UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Medicine
Clinical Medicine Science (Neurosurgery)

Professor

Kinouchi Hiroyuki


Career

  1. 東北大学医学部附属脳疾患研究施設脳神経外科 医員 1987/04/01
  2. 仙台市立病院脳神経外科医員 1988/01/01
  3. 米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校神経内科・脳神経外科 Postgraduate Research Neurosurgeon  1989/11/01
  4. 東北大学医学部附属脳疾患研究施設脳神経外科 文部教官助手 1992/09/01
  5. 岩手県立胆沢病院脳神経外科 医師 1993/11/01
  6. 東北大学医学部脳神経外科学講座 文部教官助手 1994/07/01
  7. 財団法人広南会広南病院脳神経外科 副科長 1995/11/01
  8. 秋田大学医学部付属病院脳神経外科 文部教官講師 1997/08/01
  9. 文部科学省長期在外研究員 米国スタンフォード大学脳神経外科 2002/06/06
  10. 秋田大学医学部脳神経外科学講座 文部教官助教授 2003/04/01
  11. 山梨大学教授(脳神経外科学講座) 2005/07/01

Academic background

  1. Akita University 1983/03/22
  2. Tohoku University 1987/03/25

Academic degrees

  1. Ph.D 東北大学 1987/03/25

Research Areas

  1. 脳神経外科学 Neurology Neuroscience Neurochemistry Molecular neurobiology
  2. 脳神経外科学 Neurology, Neuroscience, Neurochemistry, Molecular neurobiology

Research keywords

  1. neuron, injury, trauma, cell death, brain, vascular, ischemia, hypoxia, free radical, neurogenesis, protection, surgery

Subject of research

  1. Mechanism of the neurol cell injury, Ischemic neuronal injury, Surgery for cerebrovascular diseases, Skull base surgery

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. くも膜下出血後白質障害の機序の解明 Science research expense 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2017/04/01-2020/03/31
  2. microRNAを標的とした新たな脳虚血の病態解明と治療法の開発 Science research expense 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2015/04/01-2018/03/31
  3. 数値流体力学的解析とMRマクロファージイメージングによる脳動脈瘤破裂のリスク予測 Science research expense 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2015/04/01-2018/03/31
  4. 脳虚血耐性をグリア細胞で理解・制御する Science research expense 挑戦的萌芽研究 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 2015/04/01-2017/03/31
  5. 虚血耐性現象におけるNrf/ARE signaling pathwayの関与 Science research expense 基盤研究(C) 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2014/04/01-2017/03/31

Bibliography

  1. 蛍光血管撮影 フルオレセイン, ICG 吉岡秀幸、木内博之 メディカ出版 2017/10/05
  2. 脳虚血 三輪書店 2017/09/10
  3. 脳動静脈奇形の病因と病態 金丸和也、橋本幸治、木内博之 日本臨牀社 2017/07/20
  4. 内頚動脈血豆状動脈瘤のラップクリップ 橋本 幸治、吉岡 秀幸、木内 博之 三輪書店 2017/03/20
  5. 脳底動脈先端部動脈瘤:Subtemporal approach 吉岡 秀幸、木内 博之 三輪書店 2017/03/20

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Determining if Cerebrospinal Fluid Prevents Recurrence of Chronic Subdural Hematoma: A Multi-Center Prospective Randomized Clinical Trial. Hiroyuki Toi, Yukihiko Fujii, Toru Iwama, Hiroyuki Kinouchi, Hiroyuki Nakase, Kazuhiko Nozaki, Hiroki Ohkuma, Hajime Ohta, Hideo Takeshima, Hironobu Tokumasu, Yuhei Yoshimoto, and Masaaki Uno Journal of Neurotrauma 36/ 4, 559-564 2019/02/15 0897-7151
  2. Research paper (scientific journal) Joint Neuroprotective effects of microglial P2Y1 receptors against ischemic neuronal injury. Fukumoto Y, Tanaka K, Parajuli B, Shibata K, Yoshioka H, Kanemaru K, Gachet C, Ikenaka K, Koizumi S, Kinouchi H JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM 2018/10/18 0271-678X
  3. Research paper (scientific journal) Joint Embolization of a peripheral cerebral aneurysm associated with intracranial major artery occlusion through a transdural anastomotic artery: Case report. Norito Fukuda, Kazuya Kanemaru, Koji Hashimoto, Hideyuki Yoshioka, Nobuo Senbokuya, Takashi Yagi, Hiroyuki Kinouchi Interventional Neuroradiology 2018/09/19
  4. Research paper (scientific journal) Joint Expression of ZEBs in gliomas is associated with invasive properties and histopathological grade. Keiko Suzuki, Tomoyuki Kawataki, Kaori Endo, Keiji Miyazawa, Hiroyuki Kinouchi and Masao Saitoh Oncology Letters 16/ 2, 1758-1764 2018/08 1792-1074
  5. Research paper (scientific journal) Joint 妊娠期間中に一過性の視野障害が出現した鞍結節部髄膜腫の1例 坂爪 德, 川瀧 智之, 荻原 雅和, 佐藤 浩企, 木内 博之 Neurological Surgery 脳神経外科 46/ 7, 607-613 2018/07/10

