山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(薬理学)

顔写真
講師

篠﨑 陽一

シノザキ ヨウイチ
Shinozaki Yohichi

経歴

  1. 国立医薬品食品衛生研究所 薬理部一室 プロジェクト研究員 2001/10
  2. 国立医薬品食品衛生研究所 薬理部一室 博士研究員 2005/04
  3. NTT物性科学基礎研究所 リサーチアソシエイト 2006/05/01
  4. NTT物性科学基礎研究所 研究員 2008/01/01
  5. 山梨大学大学院 医学工学総合研究部 薬理学講座 講師 2010/08/16

学歴

  1. 広島大学 1999/03/31
  2. 広島大学 2001/03/31
  3. 九州大学 2005/03/31

学位

  1. 薬学博士 2005/03/25
  2. 博士(薬学) 九州大学大学院 薬学研究院 2005/03/31

研究分野

  1. ナノ材料・ナノバイオサイエンス 中枢神経系に発現する生体分子を組み込んだナノバイオデバイスの創製
  2. ナノバイオサイエンス
  3. 神経化学・神経薬理学
  4. 分子生物学
  5. 構造生物化学
  6. 生物物理学
  7. 細胞生物学
  8. 生物系薬学 グリア細胞の生理機能に関する研究
  9. 生物系薬学
  10. 薬理学一般
  11. 眼科学

研究キーワード

  1. グリア
  2. アストロサイト
  3. ミクログリア
  4. 神経薬理
  5. プリン受容体
  6. 緑内障
  7. カルシウムイメージング
  8. 外傷性脳損傷
  9. 原子間力顕微鏡
  10. 一分子イメージング
  11. 神経傷害
  12. 神経保護

研究テーマ

  1. 中枢神経系の機能におけるグリア細胞およびプリン受容体の役割を明らかにする。 特に、 ・アストロサイト-ミクログリア間の情報伝達機構 ・受容体を含む生体分子のナノスケールでの構造及び空間ダイナミクスと生理機能との役割 の2点を切り口として生理機能及び病態時の機能解明を行うと共に、有効な治療法の探索を行う。
  2. 緑内障発症におけるグリア細胞機能の関与

競争的資金等の研究課題

  1. 網膜ミクログリアによる緑内障発症の分子基盤解明 科学研究費補助金 基盤研究C 2018/04/01-2020/03/31
  2. グリア細胞のAbca1機能異常による緑内障発症機構の解明 他の外部資金 萌芽的融合研究プロジェクト 2018/04/01-2019/03/31
  3. 網膜グリア細胞の老化による緑内障発症機構の解明 他の外部資金 戦略・公募プロジェクト 2015/04/01-2016/03/31
  4. グリア細胞変調による緑内障発症メカニズムの解明 他の外部資金 戦略・公募プロジェクト 2014/04/01-2015/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Microglia mediate non-cell-autonomous cell death of retinal ganglion cells Takeda Akiko Shinozaki Youichi Kashiwagi Kenji Ohno Nobuhiko Eto kei Wake Hiroaki Nabekura Junichi Koizumi Schuichi GLIA Wiley 66/ 11, 2366-2384 2018/10/29 0894-1491 10.1002/glia.23475
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 The time-dependent variation of ATP release in mouse primary-cultured urothelial cells is regulated by the clock gene. Ihara T Mitsui T Nakamura Y Kanda M Tsuchiya S Kira S Nakagomi H Sawada N Kamiyama M Shigetomi E Shinozaki Y Yoshiyama M Nakao A Takeda M Koizumi S Neurourol Urodyn Wiley 2018/ 37, 2535-2543 2018/08/14 0733-2467
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Anti-depressesant fluoxetine reveals its therapeutic effect via astrocytes Kinoshita M Hirayama Y Fujishita K Shibata K Shinozaki Y Shigetomi E Takeda A Ngoc Le HP Hayashi H Hiasa M Moriyama Y Ikenaka K Tanaka KF Koizumi S EBioMedicine LANCET 32, 72-83 2018/06/08 2352-3964 10.1016/j.ebiom.2018.05.036
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 The Circadian expression of Piezo1, TRPV4, Connexin26, and VNUT, associated with the expression levels of the clock genes in mouse primary cultured urothelial cells. Ihara T Mitsui T Nakamura Y Kanda M Tsuchiya S Kira S Nakagomi H Sawada N Hirayama Y Shibata K Shigetomi E Shinozaki Y Yoshiyama M Nakao A Takeda M Koizumi S Neurourology and Urodynamics Wiley 37/ 3, 942-951 2018/03/07 0733-2467 10.1002/nau.23400
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 The oscillation of intracellular Ca2+ influx associated with the circadian expression of Piezo1 and TRPV4 in the bladder urothelium Scientific Reports 8, 5699 2018/03/06 2045-2322 10.1038/s41598-018-23115-w

