論文(学術雑誌) Clinical Efficacy and Safety of First-Line Dasatinib Therapy and the Relevance of Velocity of BCR-ABL1 Transcript Decline for Achievement of Molecular Responses in Newly Diagnosed Chronic-Phase Chronic Myeloid Leukemia Takaku, T. Iriyama, N. Mitsumori, T. Sato, E. Gotoh, A. Kirito, K. Noguchi, M. Koike, M. Sakamoto, J. Oba, K. Komatsu, N. ONCOLOGY 2017/11/18 0030-2414
  3. 研究論文(学術雑誌) Evaluation of the Dose and Efficacy of Ruxolitinib in Japanese Patients With Myelofibrosis Kirito, K. Okamoto, S. Ohishi, K. Tauchi, T. Handa, H. Saito, S. Takenaka,K. Shimoda, K. Oritani, K. Akashi, K. Okada, H. Amagasaki, T. Suzuki, K. Yonezu, T. Komatsu, N. INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY 2017/11/18 0925-5710
  4. 研究論文(学術雑誌) Ruxolitinib is effective and safe in Japanese patients with hydroxyurea-resistant or hydroxyurea-intolerant polycythemia vera with splenomegaly Kirito, K. Suzuki, K. Miyamura, K. Takeuchi, M. Handa, H. Okamoto, S. Gadbaw, B. Yamauchi, K. Amagasaki, T. Ito, K. Hino, M. INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY 2017/09/27 0925-5710
  5. 研究論文(学術雑誌) Tumor Lysis Syndrome after the Administration of Ruxolitinib in a Patient with Post-polycythemia Vera Myelofibrosis Koshiishi, Megumi Sueki, Yuki Kawashima, Ichiro Nakajima, Kei Mitsumori, Toru Kirito, Keita INTERNAL MEDICINE 2017/09/01 0918-2918

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 新しく開発された可溶性インターロイキン受容体(sIL-2R)の検討 非ホジキンリンパ腫におけるsIL-2Rの有用性 第17回日本検査血液学会学術集会 2016/08/06
  2. 口頭発表(招待・特別) 新しく開発された可溶性インターロイキン受容体(sIL-2R)の基礎的検討(会議録) 第17回日本検査血液学会巻学術集会 2016/08/06
  3. 口頭発表(一般) 当院における、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫に対する喫煙の影響(ポスター) 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会 2015/07/16
  4. 口頭発表(一般) 副腎血管内大細胞型B細胞性リンパ腫1例 第3回日本血液学会関東甲信越地方会 2015/07/04
  5. 口頭発表(一般) CD8陽性原発性皮膚未分化大細胞リンパ腫の1例 第79回日本皮膚科学会山梨地方会 2014/12/06

上記以外の発表の総数

  1. 2011 0 5 18
  2. 2010 13 9 5
  3. 2009 1 1
  4. 2008 4 1 3
  5. 2007 2 2

受賞

  1. 日本白血病研究基金 一般研究賞 2005/12/03 ホメオタンパク質の機能破綻による白血病発症機構の解明
  2. 自治医科大学若手研究者奨励賞 2000/04/01
  3. 自治医科大学大学院研究奨励賞 1997/04/01

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/08/29-2017/08/29 龍谷大学/理工学部・物質化学、産総研/創薬基盤研究部門 分担 フォトクロミック色素を用いた新しい光線力学療法システムの開発 細胞死のメカニズム解析、動物実験
  2. 2005/04/01-2006/03/31 University of California, San Diego 代表 HIF-1を分子標的とした新たな白血病治療法の開発 サイトカインによるHIF-1の安定化機構の解明について解析を行った。 研究成果については、2005.12の米国血液学会において発表。現在、投稿準備中である。

担当授業科目

  1. チュートリアルコース6
  2. 血液内科学実習

指導実績

  1. 附属病院研修医指導の実績 2016 12 診療指導

社会貢献活動

  1. 山梨県がん診療拠点病院 市民公開講座 2017/07/08
  2. 山梨県がん診療拠点病院 市民公開講座 2016/07/13

所属学協会

  1. ヨーロッパ血液学会 (European Hematology Association) 2008/10
  2. 米国血液学会 2005/01/01
  3. 日本臨床腫瘍学会 2004/07/01
  4. 日本血液学会 1992/04/01
  5. 日本内科学会 1990/04/01

学外委員

  1. 日本臨床腫瘍学会 協議員 2017/07/26
  2. 山梨県国民健康保険診療報酬審査委員会 審査委員 2017/03
  3. 日本内科学会 評議員 2015/04
  4. 山梨県指定難病審査会 審査委員 2015/01

病院における診療活動・医療支援等

  1. 外来 血液腫瘍内科外来 2017/04/01-2018/03/31 代表
  2. 入院 血液腫瘍内科入院診療 2017/04/01-2018/03/31 代表
  3. 治験 PNHに対する長時間作動型エクリズマブ臨床試験 2016/04/01-2017/03/31 代表
  4. 治験 Rethink study 2016/04/01-2017/03/31 分担
  5. 入院 血液腫瘍内科入院診療 2016/04/01-2017/03/31 代表