山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(医学教育センター)

顔写真
准教授

加藤 伊陽子

カトウ イヨコ
Katoh Iyoko

経歴

  1. 林学園女子短期大学 ( 現 愛知江南短期大学)助手 1976/04/01
  2. 三重大学医学部微生物学 文部技官 1978/03/01
  3. Research Associate, Dept. of Microbiology & Immunology, Univ. South Carolina Sch. of Medicine, USA 1982/08/18
  4. Senior Research Technician, National Cancer Institute-Frederick Cancer Research Facility, USA 1983/08/01
  5. 理化学研究所・ライフサイエンス筑波研究センター・分子腫瘍学 研究生 1985/08/01
  6. 大塚製薬(株)徳島研究所 研究員 1990/03/21
  7. 東京医科歯科大学・医学部・感染分子制御学 教務補佐員 1996/11/16
  8. 理化学研究所・井川特別研究室 研究員 2000/10/01
  9. 山梨大学・大学院医学工学総合研究部・医学学域・微生物学 助教授 2005/03/01
  10. 山梨大学・大学院医学工学総合研究部・医学学域・生物学准教授 (職位名変更) 2012/04/01
  11. 山梨大学・大学院総合研究部・医学域(医学部医学教育センター)准教授 (改組) 2015/04/01
  12. (兼)神奈川歯科大学特任教授 2015/06/01

学歴

  1. 三重大学 1976/03/31

学位

  1. 薬学博士 東京大学 1989/02/08

研究分野

  1. 実験病理学 分子腫瘍学, 特にp53(TP53)がん抑制遺伝子ファミリーのp63(TP63)
  2. ウイルス学 レトロウイルスの転写調節、レトロウイルスプロテアーゼ

研究キーワード

  1. レトロウイルス, ヒト内在性レトロウイルス(HERV), LTR, 転写制御, レトロウイルスプロテアーゼ
  2. p63,TP63,がん抑制遺伝子,p53,TP53,転写制御,扁平上皮癌

研究テーマ

  1. がん抑制タンパク質p53ファミリーの一員p63/p51の扁平上皮癌における役割
  2. レトロウイルス増殖機構:LTRによる転写制御, レトロウイルスプロテアーゼの機能, 粒子形成

論文

  1. Repression of Wnt/β-catenin response elements by p63 (TP63) Katoh I,Fukunishi N,Fujimuro M,Kasai H,Moriishi K,Hata R,Kurata S Cell Cycle 15/ 5, 699-710 2016/03/01
  2. Impacts of endogenous retroviruses on tumorigenesis, immunity, stem cells, and research safety Katoh I Frontiers in Oncology 4, 1-2 2014/03/01
  3. Association of endogenous retroviruses and long terminal repeats with human disorders Katoh I,Kurata S Frontiers in Oncology 3, 1-8 2013/09/01
  4. Reactivation of human endogenous retroviruses (HERVs) in carcinogenesis, immunity, stem cells and placentation. Katoh, I. Frontiers in Oncology (Research Topic) 2012/10/01
  5. Activation of the long terminal repeat of human endogenous retrovirus K by melanoma-specific transcription factor MITF-M. Katoh I,Mírová A,Kurata S,Murakami Y,Horikawa K,Nakakuki N,Sakai T,Hashimoto K,Maruyama A,Yonaga T,Fukunishi N,Moriishi K,Hirai H Neoplasia 13/ 11, 1081-1092 2011/11/01 インパクトファクター 5.476、筆頭著者・責任著者

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) DeltaN-p63 is inducible by Smad2 and IKKalpha, the newly identified keratinocyte-specific TGF-beta signaling partners. 第68回日本癌学会学術総会 International Session 2009/10/01
  2. 口頭発表(招待・特別) Genotoxic stress-responsive transactivators encoded by tumor suppressor p53 gene family p51 (p63). The 2nd China-Japan Joint Conference for Cancer Research 2002/05/31

上記以外の発表の総数

  1. 2008 4 1 3
  2. 2007 1 1
  3. 2005 1 0 1
  4. 2004 3 0 3
  5. 2003 7 3 4

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2008/04/01-2009/03/31 京都大学霊長類研究所 代表 ヒト内在性レトロウイルスHERV-KのLTRにみる進化的変化 (計画研究4-5) 役割:内在性レトロウイルスHERV-Kの分子生物学的解析、アカゲザル生体での発現解析 成果:第81回日本生化学会(日本分子生物学会との合同年会)で発表(神戸、2008年12月10日)

担当授業科目

  1. ウイルスの生命科学
  2. 生物学2
  3. 自然科学実習

所属学協会

  1. American Association for Cancer Research 2010/01
  2. 日本生化学会 2008/05
  3. American Society for Microbiology 2006
  4. American Society for Biochemistry and Molecular Biology 2005
  5. 日本癌学会 1986