UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Medicine
Basic Science for Clinical Medicine (Biochemistry 1)

顔写真
Professor

Ohtsuka Toshihisa


Career

  1. 日本神経科学学会  日本神経科学学会  庶務理事 2016/12/01
  2. 山梨大学 学長補佐 学長補佐(企画、学術研究担当) 2016/04/01
  3. 日本医療研究開発機構 「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」 プログラムオフィサー(PO) 2015/09/01
  4. 山梨大学 大学院総合研究部・医学域基礎医学系・生化学講座第一教室 2014/10/01
  5. 文部科学省 研究振興局 学術調査官 2013/08/01-2015/07/31
  6. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部・生化学講座第一教室 教授 2009/04/01-2014/09/30
  7. 富山大学  大学院医学薬学研究部 臨床分子病態検査学 准教授 2007/04/01-2009/03/31
  8. 富山大学  大学院医学薬学研究部 臨床分子病態検査学 助教授 2006/04/01-2007/03/31
  9. 富山医科薬科大学  医学部 助教授 2005/04/01-2006/03/31
  10. カン研究所  グループリーダー 2000/04/01-2005/03/31
  11. 日本学術振興会特別研究員(PD) 1998/04/01-2000/03/31
  12. 日本学術振興会特別研究員(DC2) 1996/04/01-1998/03/31

Academic background

  1. 鹿児島大学 医学部 1994/03 Graduated
  2. Osaka University 大学院医学系研究科 Doctor course 1998/03/25 Completed

Academic degrees

  1. 医学博士 Osaka University 1998/03/25

Research Areas

  1. Neurophysiology/General neuroscience

Research keywords

  1. アクティブゾーン
  2. 神経伝達物質・受容体
  3. CAST
  4. ELKS

Subject of research

  1. ・神経プレシナプス・アクティブゾーン形成の分子基盤 ・神経終末における新たなシグナル伝達機構の解明 ・神経スパイン形成の細胞・分子メカニズム ・プレシナプスとポストシナプスを繋ぐ細胞接着機構の解明 ・情動の発現・修飾における嗅覚神経回路の役割

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. CAST/ELKSの機能制御から捉える網膜シナプスのスクラップアンドビルド Science research expense 補助金・新学術領域研究(研究領域提案型)スクラップアンドビルド 2017/04/01-2019/03/31
  2. プレシナプス分子の動作原理から捉える適応回路メカニズム Science research expense 補助金・新学術領域研究(研究領域提案型)適応回路シフト 2017/04/01-2019/03/31
  3. 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 研究集会委員長 Science research expense 新学術領域研究 2015/05/21-2016/03/31
  4. CAST/ELKS蛋白質ファミリーによるアクティブゾーン機能制御機構の解明 Science research expense 基盤研究B 2015/04/01-2018/03/31

Bibliography

  1. Network of Protein- Protein Interactions at the Presynaptic Active Zone, Ohtsuka T.,S. Mochida (ed.) Chapter 3 Springer Japan. 2015/01/01 DOI 10.1007/978-4-431-55166-9_3,
  2. Roles of the ELKS/CAST family and SAD kinase in neurotransmitter release Ohtsuka, T and Takai, Y 157-170 The HUMANA PRESS 2008
  3. Cell-free assay system for Ras- and Rap1-dependent activation of MAP-kinase cascade. Shimizu, K., Ohtsuka, T., and Takai, Y. 173-183 Springer 1998

