山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(神経生理学)

教授

喜多村 和郎

キタムラ カズオ
Kitamura Kazuo

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員PD 1998/04
  2. 科学技術振興事業団 一分子過程プロジェクト 研究員 1999/01
  3. 日本学術振興会海外特別研究員 2003/02
  4. ロンドン大学ユニバーシティカレッジ 研究員 2005/02
  5. 大阪大学大学院医学系研究科 助手 2005/10
  6. 東京大学大学院医学系研究科 助教 2007/09
  7. 東京大学大学院医学系研究科 准教授 2010/08
  8. 山梨大学大学院総合研究部 教授 2014/10

学歴

  1. 大阪大学 1993/03
  2. 大阪大学 1998/03

学位

  1. 博士(工学) 大阪大学 1998/03

研究分野

  1. 神経科学一般
  2. 生物物理学
  3. 神経・筋肉生理学

研究キーワード

  1. ニューロン、大脳、小脳、運動、感覚、電気生理学、光学イメージング

研究テーマ

  1. 大脳および小脳における感覚運動情報処理基盤の解明および先端的光学イメージング手法の開発

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Patchwork-Type Spontaneous Activity in Neonatal Barrel Cortex Layer 4 Transmitted via Thalamocortical Projections Hidenobu Mizuno, Koji Ikezoe, Shingo Nakazawa, Takuya Sato, Kazuo Kitamura, Takuji Iwasato Cell Reports 22, 123-135 2018/01/02 2211-1247 10.1016/j.celrep.2017.12.012
  2. 研究論文(学術雑誌) Maturation of Cerebellar Purkinje Cell Population Activity during Postnatal Refinement of Climbing Fiber Network Jean-Marc Good, Michael Mahoney, Taisuke Miyazaki, Kenji F Tanaka, Kenji Sakimura, Masahiko Watanabe, Kazuo Kitamura, and Masanobu Kano Cell Reports 21/ 8, 2066-2073 2017/11/21 2211-1247 10.1016/j.celrep.2017.10.101
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Serotonin rebalances cortical tuning and behavior linked to autism symptoms in 15q11-13 CNV mice Nakai N, Nagano M, Saitow F, Watanabe Y, Kawamura Y, Kawamoto A, Tamada K, Mizuma H, Onoe H, Watanabe Y, Monai H, Hirase H, Nakatani J, Inagaki H, Kawada T, Miyazaki T, Watanabe M, Sato Y, Okabe S, Kitamura K, Kano M, Hashimoto K, Suzuki H, Takumi T Science Advances 3/ 6 2017/06/21 10.1126/sciadv.1603001
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Dendritic Spikes in Sensory Perception Manita S, Miyakawa H, Kitamura K, Murayama M Frontiers in Cellular Neuroscience 11 2017/02/15 1662-5102 10.3389/fncel.2017.00029
  5. Rational design of a high-affinity, fast, red calcium indicator R-CaMP2. Inoue M.,Takeuchi A.,Horigane S.I.,Ohkura M.,Gengyo-Ando K.,Fujii H.,Kamijo S.,Takemoto-Kimura S.,Kano M.,†Naka, J.,†Kitamura K.,†Bito H. Nature Methods 12/ 1, 64-70 2015/01 IF:25.953, CI:3

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) Two-photon imaging of cerebellar activity during goal-directed behavior The first international symposium for fronted brain science: University of Yamanashi 2018/02/21
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 小脳モジュールの機能解析 次世代脳冬のシンポジウム2017 2017/12/21
  3. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 Two-photon imaging of cerebellar activity in vivo Two-photon Imaging Course 2017 2017/10/16
  4. ポスター発表 マウスを用いた到達運動課題の開発とその性能評価 第64回中部日本生理学会 2017/10/06
  5. ポスター発表 随意運動における小脳登上線維シグナルの2光子イメージング解析 第64回中部日本生理学会 2017/10/06

上記以外の発表の総数

  1. 2015 8 2 6
  2. 2014 3 2 1

受賞

  1. 平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 2010/04/13
  2. 井上研究奨励賞 2001/02/02

所属学協会

  1. Society for Neuroscience
  2. 日本生物物理学会
  3. 日本神経科学学会
  4. 日本生理学会