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 硬膜動静脈瘻による静脈鬱滞の定量的評価における123I-iomazenil SPECTの有用性 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2018/11/24
  2. Oral presentation(invited, special) Astrocyte-Mediated Ischemic Tolerance The 5th International Symposium on Conditioning Medicine 2018/11/07
  3. Oral presentation(general) 最新のOperation suiteによる内視鏡下経鼻下垂体腺腫摘出術 第25回日本神経内視鏡学会 2018/10/27
  4. Oral presentation(general) 虚血性神経細胞障害におけるミクログリアP2Y1受容体の役割 第61回日本脳循環代謝学会学術集会 2018/10/20
  5. Oral presentation(general) マウス脊髄損傷後神経細胞障害におけるFABP7の役割 第61回日本脳循環代謝学会学術集会 2018/10/20

The total number of announcement other than the above

  1. 2005 35 2 33
  2. 2004 34 4 30
  3. 2003 28 2 22
  4. 2002 27 0 27
  5. 2001 20 2 18

Prizes

  1. 平成28年度国民健康保険中央会賞 2016/09/26
  2. 第53回関東脳神経外科懇話会優秀発表賞 2007/06/09 High flow bypass + flow reversalにて治療した大型/巨大脳底動脈瘤の2例
  3. 東北大学医学部脳神経外科同門会賞 1999/12/01 硬膜動静脈奇形に関する研究
  4. 東北脳血管障害懇話会中村隆賞金賞 1999/12/01 硬膜動静脈奇形に関する研究
  5. 東北脳血管障害懇話会中村隆賞金賞 1992/12/01 脳虚血に関する研究

Joint research with off-campus or faculty, etc. outside of the organization

  1. 2016/02/12-2020/10/31 東北大学 Representative 初発膠芽腫に対するカルムスチン脳内留置用剤および放射線療法併用テモゾロミド、ベバシズマブ療法の有効性・安全性を検討する第Ⅱ相臨床試験
  2. 2014/01/06-2015/03/31 東海大学 Representative 急性期脳梗塞患者を対象とした G-CSF 静注による神経保護・再生治療に関する第Ⅱ相臨床研究
  3. 2012/04/02-2018/01/31 公益財団法人先端医療振興財団 Representative 脳動脈瘤塞栓術におけるHydrogel coilの塞栓効果に関する多施設共同無作為化比較試験(HYBRID stydy)
  4. 2005/10/01-2007/03/31 東北大学大学院医学系研究科細胞生物学講座分子遺伝学分野 Representative 脳虚血におけるfree fatty acid binding proteinの役割 遺伝子組換えマウスと抗体の提供を受け、現在研究中
  5. 2003/04/01-2007/03/31 東北大学大学院医学系研究科小児医学講座遺伝病学分野 Representative 虚血性神経細胞障害におけるグリシンの役割の解明 -グリシン開裂酵素ノックアウトマウスにおける検討- マウスの提供を受け、局所脳虚血においてグリシンの細胞外腔濃度の上昇が 興奮性神経細胞障害を増強することを確認し、現在論文執筆中

Review of master's and doctoral thesis

  1. 2018 Chief examiner 1 1
  2. 2017 Second reader 1
  3. 2017 Chief examiner 1

Social Contribution

  1. 山梨県後期高齢者医療審査会 委員 2017/04/01-2020/03/31

International Exchange and International Contribution

  1. 2017 International, regional exchange, exchange of students and Japanese students 内蒙古からの留学生受け入れ及び、研究指導 学位論文指導
  2. 2016 International, regional exchange, exchange of students and Japanese students 内蒙古からの留学生受け入れ及び、研究指導
  3. 2015 International, regional exchange, exchange of students and Japanese students 内蒙古からの留学生受け入れ及び、研究指導

Memberships of academic societies

  1. 日本分子脳神経外科学会
  2. 脳神経外科手術と機器学会
  3. 日本リハビリテーション医学会 2017/07/11-2018/03/31
  4. 日本てんかん学会 2011/07
  5. Society for Neuroscience (米国) 2006/05

Committee outside the campus

  1. 日本脳神経外科学会 データベース委員会 2016/07/14-2017/08/31

Medical care in hospital activities, medical support, etc.

  1. Clinical trial クラゾセンタンの脳血管攣縮を対象とした試験 2016/02/01-2018/12/31