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Vangl2 interaction plays a role in the proteasomal degradation of Prickle2. Nagaoka, T., Furuse, M., Ohtsuka, T., Tsuchida, K., Kishi, M. Scientific Reports 9/ 1, 2912 2019/02/27 2045-2322 10.1038/s41598-019-39642-z
  2. Research paper (scientific journal) Joint ELKS/Voltage-dependent Ca2+ channel-β Subunit Module Regulates Polarized Ca2+ Influx in Pancreatic β-Cells. Ohara-Imaizumi, M.*, Aoyagi, K., Hida, Y., Yoshida, M., Yamauchi, H., Ohkura, M., Abe, M., Akimoto, Y., Nakamichi, Y., Nishiwaki, C., Kawakami, H., Hara, K., Sakimura, K., Nakai, J., Kakei, M., Nagamatsu, S., Ohtsuka, T. * Cell Reports 26, 1213-1226 2019/01/30 2211-1247 10.1016/j.celrep.2018.12.106.
  3. Research paper (scientific journal) Joint Neuroimaging, genetic, and enzymatic study in a Japanese family with a GBA gross deletion. Ichinose, Y., Ishiura, H., Tanaka, M., Yoshimura, J., Doi, K., Umeda, T., Yamauchi, H., Tsuchiya, M., Koh, K., Yamashiro, N., Mitsui, J., Goto, J., Onishi, H., Ohtsuka, T., Shindo, K., Morishita, S., Tsuji, S., Takiyama, Y. PARKINSONISM & RELATED DISORDERS 2018/12/02 1353-8020 10.1016/j.parkreldis.2018.11.028.
  4. (MISC) Introduction and explanation (scientific journal) Only 神経伝達物質放出マシナリー研究の最前線 大塚稔久 月刊「細胞」12月号「シナプス研究の最先端」 (株)ニューサイエンス社 『細胞』 2018/11/20
  5. Research paper (scientific journal) Joint Cytomatrix proteins CAST and ELKS regulate retinal photoreceptor development and maintenance. Hagiwara, A., Kitahara, Y., Grabner, C.P., Vogl, C., Abe, M., Kitta, R., Ohta, K., Nakamura, K., Sakimura, K., Moser, T., Nishi, A., Ohtsuka, T*. JOURNAL OF CELL BIOLOGY 218/ 1, 3993-4006 2018/11/05 0021-9525 10.1083/jcb.201704076.

Research presentations

  1. Oral presentation(general) Biochemical analysis of the presynaptic active zone protein CAST in the maternal-like behavior-related neuronal circuits 適応回路シフト領域班会議(冬の班会議)および成果報告ンポジウム 2018/12/14
  2. Oral presentation(general) Functional roles of CAST/ELKS proteins in retinal photoreceptor development and maintenance. スクラップビルド第3回領域会議 2018/11/20
  3. Oral presentation(invited, special) 神経シナプス・アクティブゾーン:分子構造から脳病態の理解へ 第34回和光ワークショップ 神経科学:基礎から臨床 2018/11/14
  4. Oral presentation(invited, special) Molecular structure and function of the presynaptic active zone. A symposium in honor of Sumiko Mochida-Forefront of Neurotransmitter Release and Calcium Channel Signaling- 2018/07/07
  5. Oral presentation(invited, special) Possible roles of the active zone proteins in neural circuits underlying reward activity in mice 第95回日本生理学会大会  2018/03/28

The total number of announcement other than the above

  1. 2016 2 2
  2. 2014 1 1

Prizes

  1. とやま賞 アクティブゾーンタンパク質CAST/ELKSファミリーの生理機能 2009/05 アクティブゾーンタンパク質CAST/ELKSファミリーの生理機能
  2. 日本神経科学学会奨励賞 神経終末アクティブゾーンの分子構造基盤の解明 2008/07 神経終末アクティブゾーンの分子構造基盤の解明
  3. 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 神経科学分野における神経伝達物質放出の分子構造基盤の研究 2007/04 神経科学分野における神経伝達物質放出の分子構造基盤の研究

Social Contribution

  1. 山梨大学医学部オープンキャンパス  基礎医学の魅力・脳は「脳 」を理解できるか!? 2018/08/01-2018/08/01
  2. 高校生への公開授業  記憶って何? 2018/07/24-2018/07/24
  3.   2013/01/01-2018/12/31 (活動の内容) 生化学誌の企画・編集を行う (開催回数) 2

Memberships of academic societies

  1. 日本マーモセット研究会 2019/02/01
  2. 日本神経精神薬理学会 2015/11
  3. 日本神経化学会 2015/04
  4. 日本生理学学会 2006/10
  5. 日本生化学学会 2006/01

Committee outside the campus

  1. 日本神経科学学会 第42回日本神経科学会プログラム委員 2019/04/01-2019/07/28
  2. 山梨県医師会 生涯教育委員会委員 2018/08/01
  3. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略的国際脳科学研究推進プログラム プログラムオフィサー 2018/04/01
  4. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略的国際脳科学研究推進プログラム課題評価委員会委員 2018/04/01
  5. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業課題評価委員会専門委員 2017/12/12