山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(解剖学構造生物学)

助教

塙 宗継

バン ムネツグ
Bam Munetsugu

経歴

  1. 山梨大学 医学部解剖学講座構造生物学教室 助教 2016/11/01

学歴

  1. 静岡大学 農学部 応用生物化学科 2012/03/31 卒業 日本
  2. 静岡大学 農学研究科 応用生物化学専攻 修士 2014/03/31 修了 日本
  3. 筑波大学 生命環境科学科 生物科学専攻 博士後期 2016/10/31 中退 日本

学位

  1. 農学(学士)
  2. 農学(修士)

研究キーワード

  1. 平板動物
  2. リゾチーム

研究テーマ

  1. 平板動物の生物学
  2. リゾチームの分子進化

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Lysozyme from Placozoa, an early diverging metazoan, lyses both gram-positive and negative bacteria Munetsugu Bam & Hiroaki Nakano The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations” The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations” 2017/09/22

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 平板動物(センモウヒラムシ)の生物学 第8回繊毛研究会 2017/10
  2. ポスター発表 Lysozyme from Placozoa, an early diverging metazoan, lyses both gram-positive and negative bacteria The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations” 2017/09/23
  3. ポスター発表 スピルリナを用いた日本産平板動物の飼育 平成29年度日本水産学会春季大会 2017/03
  4. ポスター発表 線虫および平板動物の電子顕微鏡観察 生体ボリュームイメージング研究部会&生理研研究会合同ワークショップ「電子顕微鏡ビッグデータが拓くバイオメディカルサイエンス」 2016/11
  5. ポスター発表 Potential of placozoan lysozyme as a natural antibacterial agent International Symposium 'Conservation of Marine Biodiversity under Global Environmental Change' 2015/11

受賞

  1. Student Poster Award(International Symposium Conservation of Marine Biodiversity under Global Environmental Change) 2015/11
  2. 学業成績優秀賞 2014/03
  3. 学士課程及び修士課程の成績優秀者に対する授業料等全額免除 2013/05

所属学協会

  1. 日本水産学会 2016/03/11
  2. 日本生物工学会 2015/06/08
  3. 日本動物学会 2012/01/23