UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Medicine
Basic Science for Clinical Medicine (Legal Medicine)

Professor

Adachi Noboru

  • Birth:1966

Career

  1. 東北大学医学部法医学講座 助手 1996/04-1999/03
  2. 東北大学大学院医学系研究科法医学分野 助手 1999/04-1999/08
  3. 東北大学大学院医学系研究科人体構造学分野 助手 1999/09-2003/03
  4. 東北大学大学院医学系研究科人体構造学分野 講師 2003/04-2006/04
  5. 山梨大学教授(法医学講座) 教授 2006/05

Academic background

  1. Tohoku University Faculty of Medicine 1992/03/31 Graduated 日本Japan
  2. Tohoku University Graduate School of Medicine Orthopaedic surgery 1992/03/31 Graduated
  3. Tohoku University Graduate School of Medicine Orthopaedic surgery Doctor course 1996/03/31 Completed

Academic degrees

  1. Doctor of Philosophy Tohoku University 1996/03

Current state of research and teaching activities

人類学的研究として、日本列島の基層人類集団の直系の子孫と考えられている縄文時代人の遺伝的特徴およびその地域差に関する研究、および北海道の先住民族であるアイヌの成立に関する遺伝的研究を一貫して行っている。また、法医学的研究として、陳旧・微量・変性試料における正確な遺伝子解析法の開発、並びに死体現象の正確で詳細な記録に基づいた死後経過時間推定法の開発に取り組んでいる。教育では、学生に将来臨床医として死体を診た時の対応について理解してもらうよう務めており、そのために死亡診断書、死体検案書作成実習を行っている。

Research Areas

  1. Physical anthropology Molecular anthropology
  2. Legal Medicine

Research keywords

  1. mitochondrial DNA, population genetics, neolithic Jomon, Ainu, protohistoric Kofun

Subject of research

  1. Phylogenetic, Kinship analyses and personal identification of prehistoric people by using DNA analysis

Proposed theme of joint or funded research

  1. Development of DNA extraction method from highly degraded skeletons. Joint research with other research organizations such as universities.

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. ゲノム配列を核としたヤポネシア人の起源と成立の解明 Science research expense 新学術領域研究(研究領域提案型) 日本学術振興会 2018/06/29-2023/03/31
  2. 計算法科学データ分析可視化統合環境の強化 Science research expense 基盤研究(A) 日本学術振興会 2017/04/01-2021/03/31
  3. プレ・アイヌ期の人類集団を捉え直す:北海道先史時代人骨についての総合的研究 Science research expense 基盤研究(B) 日本学術振興会 2017/04/01-2020/03/31
  4. 土器出現期の日本列島人類を探る:日向洞窟出土縄文草創期人骨の考古学的研究 Science research expense 基盤研究(B) 日本学術振興会 2017/04/01-2020/03/31
  5. 境界域での民族集団の形成:考古学と人類遺伝学によるアイヌ民族形成過程の解明 Science research expense 基盤研究(A) 日本学術振興会 2016/04/01-2020/03/31

Bibliography

  1. 野々前貝塚および長谷堂貝塚群第14次調査出土人骨のDNA分析 安達 登 大船渡市教育委員会 2018/03/28
  2. 神明貝塚出土人骨についてのミトコンドリアDNA解析 安達 登 埼玉県春日部市教育委員会 2018/03/23
  3. 沖縄先史人はどこから来たのか-DNAが語る集団の系統-. 篠田謙一, 神澤秀明, 角田恒雄, 安達 登 岩波書店 2017/06 02317-06
  4. Determination of genetic characteristics of ancient skeletal remains excavated from the Gua Harimau site in Sumatra. Shinoda K, Kakuda T, Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N, Prastiningtyas D, Noerwidi S, Matsumura H. pp. 511-522 Gadjah Mada University Press 2016/12 978-602-386-202-3
  5. 神奈川県横須賀市八幡神社遺跡出土人骨についてのミトコンドリアDNA解析. 安達 登. 横須賀市教育委員会 2015/03/01

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Mitochondrial analysis of the human skeletons excavated from the Shomyoji shell midden site, Kanagawa, Japan. Takahashi R, Koibuchi R, Saeki F, Hagihara Y, Yoneda M, Adachi N, Nara T. ANTHROPOLOGICAL SCIENCE The Anthropological Society of Nippon accepted 2019/03 0918-7960
  2. Research paper (scientific journal) Joint Postmortem distribution of mepirapim and acetyl fentanyl in biological fluid and solid tissue specimens measured by the standard addition method. Mochizuki A, Nakazawa H, Adachi N, Takekawa K, Shojo H. Forensic Toxicology 37/ 1, 27-33 2019/01 1860-8965 10.1007/s11419-018-0431-z.
  3. (MISC) Introduction and explanation (commerce magazine) Only 古代DNA解析の見地からみた骨考古学. 季刊考古学(査読無) 雄山閣 143, 89-91 2018/05/01 0288-5956
  4. Research paper (scientific journal) Joint Identification and quantification of mepirapim and acetyl fentanyl in authentic human whole blood and urine samples by GC–MS/MS and LC–MS/MS. Mochizuki A, Nakazawa H, Adachi N, Takekawa K, Shojo H. Forensic Toxicology Springer 36/ 1, 81-87 2018/01 1860-8965 10.1007/s11419-017-0384-7
  5. Research paper (scientific journal) Joint Ethnic derivation of the Ainu inferred from ancient mitochondrial DNA data. Adachi N, Kakuda T, Takahashi R, Kanzawa-Kiriyama H, Shinoda K. AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY Wiley-Blackwell 165, 139-148 2018/01 0002-9483 10.1002/ajpa.23338

