山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(分子病理学)

助教

新見 学

ニイミ マナブ
Niimi Manabu

経歴

  1. 山梨大学 医学部 分子病理学講座 助教 2017/09
  2. 山梨大学 医学部 分子病理学講座 特任助教 2012/09-2017/08
  3. 大塚製薬(株) 医薬品事業部 研究員 2007/10-2012/08
  4. (株)日本抗体研究所 診断薬事業部 主任 2003/06-2007/10
  5. (株)日本抗体研究所 診断薬事業部 1996/04-2003/06

学歴

  1. 山梨大学 医学工学総合教育部 人間環境医工学専攻 博士 2014/03 修了
  2. 新潟大学 理学研究科 生物学専攻 修士 1996/03 修了
  3. 新潟大学 理学部 生物学科 1994/03 卒業

学位

  1. 博士(医科学) 山梨大学 2014/03
  2. 修士(理学) 新潟大学 1996/03

研究分野

  1. 病態医化学
  2. 実験病理学

研究キーワード

  1. 動脈硬化
  2. リポ蛋白代謝
  3. 脂質異常症
  4. 遺伝子改変・欠損ウサギ
  5. トランスレーショナルリサーチ

研究テーマ

  1. 動脈硬化性疾患の分子病態解明

競争的資金等の研究課題

  1. アポリポ蛋白E遺伝子欠損ウサギモデルを用いたアポEの機能解析 科学研究費補助金 基盤研究C 2019/04/01-2020/03/31
  2. アポリポ蛋白E遺伝子欠損ウサギモデルを用いたアポEの機能解析 科学研究費補助金 基盤研究C 2018/04/01-2019/03/31
  3. アポリポ蛋白E遺伝子欠損ウサギモデルを用いたアポEの機能解析 科学研究費補助金 基盤研究C 2017/04/01-2018/03/31
  4. 運動効果におけるリポ蛋白リパーゼの作用:ノックアウトウサギを用いた研究 科学研究費補助金 基盤研究C 2018/04/01-2019/03/31
  5. 運動効果におけるリポ蛋白リパーゼの作用:ノックアウトウサギを用いた研究 科学研究費補助金 基盤研究C 2017/04/01-2018/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Macrophage-derived matrix metalloproteinase-1 enhances aortic aneurysm formation in transgenic rabbits. Niimi M, Nishijima K, Kitajima S, Matsuhisa F, Satoh K, Yamazaki H, Zhang J, Chen YE, Fan J J Biomed Res. in press 2019 1674-8301
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Treatment of atherosclerosis by traditional Chinese medicine: Questions and quandaries. Wang C, Niimi M, Watanabe T, Wang Y, Liang J, Fan J. Atherosclerosis. 277, 136-144 2018/08 0021-9150 10.1016/j.atherosclerosis.2018.08.039
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Detection of potential new biomarkers of atherosclerosis by probe electrospray ionization mass spectrometry. Johno H, Yoshimira K, Mori Y, Kimura T, Niimi M, Yamada M, Tanigawa T, Fan J, Takeda S Metabolomics. 14/ 4, 38 2018/04 1573-3882 10.1007/s11306-018-1334-z
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Principles and Applications of Rabbit Models for Atherosclerosis Research. Fan J, Chen Y, Yan H, Niimi M, Wang Y, Liang J. J Atheroscler Thromb. 25/ 3, 213-220 2018/03 1340-3478 10.5551/jat.RV17018
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Glutathione inhibits antibody and complement-mediated immunologic cell injury via multiple mechanisms. Zhang Z, Zhang X, Fang X, Niimi M, Huang Y, Piao H, Gao S, Fan J, Yao J. Redox Biol. 12, 571-581 2017/08 2213-2317 10.1016/j.redox.2017.03.030

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) CETP inhibition and atherosclerosis therapy: myth or fact China-Japan International Conference on Atherosclerosis 2018 2018/08/30
  2. 口頭発表(一般) Characterization of apolipoprotein C-III knockout rabbits 第5回日本ウサギバイオサイエンス研究会学術集会 2018/07/20
  3. ポスター発表 Comparison of cryoprotectants for ultra-rapid vitrification (Cryotop method) in rabbit embryos. 7th International Congress on Rabbit Biotechnology 2017 2017/08/26
  4. ポスター発表 Increased hepatic expression of endothelial lipase inhibits cholesterol diet-induced hypercholesterolemia and atherosclerosis in transgenic rabbits. 7th International Congress on Rabbit Biotechnology 2017 2017/08/26
  5. ポスター発表 Macrophage-derived matrix metalloproteinase-1 accelerates aortic aneurysm formation in transgenic rabbits. 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2017/07/07

知的財産権

  1. 特許 レムナント様リポタンパク質中のコレステロール測定方法 特願2006-547888 2005/11/28 特許第4842538号 2011/10/14
  2. 特許 高密度リポ蛋白反応性ペプチド 特願2002-589513 2002/05/15 特許第3944083号 2007/04/13

受賞

  1. 9th Congress of the Asia Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases (APSAVD 2014) Educational Grant 2014/08/14

担当授業科目

  1. 分子病理学
  2. 分子病理学・実習
  3. 病態・生理論2
  4. チュートリアル・コース1 循環器・呼吸器
  5. 人体病態学概論

所属学協会

  1. 日本動脈硬化学会
  2. 日本実験動物学会
  3. 日本生化学会
  4. 日本病理学会
  5. 日本ウサギバイオサイエンス研究会

学外委員

  1. 日本動脈硬化学会 評議員 2016/07-2020/07
  2. 日本ウサギバイオサイエンス研究会 理事 2018/07-2020/07