山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(精神神経・臨床倫理学)

講師

石黒 浩毅

イシグロ ヒロキ
Ishiguro Hiroki

経歴

  1. 東京医科歯科大学医学部付属病院神経精神科 医員(研修医) 1993/06/01
  2. 東京都教職員互助会三楽病院精神神経科 研修医 1994/06/01
  3. 恩田第二病院 精神科医師 1998/04/01
  4. 東京医科歯科大学医学部付属病院臨床検査部 医員(精神科兼務) 1999/06/01
  5. 東京都墨田区保健所 精神衛生相談室非常勤相談員 1999/06/01
  6. Molecular Neurobiology Branch NIDA-IRP/NIH, Baltimore MD Visiting Foreign Fellow 2000/01/06
  7. 筑波大学大学院人間総合科学研究科遺伝医学分野 講師 2004/08/01
  8. CREST/JST研究員 (筑波大学大学院講師は研修休業) 2005/04/01
  9. 池田病院 外来医長 (精神科・内科) 2009/08/01
  10. 山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医学・臨床倫理学講座 講師 2010/04/01

学歴

  1. 東京医科歯科大学 1987/04
  2. 東京医科歯科大学 1993/03
  3. 東京医科歯科大学 1994/04
  4. 東京医科歯科大学 1998/03

学位

  1. 博士(医学) 東京医科歯科大学大学院 1998/03/24

その他の経歴

  1. 平成23年度 精神腫瘍学の基本教育のための都道府県指導者研修会 修了 平成23年5月28日・29日 クロス・ウェーブ船橋
  2. 平成19年12月7日 文部科学省認定 現代統計実務講座 修了
  3. 平成22年度 第2回 がん診療連携拠点病院 緩和ケアチーム基礎研修会 修了 平成22年10月29日・30日 大阪:天満研修センター
  4. 茨城県緩和ケア研修会 修了 平成21年8月8日・9日 土浦協同病院

研究分野

  1. 神経科学一般 精神疾患に関する分子生物学的研究
  2. 人類遺伝学
  3. 精神神経科学 物質依存、統合失調症、気分障害、パニック障害、摂食障害等の精神神経疾患に関する疾患感受性遺伝子の研究

研究キーワード

  1. 遺伝医学
  2. ヒトおよびモデル動物の行動遺伝学
  3. 依存
  4. 神経細胞接着因子
  5. カナビノイドシステム

研究テーマ

  1. 物質依存の分子生物学的研究(ヒト遺伝子から動物行動学的解析まで)
  2. 統合失調症の疾患感受性遺伝子の探索
  3. うつ病および軽度ストレス関連疾患に関与する疾患感受性遺伝子の探索
  4. 摂食性障害やパニック障害の疾患感受性遺伝子の探索

競争的資金等の研究課題

  1. 神経接着因子NrCAMよりひも解く依存症表現型と治療薬候補の解析 科学研究費補助金 2017/04/01-2019/03/31
  2. 気分障害におけるストレスと遺伝子の相互作用の解析 奨学寄附金 大塚製薬 学術研究支援 2017/04/01-2018/03/31 カナビノイドシステムに着目し、遺伝的脆弱性に環境要因が付加され気分障害が発症する遺伝子x環境相互作用を解明する
  3. 気分障害におけるストレスと遺伝子の相互作用の解析 奨学寄附金 大塚製薬 学術研究支援 2016/04/01-2017/03/31 カナビノイドシステムに着目し、遺伝的脆弱性に環境要因が付加され気分障害が発症する遺伝子x環境相互作用を解明する
  4. カナビノイドシステムを介したストレス反応性と精神疾患発病メカニズムの解明 奨学寄附金 MSD製薬会社 2016/04/01-2017/03/31
  5. 統合失調症感受性遺伝子ノックアウトマウス表現型の解析から疾患の分子メカニズムを解明する 奨学寄附金 Lilly Grant Office 2016/04/01-2017/03/31

