山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(内科学3)

顔写真
教授

北村 健一郎

キタムラ ケンイチロウ
Kitamura Kenichiro

経歴

  1. 東京医科歯科大学医学部附属病院 第二内科 研修医 1990/06/01-1991/05/31
  2. 社会保険三島病院 内科 医員 1991/06/01-1992/03/31
  3. 国家公務員等共済組合連合会 横須賀共済病院 腎センター 医員 1992/06/01-1992/12/31
  4. University of Texas Southwestern Medical Center Division of Nephrology Research Fellow 1993/01/01-1995/07/31
  5. University of Florida Division of Nephrology Research Fellow 1995/08/01-1996/03/31
  6. 熊本大学医学部附属病院 第三内科 医員 1996/04/01-1998/04/30
  7. 熊本大学医学部 内科学第三講座 助手 1998/05/01-2003/03/31
  8. 熊本大学大学院医学薬学研究部 腎臓内科学分野 助手 2003/04/01-2007/03/31
  9. 熊本大学大学院医学薬学研究部 腎臓内科学分野 助教 2007/04/01-2008/04/30
  10. 熊本大学医学部附属病院 腎臓内科 講師 2008/05/01-2010/07/31
  11. 熊本大学大学院生命科学研究部 腎臓内科学分野 准教授 2010/08/01-2014/09/30
  12. 山梨大学大学院総合研究部 内科学3 教授 2014/10/01

学歴

  1. 東京医科歯科大学 医学部 医学科 1990/03/25 卒業 日本
  2. 東京医科歯科大学 医学研究科 内科学専攻 博士 1994/09/30 その他
  3. 熊本大学 医学研究科 内科学専攻 博士 1997/03/24 修了

学位

  1. 博士(医学) 熊本大学 1997/03/24

研究分野

  1. 腎臓内科学

研究キーワード

  1. セリンプロテアーゼ
  2. プロスタシン

研究テーマ

  1. 高血圧、糖尿病の発症進展におけるセリンプロテアーゼの役割の解明

競争的資金等の研究課題

  1. PRSS8によるインスリン分泌制御機構の分子基盤の解明 他の外部資金 2015/12/18-2016/12/17

著書

  1. 内科学 第11版 朝倉書店 2017/03/20
  2. イヤーノート2018 内科・外科編 メディックメディア 2017/03/08

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 The ligand-bound thyroid hormone receptor in macrophages ameliorates kidney injury via inhibition of nuclear factor-κB activities. Furuya, F., Ishii, T., Tamura, S., Takahashi, K., Kobayashi, H., Ichijo, M., Takizawa, S., Kaneshige, M., Suzuki-Inoue, K., and Kitamura, K. Scientific Reports 7, 43960 2017/03/08 2045-2322 10.1038/srep43960
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Sensitive detection of hemodynamic failure during orthostatic stress in patients with diabetic polyneuropathy using a mini laser Doppler blood flowmeter. Goma, M., Kaneshige, M., Ichijo, S., Ichijo, M., Shindo, H., Terada, N., Yokomichi, H., Yamagata, Z., Kitamura, K., Shimura, H., and Kobayashi, T. Journal of the American Society of Hypertension 11/ 1, 28-37 2017/01/01 1933-1711 10.1016/j.jash.2016.11.003
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Pharmacological and genetic reappraisals of protease and oxidative stress pathways in a mouse model of obstructive lung diseases. Shuto, T., Kamei, S., Nohara, H., Fujikawa, H., Tasaki, Y., Sugahara, T., Ono, T., Matsumoto, C., Sakaguchi, Y., Maruta, K., Nakashima, R., Kawakami, T., Suico, M. A., Kondo, Y., Ishigami, A., Takeo, T., Tanaka, K.-I., Watanabe, H., Nakagata, N., Uchimura, K., Kitamura, K., Li, J. D., and Kai, H. Scientific Reports 6, 39305 2016/12/16 2045-2322 10.1038/srep39305
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 A serine protease inhibitor attenuates aldosterone-induced kidney injury via the suppression of plasmin activity. Kakizoe, Y., Miyasato, Y., Onoue, T., Nakagawa, T., Hayata, M., Uchimura, K., Morinaga, J., Adachi, M., Miyoshi, T., Sakai, Y., Tomita, K., Mukoyama, M., and Kitamura, K. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 132/ 2, 145-153 2016/10/01 1347-8613 10.1016/j.jphs.2016.09.005
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 手術療法により間質性肺炎が改善した甲状腺髄様癌合併皮膚筋炎の1例 原井 望, 花井 俊一朗, 張磨 則之, 久保寺 綾子, 一條 昌志, 古屋 文彦, 志村 浩己, 北村 健一郎 山梨医科学雑誌 31/ 1, 21-26 2016/06/01

知的財産権

  1. 特許 プロスタシン部分ペプチド及び抗プロスタシン抗体 2008-513341 2007/05/01 4829961 2011/09/22

受賞

  1. 日本腎臓学会大島賞 2007/05/25 プロテアーゼ/プロテアーゼインヒビターの相互作用による生体Na代謝制御の分子基盤

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2016 2 0 0 0

社会貢献活動

  1. 岐阜市民公開講座 2016/11/06-2016/11/06
  2. 山梨県看護協会研修会 2016/07/11-2016/07/11
  3. 山梨県慢性腎臓病予防推進対策協議会 副会長 2015/11/01-2016/03/31 (活動の内容) 山梨県の慢性腎臓病対策に関する会議 (開催回数) 2
  4. 薬事・食品衛生審議会 副作用・感染等被害判定第一部会 委員 2015/01/01-2017/03/31 (活動の内容) 医薬品による副作用に対する救済の判定 (開催回数) 6

所属学協会

  1. 日本リウマチ学会 2016/04
  2. 日本糖尿病学会 2015/04
  3. 日本内分泌学会 2015/04
  4. 日本腎臓リハビリテーション学会 2012/09
  5. 米国内科学会 2006/05

学外委員

  1. 日本腎臓学会 幹事 2016/07/01
  2. 日本腎臓学会 編集委員会 2016/07/01
  3. 山梨県 山梨県慢性腎臓病予防推進対策協議会 2015/11/01
  4. 日本内科学会 評議員 2015/04/01
  5. 厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 副作用・感染等被害判定第一部会 2015/01/01

病院における診療活動・医療支援等

  1. 外来 腎臓内科 2015/04/01 代表 腎臓内科の診療
  2. 入院 腎臓内科 2015/04/01 代表 腎臓内科の診療