山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(整形外科学)

顔写真
教授

波呂 浩孝

ハロ ヒロタカ
Haro Hirotaka

経歴

  1. 山梨大学助手(整形外科学講座) 2005/04/01
  2. 山梨大学講師(整形外科学講座) 2007/06/01
  3. 山梨大学教授(整形外科学講座) 2009/10/01

学歴

  1. 山口大学 1989/03/24
  2. 東京医科歯科大学 1997/03/31

学位

  1. 医学博士 東京医科歯科大学 1997/03/31

研究分野

  1. 整形外科学 脊椎退行性疾患に対する外科、 椎間板ヘルニアの臨床研究、 椎間板ヘルニアの自然退縮機序の解明、 椎間板ヘルニアの低侵襲治療の開発

研究キーワード

  1. 脊椎脊髄外科学、 軟骨代謝学、 分子生物学

研究テーマ

  1. 脊椎退行性疾患に対する外科 椎間板ヘルニアの臨床研究 椎間板ヘルニアの自然退縮機序の解明 椎間板ヘルニアの低侵襲治療の開発

著書

  1. 骨粗鬆症性脊椎骨折に対する手術療法の術後生存率と生命予後因子 大場 哲郎 江幡 重人 波呂 浩孝 2017/12/01
  2. 椎間板の炎症と再生 大場哲郎、若生政憲、小山賢介、波呂浩孝 金原出版 2017/03/01
  3. 脊髄炎 波呂 浩孝 - 医学書 2016/05/01
  4. 各部位から捉える高齢者運動器の診かた―胸椎部・腰椎部― 波呂 浩孝 - 南山堂 2014/06/01
  5. spinal cord tethering に対するuntethering 波呂 浩孝,四宮 謙一 - 中山書店 2014/03/01

論文

  1. (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 腰椎椎間板ヘルニアによる腰部神経根症に対する低侵襲治療の開発 波呂浩孝 Peripheral Nerve 抹消神経 28/ 2, 233-233 2017/12/01 0917-6772
  2. 書評-成人脊柱変形治療の最前線 波呂浩孝 整形外科 68/ 13, 1434-1434 2017/12/01
  3. 共著 Influence of Postoperative Hypertension on the Development of Spinal Epidural Hematoma. Ohba T Ebata S Haro H Orthopaedic Surgery 9/ 4, 386-390 2017/11/01 1757-7853
  4. 共著 Comparison of serum markers for muscle damage, surgical blood loss, postoperative recovery, and surgical site pain after extreme lateral interbody fusion with percutaneous pedicle screws or traditional open posterior lumbar interbody fusion. Ohba T Ebata S Haro H BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS 18/ 1, 415-415 2017/10/16 1471-2474
  5. 側方椎体間固定術を併用した成人脊柱変形矯正固定術後の前縦靭帯損傷に対する術前リスク評価と骨癒合 辰野 力人 江幡 重人 大場 哲郎 波呂 浩孝 Journal of Spine Research 8/ 10, 1640-1645 2017/10/01

研究発表

  1. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 脊椎における骨粗鬆症の病態と対応策 広島脊椎脊髄セミナー 2018/03/24
  2. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 脊椎領域における骨粗鬆症の病態と対応策 第42回千葉県整形外科医会総会 2018/03/18
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 当科における骨粗鬆症性椎体骨折の治療方針 第58回関東整形災害外科学会 2018/03/16
  4. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 骨粗鬆症性脊椎疾患に対する3大学共同研究の知見 第58回関東整形災害外科学会 2018/03/16
  5. 口頭発表(一般) 成人脊柱変形手術例におけるPJKの臨床成績への影響とリスクファクターの検討 第8回日本成人脊柱変形学会 2018/03/10

知的財産権

  1. 特許 穿刺装置 2006-351309 2006/12/27 4181599
  2. 特許 METHOD OF THERAPY FOR DEGENERATIVE INTERVERTEBRAL DISCS US7,935,337B2 2003/12/24 PCT/JP03/16580
  3. 特許 椎間板変性治療剤 2005-509747 2003/12/24 4512038
  4. 特許 脊椎椎体間固定術後の骨癒合促進剤 20013-058412 2013/03/21 6235219 2017/11/02
  5. 特許 PUNCTURE DEVICE PCT/JP2007/072980 2007/11/28 US7,927,308B2 2007

受賞

  1. 平成20年度日本学術振興会国際学会等派遣事業 2008/05/27 The resorption of thoracic disc herniation
  2. 平成19年度日本整形外科学会-米国整形外科学会traveling fellow 2006/12/19
  3. 米国整形外科学会総会(AAOS)最優秀ポスター賞(Spine) 2006/03/24 Administration of recombinant human matrix metalloproteinase to Herniated Nucleus Pulposus- How to facilitate natural resorption process of HNP.
  4. 日本整形外科学会奨励賞 2000/04/30 Chondrocyte Matrix Metalloproteinase-3 is required for the generation of a macrophage chemoattractant: role in macrophage infiltration in a coculture model of herniated disc resorption.
  5. 米国整形外科学会基礎学会(ORS) New Investigator Recognition Award 1999/02/03 Induction of the Matrix Degrading Metalloproteinases MMP-3 and MMP-7 in an In Vitro model of Herniated Disc.

教科書・教材

  1. 脊椎脊髄外科専門医試験問題集 2017/03/30 日本脊椎脊髄病学会/日本脊髄外科学会 脊椎脊髄外科専門医試験問題作成委員会 南江堂 東京都

社会貢献活動

  1. 山梨大学市民公開講座 2017/06/18
  2. 第24回日本腰痛学会 2016/09/02-2016/09/03

国際交流・国際貢献

  1. 2017 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 Cervical Spine Research Societyでの講演

所属学協会

  1. 日本軟骨代謝学会
  2. 国際腰椎学会(ISSLS)
  3. 米国整形外科基礎学会(ORS)
  4. 日本成人脊柱変形学会 2011/04
  5. 日本インスツルメンテーション学会 2010/04

学外委員

  1. 日本脊髄障害医学会 評議員 2017/04/01
  2. 東日本整形災害外科学会 評議員 2011/04
  3. 公益社団法人日本整形外科学会 代議員 2011/04
  4. 日本整形外科学会診療ガイドライン改定委員会(腰椎椎間板ヘルニア) 委員、学会アドバイザー 2008/02
  5. 日本脊椎脊髄病学会 評議員 2007/04

病院における診療活動・医療支援等

  1. 入院 整形外科 2003/04/01
  2. 外来 整形外科 2003/04/01
  3. 手術 整形外科 2003/04/01 整形外科、とくに脊椎脊髄外科