山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(救急集中治療医学)

顔写真
教授

松田 兼一

マツダ ケンイチ
Matsuda Kenichi

経歴

  1. 千葉大学医学部附属病院 救急部・集中治療部 医員 1989/06/08
  2. 東京慈恵会医科大学附属柏病院救急診療部 助手 1992/05/01
  3. 千葉大学医学部附属病院 救急部・集中治療部 助手 1996/05/01
  4. 千葉大学医学部附属病院 救急部・集中治療部 講師 2004/02/01
  5. 山梨大学教授(救急部) 2005/10/01
  6. 山梨大学教授(救急集中治療医学講座) 2008/04/01

学歴

  1. 早稲田大学 1980/03/15
  2. 早稲田大学 1982/03/15
  3. 千葉大学 1989/03/23

学位

  1. 工学修士 早稲田大学 1982/03/15
  2. 医学博士 千葉大学 2004/02/02

研究分野

  1. 外科学一般
  2. 救急医学

研究キーワード

  1. 救急医学,集中治療医学,人工臓器,血液浄化,多臓器不全,液体換気

研究テーマ

  1. 多臓器不全の病態と治療
  2. 新しい人工臓器,新しい血液浄化法,アフェレシス治療,Liquid Ventilation

競争的資金等の研究課題

  1. 急性呼吸窮迫症候群モデルラットにおける短時間完全液体呼吸の有用性 科学研究費補助金 基礎研究(C) 2016/04/01-2017/03/31
  2. 重症患者に対する連続腸音解析による腸蠕動モニタリングシステムの構築と臨床応用 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2016/04/01-2017/03/31
  3. 血液浄化用小型遠心ポンプと極細径小型血液濾過器を用いた可搬型血液浄化装置の開発 科学研究費補助金 基盤研究(B) 2016/04/01-2017/03/31
  4. 急性呼吸窮迫症候群モデルラットにおける短時間完全液体呼吸の有用性 科学研究費補助金 基礎研究(C) 2015/04/01-2018/03/31
  5. 重症患者に対する連続腸音解析による腸蠕動モニタリングシステムの構築と臨床応用 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2015/04/01-2018/03/31

著書

  1. AKI急性腎障害治療の実際 松田 兼一 日本医事新報社 2018/10/25 978-4-7849-4487-3
  2. 敗血症における腎機能管理と血液浄化法 松田兼一,森口武史,上野昌輝 株式会社総合医学社 2018/10/20 978-4-88378-558-2
  3. 透析患者の終末期支援 松田 兼一,森口 武史 株式会社 東京医学社 2018/07/15 978-4-88563-291-4
  4. 急性血液浄化法 松田兼一,森口武史 へるす出版 2018/05/01
  5. 急性血液浄化法 森口武史,松田兼一,針井則一 総合医学社 2018/02/20

論文

  1. Plasma Exchange Downregulates Activated Monocytes and Restores Regulatory T Cells in Kawasaki Disease Keiichi Koizumi, Minako Hoshiai, Takeshi Moriguchi, Nobuyuki Katsumata, Takako Toda, Hiroaki Kise, Yohei Hasebe, Yosuke Kono, Yuto Sunaga, Masashi Yoshizawa, Atsushi Watanabe, Norikazu Harii, Junko Goto, Keiko Kagami, Masako Abe, Kenichi Matsuda, and Kanji Sugita Therapeutic Apheresis and Dialysis 2018/09/21
  2. 透析差し控え・中止(3)救急・集中治療における意思決定プロセス 松田 兼一 森口 武史 臨床透析vol.34 no.10 21-26 2018/09/10 0910-5808
  3. アフェレシス・血液浄化ー臨床応用編ー 松田 兼一 人工臓器2018 第34回教育セミナー 125-132 2018/07/14 1341-8378
  4. Correction to:Outcomes of plasma exchange for severe dilated cardiomyopathy in children. Koizumi K,Hoshiai M,Moriguchi T,Toda T,Katsumata N,Kise H,Hasebe Y,Kouno Y,Goto J,Harii N,Matsuda K,Kaga S,Suzuki S,Sugita K HEART AND VESSELS 32/ 1, 61-67 2018/04/18 0910-8327
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Journal of Artificial Organs 2017: the year in review. 1. Sawa Y, Matsumiya G, Matsuda K, Tatsumi E, Abe T, Fukunaga K, Ichiba S, Kishida A, Kokubo K, Masuzawa T, Myoui A, Nishimura M, Nishimura T, Nishinaka T, Okamoto E, Tokunaga S, Tomo T, Tsukiya T, Yagi Y, Yamaoka T. JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS Springer 28/ 1, 1-7 2018/03/01 1434-7229

研究発表

  1. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 重症患者に対する終末期医療 第21回日本救急医学会中部地方会総会・学術集会 2018/12/08
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) シンポジウム10 敗血症や多臓器障害におけるバイオマーカー 座長 第31回日本外科感染症学会総会プログラム・抄録 2018/11/29
  3. その他 口演63 腎・副腎 座長 第46回日本救急医学会総会 2018/11/21
  4. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 今さら訊けない血液浄化の基礎と臨床 第29回日本急性血液浄化学会学術集会 2018/10/20
  5. その他 Pros &Cons1 急性血液浄化療法の主導権ー集中治療医か腎臓内科医かー 座長 第29回日本急性血液浄化学会学術集会 2018/10/19

上記以外の発表の総数

  1. 2009 6 12

知的財産権

  1. 特許 遠心型血液ポンプ 特願2016-047653 2016/03/10
  2. 特許 血液浄化器 出願NO.15/324472 2014/07/08 US2017/157569 2017/06/08
  3. 特許 血液浄化器 PCT/JP2014/068213 2014/07/08 EP3167919 2017/05/17

受賞

  1. 論文賞 Usefulness of a real-time bowel sound analysis system in patients with severe sepsis (pilot study). 2016/11/23
  2. 平成25年度救急功労者総務大臣表彰 2013/09/09

その他の教育実績

  1. 2017 臨床教育部部長
  2. 2017 教育委員会委員長

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際貢献 ミャンマーでの血液浄化療法支援

所属学協会

  1. 日本生体医工学学会 2010/11
  2. 日本静脈経腸栄養学会 2010/06
  3. 日本循環器学会 2010/04
  4. エンドトキシン血症救命治療研究会 2007/07
  5. 日本熱傷学会 2006/09

学外委員

  1. 日本集中治療医学会 副理事長 2018/02/24-2020/02/23
  2. 日本急性血液浄化学会 理事長 2017/09/25-2023/03
  3. 日本人工臓器学会 監事 2017/09/04-2019/09/03
  4. 日本医学教育評価機構 評価員 2017/07/01-2018/03/31
  5. 日本透析医学会 血液浄化に関する新技術検討小委員会 2016/07/29-2017/03/31

病院における診療活動・医療支援等

  1. 治験 Elecsys IL-6における全身性炎症反応症候群の 重症度診断に関する多施設前向き研究 2016/09/26-2017/12/31 分担
  2. 治験 持続的血液浄化療法が必要な急性腎障害患者を 対象としたFCU-08のランダム化比較試験 2016/04/01-2017/06/30 分担