研究発表

  1. ポスター発表 Loss-of-function of glial ABCA1 increases the risk for pathogenesis of glaucoma FAOPS9th 2019/03/28
  2. 口頭発表(招待・特別) Dysfunction in retinal glia causes pathogenesis of glaucoma Semiar at Centre de researchrche du CHU de Quebec 2019/03/19
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) Dysregulation in glial function increases risk for pathogenesis of glaucoma 第92回日本薬理学会年会 2019/03/14
  4. ポスター発表 Dysfunction of ABCA1 in optic astrocytes causes pathogenesis of glaucoma Cold Spring Harbor Asia-Novel Insight into Glial Function and Dysfunction 2018/12/03
  5. 口頭発表(一般) Lack of glial ABCA1 causes pathogenesis of glaucoma 第23回グリア研究会 2018/12/01

知的財産権

  1. 特許 正常眼圧緑内障モデル、及び評価対象薬剤の正常眼圧緑内障予防乃至治療効果の評価方法 特願2018-115732 2018/06/19
  2. 特許 タンパク質機能解析装置 2010/10/18 特開2009-041931 特開2009-041931
  3. 金属ナノ粒子複合体およびその製造方法、バイオチップおよびその製造方法 2010/10/18 特開2010-175327
  4. 膜タンパク質の脂質膜内配向評価方法 2010/10/18 特開 2010-145125
  5. 膜タンパク質機能測定基板及び膜タンパク質機能測定方法 2010/10/18 特開2010-122110

受賞

  1. 第31回研究交流助成 2017/02/16
  2. Young Investigator Award 2016/07/09
  3. 第25回加藤記念国際交流助成 2013/04/02 Purinergic signal-regulated glial scar formation
  4. ISN2011 Travel Award 2011/03/25
  5. 第23回国際神経化学会 トラベルアワード 2011/03/22

担当授業科目

  1. 排尿障害・性機能改善薬(チュートリアル7)
  2. 抗感染症薬
  3. 薬理学実習
  4. 末梢神経・筋作用薬(チュートリアル8)
  5. ステロイド薬

その他の教育実績

  1. 2018 スモールクラス
  2. 2016 スモールクラス
  3. 2015 スモールクラス

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2017 1

その他の学部学生指導

  1. 2017 基礎研究 200 基礎研究

修士・博士論文審査

  1. 2018 副査 2 1
  2. 2017 副査 4
  3. 2016 副査 1

外部発表指導の実績

  1. 2018 4 30 1 15 1 5
  2. 2017 1 60 1 60

社会貢献活動

  1. The 20th Meeting of Japan Purine Club 2016/04/01-2017/03/31
  2. 受容体の動き、連続観察 原子間力顕微鏡を利用 2009/05/25
  3. ナノレベル観察技術 ATPの変化解明 2009/05/14
  4. Scientists See ATP Open The Door 2009/05/06
  5. Scientists See ATP Open The Door 2009/05/06

所属学協会

  1. 日本神経化学会
  2. 日本薬理学会
  3. 日本神経精神薬理学会 2017/05
  4. ARVO 2017/02
  5. 国際神経化学会 2011/03

学外委員

  1. 日本薬理学会 評議委員 2013/03