著書

  1. Cannabinoid CB2 Receptor Mechanism of Cannabis sativa L. Emmanuel S. Onaivi Hiroki Ishiguro Liu Qing-Rong Springer 2017/04 978-3-319-54564-6
  2. アルコール依存症と統合失調症 石黒浩毅 4-1 メディカルレビュー社 2016/02/01 特集:アルコール依存症と重複性障害
  3. うつ病患者に認められるアルツハイマー病関連性の変化―血漿Aβを中心に― 玉置寿男,山崎智永実,布村明彦,林大祐,玉井健一,小林慶太,山口雅靖,安田和幸,上村拓治,松下裕,石黒浩毅,篠原学,本橋伸高 S-736- 2015
  4. Chapter 18: Future perspectives: Cannabinoid CB2 receptor ligands and their therapeutic potential in mental diseases. Onaivi ES, Ishiguro H, Liu QR. Elsevier 2015/01/21 URL
  5. 遺伝子とアルコール問題の関係 石黒浩毅 3- 社会法人アルコール健康医学協会 2012/03/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) Cannabinoid type 2 receptors in dopamine neurons inhibits psychomotor behaviors, alters anxiety, depression and alcohol preference. Liu QR, Canseco-Alba A, Zhang HY, Tagliaferro P, Chung M, Dennis E, Sanabria B, Schanz N, Escosteguy-Neto JC, Ishiguro H, Lin Z, Sgro S, Leonard CM, Santos-Junior JG, Gardner EL, Egan JM, Lee JW, Xi ZX, Onaivi ES. Scientific Reports 7/ 1, 17410 2017/12/12 2045-2322 10.1038/s41598-017-17796-y
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Beyond the Kraepelinian Dichotomy of Schizophrenia and Bipolar Disorder Hiroki Ishiguro Emmanuel S. Onaivi Journal of Schizophrenia Research Austin Publishing 4/ 1 2017/05/31 2471-0148
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 A decrease in protein level and a missense polymorphism of KIF17 are associated with schizophrenia. Ratta-Apha W,Mouri K,Boku S,Ishiguro H,Okazaki S,Otsuka I,Sora I,Arinami T,Shirakawa O,Hishimoto A Psychiatry Research 230/ 2, 424-429 2015/12/01 0165-1781 10.1016/j.psychres.2015.09.031
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 NrCAM-regulating neural systems and addiction-related behaviors. Ishiguro H,Hall FS,Horiuchi Y,Sakurai T,Hishimoto A,Grumet M,Uhl GR,Onaivi ES,Arinami T Addict Biol 19/ 3, 345-353 2014/05/01 1369-1600
  5. 共著 Experimental Evidence for the Involvement of PDLIM5 in Mood Disorders in Hetero Knockout Mice Yasue Horiuchi,Maya Ishikawa,Nobuko Kaito,Yoshimi Iijima,Yoshiko Tanabe,Hiroki Ishiguro,Tadao Arinami PLOS One 8/ 4, 59320 2013/04/01 1932-6203

研究発表

  1. ポスター発表 Cannabinoid type 2 receptors in brain dopamine neurons modulates anxiety-like and psychostimulant behaviors in floxed DAT-Cnr2 mouse model IBNS2017 2017/06/28
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) Environmental stressors induce psychosis based on genetic variation of Cannabinoid CB2 Receptors 13th World Congress of Biological Psychiatry 2017/06/21
  3. メディア報道等 アルコール依存に関する最近の研究 2017/01/23 URL
  4. ポスター発表 NrCAM regulating neural systems in addiction vulnerability Neuroscience 2016 2016/11/16
  5. ポスター発表 Environmental stressors induce schizophrenia-like symptoms based on genetic dysfunction of cannabinoid CB2 receptor NeuroSummit 2016 2016/03/23

上記以外の発表の総数

  1. 2016 2 2
  2. 2015 2 2
  3. 2014 3 2 1
  4. 2013 2 1 1
  5. 2012 2 1 1

受賞

  1. 第32回内藤コンファレンス「こころの機能と疾患の分子機構 ポスター賞 2011/10/21 第40回内藤記念特定研究助成金贈呈
  2. IBANGS Young Scientist Award 2010/05/16 これまでの行動遺伝分野に関する業績
  3. 学会奨励賞 Dr. Paul Janssen Research Award from Academic Encouragement Award of the JSCNP 2008 Inada T, Koga M, Ishiguro H, Horiuchi Y, Syu A, Yoshio T, Takahashi N, Ozaki N, Arinami T. Pathway-based association analysis of genome-wide screening data suggests that genes associated with the GABA receptor signaling pathway are involved in neuroleptic-induced treatment-resistant tardive dyskinesia. Pharmacogenetics and Genomics. 18: 317-323, 2008
  4. 井上科学振興財団 Travel Award 2007/05 International Behavoir and Neurogenetics Society Symposium 6: Neurobehavoiral genetics of marijuana use and schizophrenia 「Genetic profiling for schizophrenia」
  5. 島崎・島園・高橋・融学術賞 2007/05 Ishiguro H, Liu QR, Gong JP, Hall FS, Ujike H, Morales M, Sakurai T, Grumet M, Uhl GR. NrCAM in addiction vulnerability: positional cloning, drug-regulation, haplotype-specific expression, and altered drug reward in knockout mice. Neuropsychopharmacology. 31: 572-584, 2006

