山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(微生物学)

顔写真
教授

森石 恆司

モリイシ コウジ
Moriishi Kohji

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員 1991/04
  2. ヒューマンサイエンス財団流動研究員(国立予防衛生研究所、現国立感染症研究所) 1992/04
  3. 国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)研究員 1993/04
  4. 日本科学技術振興財団、海外派遣研究員、The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research (Melbourne, Australia) 1997/03
  5. 国立感染症研究所 研究員 1999/03
  6. 国立感染症研究所、主任研究官 2000/04
  7. 大阪大学微生物病研究所エマージング感染症研究センター助教授 2000/08
  8. 大阪大学微生物病研究所分子ウイルス分野 助教授 2005/04
  9. 大阪大学微生物病研究所 准教授 2007/04
  10. 山梨大学教授(微生物学講座) 2010/08/01
  11. 大阪大学医学部、非常勤講師 2011/04/01

学歴

  1. 北海道大学 獣医学部 獣医学科 修士 1987/03/25 卒業
  2. 北海道大学 獣医学研究科 形態機能学専攻 博士前期 1989/03/25 修了
  3. 北海道大学 獣医学研究科 形態機能学専攻 博士後期 1992/03/25 修了

学位

  1. 修士(獣医学) 北海道大学大学院 1989/03/25
  2. 博士(獣医学) 北海道大学大学院 1992/03/25

研究分野

  1. ウイルス学

研究キーワード

  1. C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、日本脳炎ウイルス、フラビウイルス、

研究テーマ

  1. C型肝炎ウイルスの感染機構と病原性発現に関する研究
  2. B型肝炎ウイルスの病原性発現機構とウイルス感染に関する研究

競争的資金等の研究課題

  1. B型肝炎ウイルスの完全排除等、完治を目指した新規治療法の開発に関する包括的研究 受託研究 AMED 2016/04/01-2017/03/31
  2. B型肝炎ウイルス感染受容体の分離・同定と感染系の樹立及び感染系による病態機構の解析と新規抗HBV剤の開発 受託研究 AMED 2016/04/01-2017/03/31
  3. C型肝炎における慢性肝炎から発がんに至るまでの病態解明とその制御に関する研究 受託研究 AMED 2016/04/01-2017/03/31
  4. プロテオミクスに基づく新規の抗肝炎ウイルス戦略 科学研究費補助金 2016/04/01-2017/03/31
  5. 肝炎ウイルスの感染複製増殖と病原性発現を阻止するための基盤的研究 受託研究 AMED 2016/04/01-2017/03/31

著書

  1. シンプル微生物学 南江堂 2017/11

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Inhibitory effect of presenilin inhibitor LY411575 on maturation of hepatitis C virus core protein, production of the viral particle and expressions of host proteins involved in pathogenicity Otoguro, T.,Tanaka, T.,Kasai, H.,Yamashita, A.,Moriishi, K. Microbiology and Immunology Weilly 60/ 11, 740-753 2016/10/01 0385-5600 10.1111/1348-0421.12448.
  2. 研究論文(学術雑誌) Inhibitory effect of CDK9 inhibitor FIT-039 on hepatitis B virus propagation Tanaka, T.,Okuyama-Dobashi, K.,Murakami, S.,Chen, W.,Okamoto, T.,Ueda, K.,Hosoya, T.,Matsuura, Y.,Ryo, A.,Tanaka, Y.,Hagiwara, M.,Moriishi, K. Antiviral Research 133, 156-164 2016/09/01 0166-3542
  3. 研究論文(学術雑誌) The Alarmin IL-33 Derived from HSV-2-Infected Keratinocytes Triggers Mast Cell-Mediated Antiviral Innate Immunity Aoki, R.,Kawamura, T.,Goshima, F.,Ogawa, Y.,Nakae, S.,Moriishi, K.,Nakao, A.,Shimada, S. J Invest Dermatol 136/ 6, 1290-1292 2016/06/01 0022-202X
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 TRC8-dependent degradation of hepatitis C virus immature core protein regulates viral propagation and pathogenesis. Aizawa S, ,Okamoto T, ,Sugiyama Y, ,Kouwaki T, ,Ito A, ,Suzuki T, ,Ono C, ,Fukuhara T, Yamamoto M, ,Okochi M, ,Hiraga N, ,Imamura M, ,Chayama K, ,Suzuki R, ,Shoji I, ,Moriishi K, ,Moriya K, ,Koike K, ,Matsuura Y. Nature Communications 4/ 7, 11379 2016/05/01 2041-1723 IF = 11.329
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Hepatocyte factor JMJD5 regulates HBV replication through interaction with HBx Kouwaki T, ,Okamoto T, ,Ito A, ,Sugiyama Y, ,Yamashita K, ,Suzuki T, Kusakabe S, ,Hirano J, ,Fukuhara T, ,Yamashita A, ,Saito K, ,Okuzaki D, ,Watashi K, ,Sugiyama M, ,Yoshio S, ,Standley DM, ,Kanto T, ,Mizokami M, ,Moriishi K, ,Matsuura Y Journal of Virology 90/ 7, 3530-3542 2016/01/20 1098-5514 10.1128/JVI.02776-15

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) Hepatitis C virus infection impairs mono-ubiquitination of histone H2A and activates expression of homeobox genes. 第64回日本ウイルス学会総会 2016/10/24
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) Cross-species compatibility of hepacivirus 5’ untranslated region 第64回日本ウイルス学会総会 2016/10/24
  3. 口頭発表(一般) Establishment of highly HBV-permissible HepG2 cell line to facilitate screening of antiviral compounds 第64回日本ウイルス学会総会 2016/10/24
  4. 口頭発表(一般) Anti-HBV activity of Coptidis rhizome alkaloids via targeting the viral core promoter. 第64回日本ウイルス学会総会 2016/10/24
  5. 口頭発表(一般) CDK9 inhibitor FIT-039 suppresses HBV propagation. 第64回日本ウイルス学会総会 2016/10/24

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2016 1 1 2 研究および論文作成指導 24 200

社会貢献活動

  1. 動物生理 2017/07/05
  2. スーパーサイエンスハイスクール指導員 2017/04/01-2018/03/31

所属学協会

  1. 日本分子生物学会
  2. 日本ウイルス学会

学外委員

  1. 日本ウイルス学会 理事 2017/04/01-2018/03/31
  2. 日本ウイルス学会 理事 2016/04/01-2017/03/31
  3. 日本ウイルス学会 評議委員 2016/04/01-2017/03/31

病院における診療活動・医療支援等

  1. その他 感染症対策委員会 2016/04/01-2017/03/31 12