山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(生化学1)

顔写真
講師

萩原 明

ハギワラ アカリ
Hagiwara Akari

経歴

  1. 自然科学研究機構 生理学研究所  脳形態解析部門  非常勤研究員 2004/10/01
  2. 京都大学大学院医学研究科   先端領域融合医学研究機構 科学技術振興助手 2005/01/01
  3. ハーバード大学   分子細胞生物学部 Postdoc研究員 2007/04/01
  4. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 生化学講座第一教室 助教 2010/09/01
  5. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 生化学講座第一教室 講師 2015/03/01

学歴

  1. 慶應義塾大学 応用化学科 1999/03/31 卒業
  2. 慶應義塾大学 理工学研究科 修士 2001/03/31 卒業
  3. 総合研究大学院大学(総研大) 生命科学研究科 博士 2004/09/30 卒業

学位

  1. 理学博士 総合研究大学院大学(総研大)

研究分野

  1. 神経科学一般
  2. 形態・構造

研究キーワード

  1. 神経科学・微細形態学

論文

  1. SAD-B Phosphorylation of CAST Controls Active Zone Vesicle Recycling for Synaptic Depression Mochida S., Hida Y., Tanifuj S., Hagiwara A., Hamada S., Abe M., Ma H., Yasumura M., Kitajima I., Sakimura K., Ohtsuka T. Cell Reports 16, 2901-2913 2016 2211-1247
  2. SAD-B kinase regulates presynaptic vesicular dynamics at hippocampal Schaffer collateral synapses and affects contextual fear memory Watabe A.,Nagase M.,Hagiwara A.,Hida Y.,Tsuji M.,Ochiai T.,Kato F.,Ohtsuka T Journal of Neurochemistry 136/ 1, 36-47 2016/02/01 0022-3042
  3. The planar cell polarity protein Vangl2 bidirectionally regulates dendritic branching in cultured hippocampal neurons Akari Hagiwara,Misato Yasumura,Yamato Hida,Eiji Inoue,Toshihisa Ohtsuka Molecular Brain 7, 79 2014/11/01 1756-6606
  4. Vangl2, the planner cell polarity protein, is complexed with postsynaptic density protein PSD-95. Yoshioka Toshinori,Hagiwara Akari,Hida Yamato,Otsuka Toshihisa FEBS Letters 587/ 10, 1453-1459 2013/05/01 1873-3468
  5. Deletion of the presynaptic scaffold CAST reduces active zone size in rod photoreceptors and impairs visual processing. Susanne tom Dieck,Dana Specht,Nicola Strenzke,Yamato Hida,Vidhyasankar Krishnamoorthy,Karl-Friedrich Schmidt,Eiji Inoue,Hiroyoshi Ishizaki,Miki Tanaka-Okamoto,Jun Miyoshi,Akari Hagiwara,Johann H. Brandstätter,Siegrid Löwel,Tim Gollisch,Toshihisa Ohtsuka,Tobias Moser The Journal of Neuroscience 32/ 35, 12192-12203 2012/08/01

研究発表

  1. ポスター発表 網膜視細胞におけるCAST/ELKS欠損によって誘発される視機能異常の形態学的解析 第40回 日本神経科学学会 2017/07/20
  2. ポスター発表 養育行動に関連する神経伝達・作用機序の探索 第39回 日本神経科学大会 2016/07/20
  3. ポスター発表 養育行動に関連する神経回路網並びに神経伝達制御機構の探索 包括脳ネットワーク 冬のシンポジウム 2015/12/18
  4. ポスター発表 Contribution of presynaptic active zone proteins CAST/ELKS in the formation of retinal ribbon synapse SfN, Neuroscience Meeting 2015 2015/10/19
  5. ポスター発表 網膜におけるアクティブゾーン構成タンパク質CAST/ELKSのシナプス形態及び機能に対する作用機序 生理学研究所・研究会「シナプスの構造構築と機能発現の分子基盤」 2015/06/18

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/04/01-2017/03/31 生理学研究所 代表 開口放出部構成蛋白質によるシナプス形成およびその機能解析
  2. 2015/04/01-2016/03/31 生理学研究所 代表 前シナプス分子基盤によるリボンシナプスの形成及びその機能解析
  3. 2013/10/01-2014/03/01 熊本大学発生医学研究所 代表 神経細胞の移動軸を制御する極性因子の機能解析

担当授業科目

  1. 生化学B
  2. 生化学実習

所属学協会

  1. 北米神経科学学会
  2. 日本解剖学会
  3. 日本神経科学学会