山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(分子病理学)

助教

小幡 史子

オバタ フミコ
Obata Fumiko
  • Tel.055-273-9521

経歴

  1. 岩手医科大学医学部細菌学講座助手 2001/04/01
  2. バージニア大学医学部内科腎臓部リサーチアソシエイト 2003/11/01
  3. バージニア大学医学部内科腎臓部インストラクター 2008/01/01
  4. メリーランド大学バルチモア医学部細菌・免疫学助教 2008/07/01
  5. 山梨大学助教(分子病理学講座) 2014/10/16

学位

  1. 学士(理学) 1996/03/26
  2. 修士(理学) 1998/03/25
  3. 博士(理学) 2001/03/26

研究分野

  1. 病態医化学 アルツハイマー病 ウサギモデル

研究キーワード

  1. アルツハイマー病 動物モデル ApoE

研究テーマ

  1. アルツハイマー病におけるアポEの役割の解明:アポEノックアウトウサギを用いた研究

著書

  1. Chapter 5: Role of Shiga/Vero toxins in pathogenesis Obata F,Obrig T - ASM Press 2015/07/01
  2. Influence of Escherichia coli Shiga toxin on the mammalian central nervous system. Obata F 71- 2010/07/01

論文

  1. 共著 Shiga toxin type-2 (Stx2) induces glutamate release via phosphoinositide 3-kinase (PI3K) pathway in murine neurons. Obata F,Hippler LM,Saha P,Jandhyala DM,Latinovic O. Frontiers in Molecular Neuroscience 8, 30 2015/07/01 1662-5099
  2. 共著 Natural killer T (NKT) cells accelerate Shiga toxin type 2 (Stx2) pathology in mice. Obata F,Subbrahmanyam PB,Vozenilek AE,Hippler LM,Jeffers T,その他7名 Frontiers in Microbiology 6, 262 2015/04/01 1664-302X
  3. Role of Shiga/Vero toxins in pathogenesis. Obata F and Obrig T Microbiology Spectrum 2/ 3 2014/07/01
  4. 共著 Shiga toxin 2-induced intestinal pathology in infant rabbits is A-subunit dependent and responsive to the tyrosine kinase and potential ZAK inhibitor imatinib. Stone S, Thorpe C, Ahluwalia A, Rogers A, Obata Fその他5名 front Cell Infect Microbiol 2, 135 2012/07/01
  5. Distribution of Gb3 immunoreactivity in the mouse central nervous system. Obata F and Obrig TG Toxins 2/ 8, 1997-2006 2010/07/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Dietary cholesterol increases neurodegenerative pathology through the blood-cerebrospinal fluid barrier in rabbits. Neuroscience 2016 2016/11/13
  2. 口頭発表(一般) ウサギを用いた散発性アルツハイマー病モデルの作製 第4回ウサギバイオサイエンス研究会 2016/08/06
  3. 口頭発表(一般) Shiga toxin type-2 (Stx2) induces glutamate release via phosphoinositide 3-kinase (P13K) pathway in murine neurons. VTEC 2015 BOSTON 2015/09/15
  4. 口頭発表(招待・特別) Shiga toxin effects- evidence from animal studies. 5th International Conference HUS & related disorders 2015/07/12

担当授業科目

  1. コース2呼吸器循環器

教育実績

  1. FD研修、高大社接続改革と新入試の制度設計について、に参加 2017/06/16
  2. 教育研究活動データベースシステム説明会参加 2017/04/27
  3. 反転授業用ソフトウェアMediaDEPO説明会参加 2017/03/30

その他の教育実績

  1. 2017 共通科目、人体の生命科学、において、反転授業ソフトウェアMediaDEPOを用いた英語での講義を実施
  2. 2016 CBT試験監督
  3. 2016 スモールクラス実施、1回
  4. 2015 平成27年度共用試験医学系OSCE、身体診察A列責任者補助

その他の学部学生指導

  1. 2016 100

社会貢献活動

  1. 顕微鏡で標本を観察しよう(小学生対象、研究室体験) 2015/08/06 2015年8月、小学生4人を2日間職場体験学習として受け入れ、顕微鏡の使い方、標本観察、スケッチ、などについて指導。

所属学協会

  1. (一社)日本病理学会 2015/10/01
  2. 神経科学学会 2005/07
  3. アメリカ微生物学会 2000/70