山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学3)

顔写真
教授

北村 健一郎

キタムラ ケンイチロウ
Kitamura Kenichiro

経歴

  1. 東京医科歯科大学医学部附属病院 第二内科 研修医 1990/06/01-1991/05/31
  2. 社会保険三島病院 内科 医員 1991/06/01-1992/03/31
  3. 国家公務員等共済組合連合会 横須賀共済病院 腎センター 医員 1992/06/01-1992/12/31
  4. University of Texas Southwestern Medical Center Division of Nephrology Research Fellow 1993/01/01-1995/07/31
  5. University of Florida Division of Nephrology Research Fellow 1995/08/01-1996/03/31
  6. 熊本大学医学部附属病院 第三内科 医員 1996/04/01-1998/04/30
  7. 熊本大学医学部 内科学第三講座 助手 1998/05/01-2003/03/31
  8. 熊本大学大学院医学薬学研究部 腎臓内科学分野 助手 2003/04/01-2007/03/31
  9. 熊本大学大学院医学薬学研究部 腎臓内科学分野 助教 2007/04/01-2008/04/30
  10. 熊本大学医学部附属病院 腎臓内科 講師 2008/05/01-2010/07/31
  11. 熊本大学大学院生命科学研究部 腎臓内科学分野 准教授 2010/08/01-2014/09/30
  12. 山梨大学大学院総合研究部 内科学3 教授 2014/10/01

学歴

  1. 東京医科歯科大学 医学部 医学科 1990/03/25 卒業 日本
  2. 東京医科歯科大学 医学研究科 内科学専攻 博士 1994/09/30 その他
  3. 熊本大学 医学研究科 内科学専攻 博士 1997/03/24 修了

学位

  1. 博士(医学) 熊本大学 1997/03/24

研究分野

  1. 腎臓内科学

研究キーワード

  1. セリンプロテアーゼ
  2. プロスタシン

研究テーマ

  1. 高血圧、糖尿病の発症進展におけるセリンプロテアーゼの役割の解明

競争的資金等の研究課題

  1. PRSS8によるインスリン分泌制御機構の分子基盤の解明 他の外部資金 2015/12/18-2016/12/17

著書

  1. 内科学 第11版 朝倉書店 2017/03/20
  2. イヤーノート2018 内科・外科編 メディックメディア 2017/03/08

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 An anti-deoxyhypusine synthase antibody as a marker of atherosclerosis-related cerebral infarction, myocardial infarction, diabetes mellitus, and chronic kidney disease. Journal of Molecular Biomarkers & Diagnosis 8/ 6, 361 2017/08/31
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identification of serum anti-GADD34 antibody as a common marker of diabetes mellitus and Parkinson disease. Journal of Alzheimers Disease & Parkinsonism 7/ 4, 358 2017/08/03
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Serum SH3BP5-specific antibody level is a biomarker of atherosclerosis. Immunome Research 13/ 2, 132 2017/05/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 An anti-deoxyhypusine synthase antibody as a marker of atherosclerosis-related cerebral infarction, myocardial infarction, diabetes mellitus, and chronic kidney disease. SM Atherosclerosis Journal 1/ 1, 1001 2017/03/27
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 The ligand-bound thyroid hormone receptor in macrophages ameliorates kidney injury via inhibition of nuclear factor-κB activities. Furuya, F., Ishii, T., Tamura, S., Takahashi, K., Kobayashi, H., Ichijo, M., Takizawa, S., Kaneshige, M., Suzuki-Inoue, K., and Kitamura, K. Scientific Reports 7, 43960 2017/03/08 2045-2322 10.1038/srep43960

研究発表

  1. ポスター発表 A case of acute kidney injury caused after pneumonia in renal amyloidosis ISN Frontiers meeting 2018/02/25
  2. ポスター発表 Two cases of Castleman's disease accompanied with kidney dysfunction ISN Frontiers meeting 2018/02/25
  3. ポスター発表 Successful treatment of membranous nephropathy in a patient with mixed connective tissue disease by combination therapy with tacrolimus and intravenous immunoglobulin therapy ISN Frontiers meeting 2018/02/25
  4. ポスター発表 A case of nephrotic syndrome associated with alcoholic liver cirrhosis ISN Frontiers meeting 2018/02/25
  5. ポスター発表 Hypokalemic myopathy induced by distal renal tubular acidosis associated with Sjogren's syndrome ISN Frontiers meeting 2018/02/25

知的財産権

  1. 特許 プロスタシン部分ペプチド及び抗プロスタシン抗体 2008-513341 2007/05/01 4829961 2011/09/22

受賞

  1. 日本腎臓学会大島賞 2007/05/25 プロテアーゼ/プロテアーゼインヒビターの相互作用による生体Na代謝制御の分子基盤

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2017 4
  2. 博士学位論文指導 2016 2 0 0 0

社会貢献活動

  1. 昭和町役場 町民公開講座 2018/03/05-2018/03/05
  2. サイエンスフォーラム for 高校生 in 山梨大学医学部 2017/08/23-2017/08/23
  3. 山梨県看護協会研修会 2017/07/10-2017/07/10
  4. 岐阜市民公開講座 2016/11/06-2016/11/06
  5. 山梨県看護協会研修会 2016/07/11-2016/07/11

所属学協会

  1. 日本リウマチ学会 2016/04
  2. 日本糖尿病学会 2015/04
  3. 日本内分泌学会 2015/04
  4. 日本腎臓リハビリテーション学会 2012/09
  5. 米国内科学会 2006/05

学外委員

  1. 日本腎臓学会 幹事 2016/07/01
  2. 日本腎臓学会 編集委員会 2016/07/01
  3. 山梨県 山梨県慢性腎臓病予防推進対策協議会 2015/11/01
  4. 日本内科学会 評議員 2015/04/01
  5. 厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 副作用・感染等被害判定第一部会 2015/01/01-2018/03/31

病院における診療活動・医療支援等

  1. 外来 腎臓内科 2015/04/01 代表 腎臓内科の診療
  2. 入院 腎臓内科 2015/04/01 代表 腎臓内科の診療