山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(生化学2)

顔写真
教授

宮澤 恵二

ミヤザワ ケイジ
Miyazawa Keiji

経歴

  1. 関西医科大学肝臓研究所 助手 1988/04/01
  2. 関西医科大学肝臓研究所 講師 1991/12/01
  3. Ludwig Institute for Cancer Research (Uppsala Branch, SWEDEN) 研究員 1995/04/01
  4. 東京工業大学生命理工学部 助教授 1997/08/01
  5. 東京大学大学院医学系研究科 助教授 2001/04/01
  6. 東京大学大学院医学系研究科 准教授 2007/04/01
  7. 山梨大学 教授 2009/04/01

学歴

  1. 東京大学 1983/03/28
  2. 東京大学 1988/03/29

学位

  1. 薬学博士 東京大学 1988/03/29

研究分野

  1. 医化学一般
  2. 病態医化学

研究キーワード

  1. 細胞増殖因子
  2. TGF-β

研究テーマ

  1. 細胞増殖因子のシグナル伝達、がんの細胞生物学

著書

  1. デヴィータ がんの分子生物学 2章 メディカル サイエンス インターナショナル 2017/05/29
  2. カラー生化学 第4版 - 西村書店 2015/03/01
  3. TGF-β in human disease Aristidis Moustakas and Keiji Miyazawa - Springer Japan 2013/07/01
  4. デヴィータ がんの分子生物学 宮園・石川・間野(編) - メディカル・サイエンス・インターナショナル 2012/09/01
  5. TGF-βシグナル伝達研究の新展開 宮澤恵二 234-10 医歯薬出版株式会社 2010/09/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Ets1 and ESE1 reciprocally regulate expression of ZEB1/ZEB2, dependent on ERK1/2 activity, in breast cancer cells. Sinh ND, Endo K, Miyazawa K, Saitoh M Cancer Sci. 108/ 5, 952-960 2017/05/22
  2. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 Regulation of TGF-β Family Signaling by Inhibitory Smads Miyazawa, K. and Miyazono, K Cold Spring Harb. Perspect. Biol. 9/ 3, a022095 2017/03/01 10.1101/cshperspect.a022095.
  3. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 Dual Roles for Epithelial Splicing Regulatory Proteins 1 (ESRP1) and 2 (ESRP2) in Cancer Progression. Hayakawa A, ,Saitoh M, ,Miyazawa K. Adv Exp Med Biol. 925, 33-40 2016/07/01
  4. STAT3 integrates cooperative Ras and TGF-β signals that induce Snail expression. Saitoh M, ,Endo K, ,Furuya S, ,Minami M, ,Fukasawa A, ,Imamura T, ,Miyazawa K. Oncogene 35/ 8, 1049-1057 2016/02/01
  5. Epithelial Splicing Regulatory Proteins 1 (ESRP1) and 2 (ESRP2) Suppress Cancer Cell Motility via Different Mechanisms. Ishii H,Saitoh M,Sakamoto K,Kondo T,Katoh R,Tanaka S,Motizuki M,Masuyama K,Miyazawa K. J. Biol. Chem. 289/ 40, 27386-27399 2014/10/01

上記以外の発表の総数

  1. 2015 1 0 1

受賞

  1. 日本生化学会奨励賞 1999/10/06 肝細胞増殖因子の活性発現の分子機構の研究

担当授業科目

  1. 生化学B
  2. 細胞生物学概論
  3. 生化学A

所属学協会

  1. 日本がん分子標的治療学会 2009/07
  2. 日本癌学会 2001/05
  3. 日本分子生物学会 1991/05
  4. 日本生化学会 1983/05