Research presentations

  1. Symposium workshop panel(nominated) 我が国の国家形成期における人類集団の遺伝的転換. 第124回日本解剖学会学術全国集会・シンポジウムS15「東アジアにおける国家形成期の人類学的研究」. 2019/03/28
  2. Oral presentation(general) 神奈川県横浜市称名寺D貝塚第3地点出土人骨のミトコンドリアDNA解析. 日本DNA多型学会第27回学術集会 2018/12/06
  3. Symposium workshop panel(nominated) ミトコンドリアDNAからみた縄文時代人の遺伝的特徴とその地域差. 第72回日本人類学会大会・一般シンポジウム12<新学術領域「ヤポネシアゲノム」始動!>. 2018/10/19
  4. Oral presentation(general) 受傷後約90分で発症した電撃型脂肪塞栓症の一例. 第40回日本法医学会学術中部地方集会. 2018/10/13
  5. Oral presentation(general) 灰塚山古墳出土人骨のミトコンドリアDNA解析. 日本考古学協会第84回総会研究発表. 2018/05/27

Prizes

  1. NICOGRAPH International 2016, IEEE Xplore. 2016 Best Poster Award 2016/07
  2. 山梨県警察本部感謝状 2015/03/03 法医解剖を初めとする警察活動への貢献
  3. 山梨県警察本部感謝状 2013/02/22 法医解剖実務
  4. 山梨県警本部感謝状 2010/02/22 法医解剖
  5. 山梨県警甲府警察署感謝状 2010/02/09 法医解剖

Joint research with off-campus or faculty, etc. outside of the organization

  1. 2018/06/29-2023/03/31 国立遺伝学研究所、国立科学博物館 Sharing ゲノム配列を核としたヤポネシア人の起源と成立の解明 古人骨試料からのDNA抽出およびそのミトコンドリアDNA解析
  2. 2017/04/01-2021/03/31 慶應義塾大学理工学部 Sharing 法科学データに関する検討と法医実務応用に関する助言 法医学実務への導入に向けた助言
  3. 2017/04/01-2020/03/31 国立科学博物館および東京大学 Representative プレ・アイヌ期の人類集団を捉え直す:北海道先史時代人骨についての総合的研究 続縄文文化、オホーツク文化および擦文文化時代の人骨のDNA解析
  4. 2017/04/01-2020/03/31 新潟医療福祉大学 Sharing 土器出現期の日本列島人類を探る:日向洞窟出土縄文草創期人骨の考古学的研究 山形県日向洞窟出土縄文草創期人骨のDNA解析
  5. 2016/04/01-2020/03/31 北海道大学 Sharing 境界域での民族集団の形成:考古学と人類遺伝学によるアイヌ民族形成過程の解明 北海道礼文島浜中2遺跡出土人骨のDNA解析

Teaching achievements

  1. センター試験試験監督 2017/01/13-2017/01/13

Other educational achievements

  1. 2018 司法修習生講義
  2. 2018 学生の不適切飲酒に関する啓発授業
  3. 2018 平成30年度医学科3,4年次生チュートリアルグループ学習チューター担当
  4. 2018 スモールクラス実施
  5. 2017 スモールクラス実施

Textbooks and teaching materials

  1. 法医学(改定第3版) 2015/01/01 福島弘文,舟山眞人,齋藤一之,村井達哉,福永龍繁,黒田直人,上野易弘,鈴木廣一,那谷雅之,安達 登,太田正穂,浅村英樹,水口 清,岩志和一郎,吉田謙一 南山堂 236 239
  2. 法医学・改訂2版 2009/03/01 福島弘文,舟山眞人,齋藤一之,村井達哉,福永龍繁,黒田直人,上野易弘,鈴木廣一,那谷雅之,安達 登,太田正穂,浅村英樹,水口 清,岩志和一郎,吉田謙一 南山堂 東京都 3 190 192

Instruction results

  1. Doctoral dissertations guidance 2017 1 実験および論文作成指導 36
  2. Master's dissertations guidance 2015 1 論文作成及び実験指導 36

Other undergraduate student guidance

  1. 2017 50 法医解剖の実際および見学(医学部学生延べ23名)

Review of master's and doctoral thesis

  1. 2018 Chief examiner 1

Social Contribution

  1. 山梨県警察本部刑事部長感謝状 2019/02/15
  2. 山梨県児童相談所取扱事例についての助言と指導 2018
  3. 毎日新聞社取材、面談 2018/10/06
  4. ゲノム情報に基づく縄文人の復顔 2018/03/13-2018/06/17
  5. 東京高等検察庁検事長感謝状 2018/03/01-2018/03/01

Memberships of academic societies

  1. American Association of Physical Anthropologists 2001/01
  2. 日本解剖学会 2000/01
  3. 日本人類学会 2000/01
  4. 日本犯罪学会 1999/01
  5. 日本DNA多型学会 1996/01

Committee outside the campus

  1. 日本人類学会 Anthropological Science (Japanese series)編集委員 2017/04/01-2019/03/31

Medical care in hospital activities, medical support, etc.

  1. Other 法医解剖 2018/04/01-2019/03/31 Representative Family 司法解剖43件、調査解剖11件、合計54件
  2. Other 法医解剖 2017/04/01-2018/03/31 司法解剖45件、調査法解剖5件