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2010/04/01-2014/03/31 筑波大学 代表 精神疾患の遺伝子解析 遺伝子解析、動物実験などの研究
  2. 2005/01/01-2015/03/31 William Paterson University 分担 中枢性カナビノイドの研究 ゲノム変化と精神行動との関連を解析している。

担当授業科目

  1. 生命倫理学・環境心理学特論

その他の教育実績

  1. 2016 医学部試験監督
  2. 2015 医学部試験監督
  3. 2015 OSCE試験監督
  4. 2014 OSCE試験監督
  5. 2013 CBT 試験監督

指導実績

  1. 研究生指導の実績(学部) 2017 4 研究
  2. 博士学位論文指導 2017 1 中間報告審査評価、研究指導
  3. 研究生指導の実績(学部) 2016 2 研究
  4. 博士学位論文指導 2016 1 中間報告における研究指導 1
  5. 研究生指導の実績(学部) 2015 4 研究

社会貢献活動

  1. S-44 Cannabinoid Receptor (CBR) gene variations in neuropsychiatric disorders 2017/06/21
  2. アルコール依存に関する最近の研究 2017/01/15-2017/01/23
  3. 山梨県遺伝連絡会議  2013/04/01-9999 (活動の内容) 2か月に1度、山梨県内各保健所から保健師、県保健課職員、大学の遺伝診療に関わる医師が集まり、遺伝相談について保健師への講義や個々の症例について話し合いを設ける。 (開催回数) 12
  4. 遺伝子とアルコール問題の関係 2012
  5. 日本生物学的精神医学会ブレインバンク設立委員会 委員 2008/12-9999 (活動の内容) 年に数回の委員会 ホームページ記載 第5回「死後脳解析がつなぐこころの研究」 http://www.fmu-bb.jp/seturitu.htm#2

国際交流・国際貢献

  1. 2012 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 William Paterson University, Department of Biology, Vendor(非常勤講師)
  2. 2012 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 うつの地域連携を考える会 講師 「大学病院精神科の役割と地域連携」 2012年9月26日  甲府富士屋ホテル2階桃源

所属学協会

  1. 日本アルコール・アディクション医学会 2016/04/01
  2. Asia-Pacific Society for Alcohol and Addiction Research 2016/02/17
  3. 日本依存神経精神科学会 2012/09/01
  4. 日本サイコオンコロジー学会 2010/09-2011/08
  5. 日本統合失調症学会 2010/09/23

学外委員

  1. 日本アルコール・アディクション医学会 評議員 2016/04/01
  2. 科学研究費助成事業 科学研究費委員会専門委員 2014/12/01-2016/11/30
  3. IBANGS Awards Committee 2011/02/01-2013/02/28
  4. 日本アルコール・薬物医学会  渉外委員会委員 2009/10/01-2011/07/31
  5. 日本生物学的精神医学会 評議員 2009/04/23

病院における診療活動・医療支援等

  1. その他 遺伝子疾患連絡会議 2013/04/01-2018/03/31 分担 その他 山梨県各地域の保健師と県担当者と学内教員との連絡会議。教員による教育的講演を行う。地域における遺伝相談についての論議と助言等を行う。
  2. 外来 JETプログラムによる県内の在日英語圏患者の精神科診療担当医 2012-2018/03/31 代表 英会話による精神科診療
  3. 入院 緩和ケアチーム 2011/12/01-2018/03/31 分担 チーム 緩和ケアにおける精神科的医療
  4. 外来 遺伝子疾患診療センター 2011/04-2018/03/31 分担 遺伝カウンセリング
  5. 入院 精神神経科 2010/04-2018/03/31 分担 診療