山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(法医学)

教授

安達 登

アダチ ノボル
Adachi Noboru
  • 1966年生まれ

経歴

  1. 東北大学医学部法医学講座 助手 1996/04-1999/03
  2. 東北大学大学院医学系研究科法医学分野 助手 1999/04-1999/08
  3. 東北大学大学院医学系研究科人体構造学分野 助手 1999/09-2003/03
  4. 東北大学大学院医学系研究科人体構造学分野 講師 2003/04-2006/04
  5. 山梨大学教授(法医学講座) 教授 2006/05

学歴

  1. 東北大学 医学部 1992/03/31 卒業 日本Japan
  2. 東北大学 大学院医学系研究科 Orthopaedic surgery 1992/03/31 卒業
  3. 東北大学 大学院医学系研究科 整形外科学 博士 1996/03/31 修了

学位

  1. 博士(医学) 東北大学 1996/03

教育・研究活動状況

人類学的研究として、日本列島の基層人類集団の直系の子孫と考えられている縄文時代人の遺伝的特徴およびその地域差に関する研究、および北海道の先住民族であるアイヌの成立に関する遺伝的研究を一貫して行っている。また、法医学的研究として、陳旧・微量・変性試料における正確な遺伝子解析法の開発、並びに死体現象の正確で詳細な記録に基づいた死後経過時間推定法の開発に取り組んでいる。教育では、学生に将来臨床医として死体を診た時の対応について理解してもらうよう務めており、そのために死亡診断書、死体検案書作成実習を行っている。

研究分野

  1. 自然人類学 分子人類学
  2. 法医学

研究キーワード

  1. ミトコンドリアDNA、集団遺伝学、縄文、アイヌ、古墳

研究テーマ

  1. DNA解析による、先史時代人を中心とした系統解析、血縁推定、個人識別

共同・受託研究希望テーマ

  1. 陳旧・微量・変性試料からの効率的なDNA抽出法の開発 大学等の研究機関との共同研究を希望

競争的資金等の研究課題

  1. 計算法科学データ分析可視化統合環境の強化 科学研究費補助金 基盤研究(A) 日本学術振興会 2017/04/01-2021/03/31
  2. プレ・アイヌ期の人類集団を捉え直す:北海道先史時代人骨についての総合的研究 科学研究費補助金 基盤研究(B) 日本学術振興会 2017/04/01-2020/03/31
  3. 土器出現期の日本列島人類を探る:日向洞窟出土縄文草創期人骨の考古学的研究 科学研究費補助金 基盤研究(B) 日本学術振興会 2017/04/01-2020/03/31
  4. 境界域での民族集団の形成:考古学と人類遺伝学によるアイヌ民族形成過程の解明 科学研究費補助金 基盤研究(A) 日本学術振興会 2016/04/01-2020/03/31
  5. 東日本大震災がもたらした縄文人骨 科学研究費補助金 基盤研究(C) 日本学術振興会 2015/04/01-2018/03/31

著書

  1. 野々前貝塚および長谷堂貝塚群第14次調査出土人骨のDNA分析 安達 登 大船渡市教育委員会 2018/03/28
  2. 神明貝塚出土人骨についてのミトコンドリアDNA解析 安達 登 埼玉県春日部市教育委員会 2018/03/23
  3. 沖縄先史人はどこから来たのか-DNAが語る集団の系統-. 篠田謙一, 神澤秀明, 角田恒雄, 安達 登 岩波書店 2017/06 02317-06
  4. Determination of genetic characteristics of ancient skeletal remains excavated from the Gua Harimau site in Sumatra. Shinoda K, Kakuda T, Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N, Prastiningtyas D, Noerwidi S, Matsumura H. pp. 511-522 Gadjah Mada University Press 2016/12 978-602-386-202-3
  5. 神奈川県横須賀市八幡神社遺跡出土人骨についてのミトコンドリアDNA解析. 安達 登. 横須賀市教育委員会 2015/03/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Postmortem distribution of mepirapim and acetyl fentanyl in biological fluid and solid tissue specimens measured by the standard addition method. Mochizuki A, Nakazawa H, Adachi N, Takekawa K, Shojo H. Forensic Toxicology published online 2018/07/10 1860-8965 10.1007/s11419-018-0431-z.
  2. (MISC)総説・解説(商業誌) 単著 古代DNA解析の見地からみた骨考古学. 季刊考古学(査読無) 雄山閣 143, 89-91 2018/05/01 0288-5956
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identification and quantification of mepirapim and acetyl fentanyl in authentic human whole blood and urine samples by GC–MS/MS and LC–MS/MS. Mochizuki A, Nakazawa H, Adachi N, Takekawa K, Shojo H. Forensic Toxicology Springer 36/ 1, 81-87 2018/01 1860-8965 10.1007/s11419-017-0384-7
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Ethnic derivation of the Ainu inferred from ancient mitochondrial DNA data. Adachi N, Kakuda T, Takahashi R, Kanzawa-Kiriyama H, Shinoda K. AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY Wiley-Blackwell 165, 139-148 2018/01 0002-9483 10.1002/ajpa.23338
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Cranio-morphometric and aDNA corroboration of the Austronesian dispersal model in ancient Island Southeast Asia: Support from Gua Harimau, Indonesia. Matsumura H, Shinoda K, Shimanjuntak T, Oktaviana AA, Noerwidi S, Sofian HO, Prastiningtyas D, Nguyen LC, Kakuda T, Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N, Hung HC, Fan X, Wu X, Willis A, Oxenham MF. PLoS One 13/ 6, e0198689 2018/01/22 1932-6203 10.1371/journal.pone.0198689

