山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(薬理学)

顔写真
助教

繁冨 英治

シゲトミ エイジ
Shigetomi Eiji

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(PD)・東京慈恵会医科大学訪問研究員 (神経生理学研究室・加藤総夫教授) 2005/04/01
  2. Postdoctoral Scholar, Department of Physiology (PI, Dr Baljist S Khakh), UCLA・上原生命科学財団海外ポストドクトラルフェロー 2007/04/12
  3. Assistant Researcher (track I), Department of Physiology (PI, Dr Baljist S Khakh), UCLA 2010/04/01
  4. Assistant Researcher (track III), Department of Physiology (PI, Dr Baljist S Khakh), UCLA 2011/07/01
  5. 山梨大学医学部・大学院医学工学総合研究部・薬理学講座 特任助教 2012/03/01
  6. 山梨大学大学院総合研究部・薬理学講座 特任助教 2012/03/01
  7. 山梨大学大学院総合研究部・薬理学講座・助教 2017/04/01

学歴

  1. 東京理科大学 2000
  2. 東京理科大学 2002
  3. 東京慈恵会医科大学 2005/03/23

学位

  1. 医学博士 東京慈恵会医科大学 2005/03/23

教育・研究活動状況

脳は我々の精神並びに身体を制御しています。脳が果たす役割、そしてその仕組みを理解する上で、神経細胞と共に脳を構成しているグリア細胞機能の理解は欠かせません。私は、そのグリア細胞の中でも特にアストロサイトに着目しています。アストロサイトは、神経細胞同士の情報伝達の場であるシナプスと密に関係し、その情報伝達を制御する可能性が指摘されています。また、アストロサイトは多様なカルシウムシグナルを発生し、これによってシナプス更には脳機能を制御していると考えられています。アストロサイトのカルシウムシグナルに着目し、これによって脳機能が制御される仕組みを解き明かし、更にはその仕組みを元に新たな脳疾患の治療法の可能性を提示することを目標に研究活動を行っています。

研究分野

  1. 神経生理学 神経生物学 神経薬理学

研究キーワード

  1. カルシウム、カルシウム感受性蛍光タンパク質、アストロサイト、シナプス伝達、シナプス可塑性、プリン受容体、グリア、中枢神経系

研究テーマ

  1. アストロサイトのカルシウム動態とその中枢神経系における生理機能 グリア-ニューロン機能連関 プリン受容体によるシナプス伝達制御機構

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Role of Purinergic Receptor P2Y1 in Spatiotemporal Ca2+ Dynamics in Astrocytes. Shigetomi E, Hirayama YJ, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S. The Journal of Neuroscience 2018/02/07 0270-6474
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Aberrant astrocyte Ca2+ signals "AxCa signals" exacerbate pathological alterations in an Alexander disease model. Saito K, Shigetomi E, Yasuda R, Sato R, Nakano M, Tashiro K, Tanaka KF, Ikenaka K, Mikoshiba K, Mizuta I, Yoshida T, Nakagawa M, Mizuno T, Koizumi S. GLIA 2018/01/31 0894-1491
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 The Circadian expression of Piezo1, TRPV4, Connexin26, and VNUT, associated with the expression levels of the clock genes in mouse primary cultured urothelial cells. Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kanda M, Tsuchiya S, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Hirayama Y, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Takeda M, Koizumi S. Neurourology and Urodynamics 2017/09/07 0733-2467
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Neural Circuit-Specialized Astrocytes: Transcriptomic, Proteomic, Morphological, and Functional Evidence. Chai H, Diaz-Castro B, Shigetomi E, Monte E, Octeau JC, Yu X, Cohn W, Rajendran PS, Vondriska TM, Whitelegge JP, Coppola G, Khakh BS. Neuron 2017/07/11 0896-6273
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Reactive astrocytes function as phagocytes after brain ischemia via ABCA1-mediated pathway. Morizawa YM, Hirayama Y, Ohno N, Shibata S, Shigetomi E, Sui Y, Nabekura J, Sato K, Okajima F, Takebayashi H, Okano H, Koizumi S. Nature Communications 8/ 1 2017/06/22 2041-1723

研究発表

  1. ポスター発表 脳の高次機能解明に向けた脳神経系細胞の近接場光イメージング 第65回応用物理学会春季学術講演会 2018/03
  2. ポスター発表 アストロサイト-ニューロン相互機能連関の可視化 第95回日本生理学会大会 2018/03/29
  3. ポスター発表 Mechanisms underlying down-regulation of mGluR5 in astrocytes with ages The first international symposium for frontend brain science: University of Yamanashi 2018/02/21
  4. ポスター発表 Functional role of P2Y1 receptor-mediated Ca2+ waves in neuronal Ca2+ signals The first international symposium for frontend brain science: University of Yamanashi 2018/02/21
  5. ポスター発表 How do astrocytes sense neuronal information via P2Y1 receptor? The first international symposium for frontend brain science: University of Yamanashi 2018/02/21

受賞

  1. 科学技術分野 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 2015/04/15 脳機能制御におけるアストロサイトのCa2+シグナルの研究
  2. 第89回日本生理学会大会 ポスターアワード 2012/03/30 アストロサイトにおける新規カルシウムシグナルとそのLTPにおける役割
  3. 第89回日本生理学会大会 奨励賞 2012/03/30
  4. 第13回日本生理学会奨励賞 2012/03/30 アストロサイトの局所Ca2+動態とその生理学的意義
  5. 第85回日本薬理学会年会 優秀発表賞 2012/03/16 TRPA1 channel-mediated microdomains contribute to resting calcium levels in astrocytes.

担当授業科目

  1. 薬理学系統講義

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2017 2
  2. 研究生指導の実績(大学院) 2016 2
  3. 研究生指導の実績(学部) 2016 2
  4. 研究生指導の実績(大学院) 2015 1
  5. 研究生指導の実績(学部) 2015 1

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 山梨大学グローバル人材育成プログラムWGメンバー

所属学協会

  1. 日本神経化学会 2013/03
  2. Society for Neuroscience 2005
  3. 日本生理学会 2001
  4. 日本神経科学学会 2000
  5. 日本薬理学会 2000