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) ミトコンドリアDNA研究で探るアイヌ民族の成り立ち. 日本考古学会公開講演会「考古学・人類学とアイヌ民族」. 2017/12/17
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 野々前貝塚・長谷堂貝塚出土人骨のDNA分析. 公開シンポジウム「最新研究からよみがえる縄文時代人」. 2017/12/09
  3. 口頭発表(一般) 混合斑痕からの個人識別を目的としたミトコンドリアDNA検査法の開発. 第39回日本法医学会学術中部地方集会. 2017/10/14
  4. 口頭発表(一般) 東日本古墳時代人のミトコンドリアDNA解析(第2報). 第71回日本人類学会大会. 2017/10/04
  5. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 DNAからみた縄文時代人、アイヌ、エミシ. 宮城県臨床整形外科医会定例研修会. 2017/02/25

受賞

  1. NICOGRAPH International 2016, IEEE Xplore. 2016 Best Poster Award 2016/07
  2. 山梨県警察本部感謝状 2015/03/03 法医解剖を初めとする警察活動への貢献
  3. 山梨県警察本部感謝状 2013/02/22 法医解剖実務
  4. 山梨県警本部感謝状 2010/02/22 法医解剖
  5. 山梨県警甲府警察署感謝状 2010/02/09 法医解剖

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2017/04/01-2021/03/31 慶應義塾大学理工学部 分担 法科学データに関する検討と法医実務応用に関する助言 法医学実務への導入に向けた助言
  2. 2017/04/01-2020/03/31 国立科学博物館および東京大学 代表 プレ・アイヌ期の人類集団を捉え直す:北海道先史時代人骨についての総合的研究 続縄文文化、オホーツク文化および擦文文化時代の人骨のDNA解析
  3. 2017/04/01-2020/03/31 新潟医療福祉大学 分担 土器出現期の日本列島人類を探る:日向洞窟出土縄文草創期人骨の考古学的研究 山形県日向洞窟出土縄文草創期人骨のDNA解析
  4. 2016/04/01-2020/03/31 北海道大学 分担 境界域での民族集団の形成:考古学と人類遺伝学によるアイヌ民族形成過程の解明 北海道礼文島浜中2遺跡出土人骨のDNA解析
  5. 2015/04/01-2018/03/31 新潟医療福祉大学 分担 東日本大震災がもたらした縄文人骨 東日本大震災復興の為の住宅工事現場から出土した縄文時代人骨のDNA解析

教育実績

  1. センター試験試験監督 2017/01/13-2017/01/13

その他の教育実績

  1. 2017 スモールクラス実施

教科書・教材

  1. 法医学(改定第3版) 2015/01/01 福島弘文,舟山眞人,齋藤一之,村井達哉,福永龍繁,黒田直人,上野易弘,鈴木廣一,那谷雅之,安達 登,太田正穂,浅村英樹,水口 清,岩志和一郎,吉田謙一 南山堂 236 239
  2. 法医学・改訂2版 2009/03/01 福島弘文,舟山眞人,齋藤一之,村井達哉,福永龍繁,黒田直人,上野易弘,鈴木廣一,那谷雅之,安達 登,太田正穂,浅村英樹,水口 清,岩志和一郎,吉田謙一 南山堂 東京都 3 190 192

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2017 1 実験および論文作成指導 36
  2. 修士学位論文指導 2015 1 論文作成及び実験指導 36

その他の学部学生指導

  1. 2017 50 法医解剖の実際および見学(医学部学生延べ23名)

社会貢献活動

  1. ゲノム情報に基づく縄文人の復顔 2018/03/13-2018/06/17
  2. 東京高等検察庁検事長感謝状 2018/03/01-2018/03/01
  3. 山梨県警察本部刑事部長感謝状 2018/02/24-2018/02/24
  4. 山梨県警察本部刑事部長感謝状 2017/03/01-2017/03/01
  5. 山梨県警察本部長感謝状 2016/07/11-2016/07/11

所属学協会

  1. American Association of Physical Anthropologists 2001/01
  2. 日本解剖学会 2000/01
  3. 日本人類学会 2000/01
  4. 日本犯罪学会 1999/01
  5. 日本DNA多型学会 1996/01

学外委員

  1. 日本人類学会 Anthropological Science (Japanese series)編集委員 2017/04/01-2018/03/31

病院における診療活動・医療支援等

  1. その他 法医解剖 2017/04/01-2018/03/31 司法解剖45件、調査法解剖5件